nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:秋のコンチェルト( 3 )

miss you, miss you

a0192209_21940100.jpg
秋のコンチェルト 全34話 視聴。

ヴァネス・ウーの魅力に開眼した1作。
短髪のさわやかな笑顔の彼に胸がキュン。
アン・アンの囁くような、穏やかな低い口調も好きだったわ。

すれ違いのドラマなんだけど、ドラマだから夢を観たいのよのね。
現実では、すれ違ってしまうと修復は困難だけれども
ドラマだから最期は大団円。
愛があるから、どんなに誤解や悲劇が生じても乗り越えられます。
そんな夢を見させてくれました。

いつも思うのだけれど、コトバにしたらすれ違いは生じないのに、
なぜか肝心なコトバがそのタイミングで発することができないのよね。
映画ヘカテの
「言葉はいつも遅すぎるのよね・・・」というセリフを思い出します。
スウィートなドラマなのでハッピーエンドでOK。
この1歩先をいくと、神ドラマになるのだけれどもね。

個人的にはクァンシーが記憶を蘇らすまでの花田村のエピが好き。
台湾ドラマの脇役って、うざくって、嫌いだったのだけれども
慣れてきたのか、ものすごく愛着を感じます。
シリアスとコミカルのバランスもちょうどいい感じのドラマでした。

あと、最後イーチェンに対する態度でクァンシー、株下げました。
それまで良かったのにね・・・彼女の6年間の献身を踏みにじってから
あまりのめりこめなかったデス。
ムーチェンの気持ちがつかめず、「俺の片思いかよ」と
キーッとなった場面やゲリーに「いつまでも初恋やっているんですね・・・」
としみじみと言われたシーンは好きでしたけど。

シャオラーを語らずには、終われないよね。
「ミーシャ、ミーシャ」と宇宙人パパに呼びかけた言葉が
「miss you, miss you」だったなんて涙なくしては観れません。

ほんとにほんわかしたいいドラマでした。
[PR]
by moonlight-yuca | 2010-12-14 10:20 | 秋のコンチェルト | Comments(0)

キスはしないで ただ抱きしめていて



プレゼントのリボンは解かないでおいて
ふくらんだ期待が しぼんでしまうから

お願い 真夜中に ラジオをつけないで
ラブソングに 心を乱されたくないの

愛は生きる術を 教えてはくれない
体裁を繕うための うそを覚えるだけ

でも 愛には 人を変える力がある
魂を崇高には 導いてくれないけど


キスはしないで ただ抱きしめていて
愛さなくてもいいから 家族になって

その手を貸して 一日に一分だけでも
私の一番親しい人になって
誰かの恋人やほかの家族ではなく


たとえどんなに傷ついても
二度と誰かに振り回されはしない

この拳を握ったままなのは
きっと夢を手放したくないから

あなたが思うほど 愛は万能じゃない
戦争を止めることはできない

慈悲深いようで 愛は決して甘くはない
深く愛した人ほど 犠牲になりやすい



キスはしないで ただ抱きしめていて
愛さなくていいから 家族になって

その手を貸して 一日に一分だけでも
夢を見させて
夢の中で微笑むヒーローでいて

(親人)


「愛さなくていいから 家族になって」
のところがムーチェンの気持ちを表わしていて泣けそうになる。
家族運がない、人生に過度の期待を抱かないように生きてきた
ムーチェンが大切にしたいものが、欲しいものが、
「家族」なのよね。
[PR]
by moonlight-yuca | 2010-11-30 17:53 | 秋のコンチェルト | Comments(0)

次の駅は幸せ

a0192209_2056294.jpg

秋のコンチェルト 3話まで視聴。

ちょろちょろと虫食い視聴してたのですが
本腰を入れて観ていこうと思います。

ムーチェンがカワユイ。
台湾の女優さんって、微妙な感じの方が多いのですが
アン・アンは素直に可愛いなぁ・・・と思える。

身分の差、すれちがい、記憶喪失といった要素が詰め込まれて
それでいてカラッとした雰囲気を持つドラマです。
ちょうど心につきささるような、メロウなドラマを観たい今の
気持ちとぴったりだと思う。

秋だから、メロウなのかしら?
しかし、何故に邦題が「秋のコンチェルト」?
[PR]
by moonlight-yuca | 2010-11-29 16:55 | 秋のコンチェルト | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line