nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:49日( 12 )

カン・ミノ(ペ・スビン)

a0192209_15563011.jpg
知的。冷静沈着。矜持。頭脳明晰。忍耐強い。
弁舌さわやか、他人に自分がどう見えるかよくわかっている。

複雑な、ものすごく複雑な屈折をしている人物。

ああミノオッパ、そのソフトな物腰の奥に潜んだ、孤独な震える魂が、愛おしい。
世渡り上手に見えて、誰よりも不器用だったかもしれない。
自分が求めるものがなにかわからない人。
本当に欲しいものが手に入らない人。

こういう人物に弱いのよね、私。
初見ではハの字眉で、ちょっと困ったように笑う彼は全然、好みではなかったのに。
こんなに、こんなに、心惹かれるなんて。

どうか、どうか彼が心から笑えますように。
心から泣けますように。
と祈りながら「49日」を視聴していた自分がいる。

以下ネタバレです。


もう、カン・ミノについて語りたくって語りたくって仕方ない私がいる(笑)

不幸な生い立だが善良に生きてきた彼が、同じ境遇のインジョンと出会うことで
心の闇と闇が触れ合うことで増幅して、社会でのし上がるために共謀してしまう。
優しく穏やかな求婚者としてジヒョンの前では振る舞いながら
内心嘲笑し、ルサンチマンの恨みを晴らすためにあらゆる手段をとり乗っ取りをたくらむ。
だってこの世は弱肉強食だから。
簡単に騙されるジヒョンがバカなだけだし、自分はそれだけの能力、魅力があるから。


イギョン(ジヒョン憑依時)と出逢ってその冷静な悪人の仮面が剥がれていく。
自分のうわべに騙されず、心の闇を見ても怯えず、立ち向かってくるイギョン(ジヒョン)。
イギョン(ジヒョン)といると何も繕わなくてもいいし、自然体でいられる。
丁々発止のやり取りも楽しい。

カン・ミノって悪人じゃないのよね、悪人になるには心が優しすぎる。
イギョン(ジヒョン)を見るときの表情が、何とも言えず優しくって、
苦しんでいて、切なくって、観ているこちらまで泣けてくる(私だけ?)
その中途半端な所が、本当に不憫で、愛おしい。

a0192209_16595033.jpg

「自分が愛した女かどうか、それも見分けられないんですか?」
「…俺だって気が狂いそうだ。自分が誰を愛したのか分からなくておかしくなりそうだ!!!」
(17話)

おまけに自分が愛した女が誰か、分からなくって混乱して壊れていく彼。
それだけイギョン(ジヒョン)に真剣に向き合っていたのよ。
だって構ったら絶対、自分の計画の破たんの一端になるのに
どうしても彼女と接点をもちたくって仕方ないくらい愛していた。

私はさ、うすうすそうじゃないかなぁ、と思っていたのだけれども
17話でカン・ミノの家の鍵の暗証番号が「1108」だった時
もう、本当に、彼のために泣いちゃったよ。
彼の孤独な魂、その真摯さ、狂おしさが、「1108」から伝わってきてねぇ。

自分の闇から目をそらさずに真っ直ぐ見つめるイギョン(ジヒョン)の瞳が好きだったのね。
なんて複雑なんでしょうか。
イギョンもジヒョンも愛していたのね。
イギョンの辛辣さも、ジヒョンのおおらかさも愛していたんだろうな。
でもそれは決して手に入らない幻。
恋した瞬間から破滅への道を歩んでいく愛だったのよ。

ジヒョンに許しを乞い、イギョン(ジヒョン)と共に生きていきたかったんだろうな。
ハン・ガンのようにジヒョン/イギョンのそばで彼女を見守り支えたかった。
なんだかかわいそうな人です・・・
一人で勝手に求愛ダンスを踊っていた、孤独な男。

いや、ものすごく好きですカン・ミノ。
視聴していて胸がチリチリしたよ~
なんだか語りきれない孤独を持っている男って好きです。
でもさ、バカなんだけれどね。あれだけの知能、行動力、人あしらいの良さを持ってしたら
自分の力だけでのし上がることができたでしょうに。
本当に彼の闇とインギョンの闇と出逢ってしまったことが不幸なのよね・・・



私はカン・ミノが好きなのか、ペ・スビンが好きなのか。
私が好きなのはどちらなんだろうか。
いや、まだまだ語りつくせないカン・ミノ、恐るべし。
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-30 17:07 | 49日 | Comments(4)

私の期限は49日

a0192209_13151320.jpg
私の期限は49日 (2011年 韓国SBS)

■演出:チョ・ヨングァン
■脚本:ソ・ヒョンギョン
■キャスト:
イ・ヨウォン(ソン・イギョン/憑依したシン・ジヒョン) 
チョ・ヒョンジェ(ハン・ガン)
ペ・スビン(カン・ミノ)
ソ・ジヘ(シン・インジョン)
チョン・イル(スケジューラー)
a0192209_21203897.jpg

私を本当に愛する人々の涙を3滴集めることができるのか。

韓国ドラマ「49日」全20話視聴しました。
ものすごくいいドラマ。文句なしの★★★★★です。絶品です。

魂の喪失と再生の物語。
生きていたい女の子と死にたがっている女の子の二つの世界が
いつしか互いに重なりあい、いつしか互いに向き合い、ゆるやかに融合していく過程で
魂が癒されていく。

最後まで言えなかった言葉、死んでもなお伝えたかった言葉、守れなかった約束、
言葉にしなくても伝わる真実、いつの間にかすれ違っていた愛と侮蔑。

ドラマの中で登場人物は自らの欠落に気付き、涙し、それでも生きていこうとする。
あ~、本当に心が洗われるドラマ。
切ないぁ、生きているって。
恋愛ドラマというよりは、人生について考えさせられるドラマ。


20話はずっとしくしく泣いてたよ、私。
「ホワイトクリスマス」「49日」と立て続けに良作を視聴できた7月。
ちょっと、気が抜けた状態だわ、今。


以下ネタバレです。

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-30 14:01 | 49日 | Comments(4)

THREE of The TEARS



号泣。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-30 10:13 | 49日 | Comments(0)

愛と侮蔑・・・私の期限は49日 18話まで

a0192209_23121245.jpg

韓国ドラマ「49日」18話まで視聴。

話の展開が予想できそうでできないこのドラマ。結末まであと2話。
ご飯が食べられなくなるくらいキャラにハマったとかいうドラマではないけれども
登場人物1人1人の感情、行動が、切なく胸に浸みいって、苦しい。

カン・ミノ(ペ・スビン)大絶賛中(笑)なので他の登場人物については
ほとんど感想を書いていないことに気付いたけれど
難しい二役を演じているイ・ヨウォン、不器用な王子さまのチョ・ヒョンジェ、
大絶賛ペ・スビン、ソ・ジヘが登場すると緊張するし
「お嬢さまをお願い」なんかよりはるかに生き生きと演じているチョン・イル、
ナム・ギュリはたった2着しか衣装がないけれどかわゆいし、誰もが秀逸。

まあ、でもカン・ミノ!!今日もたっぷり堪能したわぁ。
a0192209_23231545.jpg

彼の生き方、壊れっぷりを見ていると、胸が苦しい。
15~16話の彼についても、とめどなく書いてしまいそう・・・

イギョン(ジヒョン憑依時)とインジョンが語る「愛」と「侮蔑」なんてものすごく
深遠で普遍的なテーマを語っていて、考えさせられる。
ハン・ガンはジヒョンの魂の形を愛しているのか。
ではカン・ミノが愛しているのは誰なのか。
人が誰かを求めるとはどういうことなのか。


「検事プリンセス」では13話がピークで脚本家のソ・ヒョンギョンはラスト力尽きていると
思っている私。あのドラマではマ・ヘリとソ・イヌのキャラの力に引かれて
最初に構想していたストーリーとは逆の予定調和のハッピーエンドにしたソ・ヒョンギョンが
「49日」ではどういう結末を持ってくるんだろうか。

今のところ破綻なく、綺麗に物語が終焉に向かって進んでいるような気がします。
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-29 23:35 | 49日 | Comments(0)

But I'm Just One Step




ああ、「49日」本当にいいわぁ・・・
OSTもどの曲もすごくよくって、この曲を聴いては泣き、
「かかし」を聴いては泣き・・・

脚本、役者、演出、映像、音楽、すべてが素晴らしい。

そして私はカン・ミノ(ペ・スビン)に夢中・・・
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-29 23:02 | 49日 | Comments(0)

心が思い通りにならない・・・私の期限は49日 14話まで

a0192209_14575777.jpg

韓国ドラマ「49日」14話まで視聴。

入り組んだ人間関係になってきたなぁ。14話のラストは「ええっ!」で終わる。
いやぁ、このドラマ、本当に引きが上手くって、ついつい続きが気になって
見続けてしまう。

いいドラマの時はいつも感じるのだけれども1時間があっという間に過ぎ去って
それでいて内容はものすごく充実して、見応えがあるのよね~

特に、この13話、14話ではカン・ミノ(ペ・スピン)を堪能させていただきました!
彼の長台詞シーンなんて、うるうる来たよ・・・
(ものすごくマニアックですけれど、私。普通の方はハン・ガンびいきになると思う)


しかし、登場人物全て、いつも仕事してないなぁ。
ハン・ガンは寝そべってばかりだし
イギョン(ジヒョン)は走ってばかりいるし(笑)
かろうじて仕事してる風なのは、カン・ミノだけかしらん。


続きはネタバレ部分が含まれます!

カン・ミノとは・・・
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-25 15:07 | 49日 | Comments(0)

この胸のときめき・・・私の期限は49日 12話まで

a0192209_20265852.jpg

韓国ドラマ「49日」12話まで視聴。すごいスピードで視聴している・・・

1滴目の涙はやっぱりあの人ね。想定内ですね、これは。
しかし「純度100%の涙3滴」というのは、ものすごく難易度が高い。
自分の身に置き換えても、私は3滴の涙を得ることができるのだろうか、
私は、その人の事だけを想い、涙することができるのだろうか。
視聴しながら自問自答を繰り返します。

その意味でも、このドラマは口当たりは柔らかいけれども、自分の人生を振り返るらせるだけの
力を持っている、稀有なドラマだと思う。
このドラマが私に、常に問いかけをしているのを感じる。

人間の感情なんて一瞬、一瞬で変化していく。
愛、憐憫、嫉妬、憎悪、同情、慕情、そんな気持ちの中で
無償の気持ちでその人のために泣くことがでえきるか、とは物凄く深遠な問いかけだなぁ。
スケジューラーのコミカルな演技に目をくらまされているけれども、
その問いかけは深く、重い。

と、自分の生き方を顧みながらも、今、カン・ミノ(ペ・スビン)に夢中・・・
見て、彼の満面の笑み!
彼については原稿用紙10枚ぐらい、ペロッと書けそうな自分がいます(笑)
いや、腰を据えてじっくり書こうと思います。
いいのよ~、彼が。ああ、彼にときめくマイナー嗜好の自分がここにいて、びっくり。
もちろん、他の登場人物も全ていいんですが、カン・ミノ!!
この胸のときめきをおさえきれません(爆)
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-24 20:47 | 49日 | Comments(0)

Feneste che luciv



オ・ヒョンランの「 Feneste che luciv 」
「49日」の9話~10話で効果的に使われていた。
カン・ミノは「辛気臭い」と一刀両断していたけれども、ジヒョンはこの曲が好きで
だからハン・ガンもこの曲が気に入っている。

私も好きです。「灯りのない家」ってイギョンのことも指しているし
ダブル・ミーニング的に使用されているなぁ。


あ~、オ・ヒョンランのCDも欲しくなってきた。
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-23 23:29 | 49日 | Comments(2)

それが人間なんだよ・・・私の期限は49日 8話まで

a0192209_19111573.jpg

韓国ドラマ「49日」8話まで視聴。このドラマはいいです!
もう、この時点で高評価。全ての人物が丁寧に描写されていて、
生きていることの切なさ、辛さ、哀しさ、素晴らしさを感じます。
視聴しているだけで、涙ぐんでいた8話。

綿菓子みたいに甘ったれた女の子だったジヒョン(ナム・ギュリ)が
事故で魂だけがイギョン(イ・ヨウォン)に憑依する。
そこで今まで自分が見ることができなかった、目に入れなかった周囲の人たちの
裏の顔を直視することになる。
そのたびに彼女は、「どうして・・・」と打ちのめされる。
「人間ってそういうものだよ」とスケジューラー(チョン・イル)は囁く。

恨み、妬み、狡猾な人たちの裏の顔を見せながら、でもそれだけではないとわかってくる8話。
なんだか全ての人物が愛おしくって、愛おしくって仕方がない。

イギョンがいつも食べているカップラーメン。
私には彼女が、5年間抱き続けている喪失感、悲しみを毎日食事のたびに呑みこんでいるように見える。
ジヒョンが涙を集める過程で、ゆるやかにイギョンも変化していくことを願う。
最後には彼女が、儀式のように哀しみを呑みこむ食事ではなくて、
誰かと笑い、話し合う食卓が囲めるように。

本当に作家のソ・ヒョンギョンは食事シーンに、意味を込めるのがうまいなぁ。
このラーメンシーンも「検事プリンセス」を彷彿とさせるのだけれども
「49日」と「検事プリンセス」はポジとネガみたいに設定が重なりあい
相反し、共鳴し、奥深いドラマの世界を醸し出しているのじゃないかしらん。
「49日」は「検事プリンセス」の変奏曲のような気がする。

例えばマ・ヘリ(「検事プリンセス」)とジヒョン(「49日」)。
ともに建設業の社長(くしくも両方とも父をチェ・ジョンウが演じている)に、溺愛され、甘やかされ、
しかし自分の夢とは反対の職(検事と花嫁)を父から勧められる。
善良だが周囲の感情には無頓着で、悪気がない分、少し始末が悪い。
ほら、ヒロインの設定も似ています。

そして両作品がポジとネガだなぁ、と思うのはヒーローの立ち位置なんだよなぁ。


a0192209_18565461.jpg



以下少しネタバレです。






「検事プリンセス」のソビョン(パク・シフ)は見守り系のヒーローで
乙女の心をわしづかみにしました。
文字通りずっとマ・ヘリを見守っていて、困った時は必ず助けてくれて
まるで白馬の王子様でしたね。胸キュンッ!だったもの。

「49日」では見守り系のヒーローキャラが3人に分裂する。
ハン・ガン(チョ・ヒョンジェ)とカン・ミノ(ペ・スビン)。
ハン・ガンは口下手でぶっきらぼうで、不器用で、自分の気持ちになかなか素直になれない。
カン・ミノは上っ面は善人で、でも内面は狡猾で忍耐強く、計算高い複雑な人物。
この2人がねぇ、イギョン(ジヒョン憑依時)を、見守る訳なのよ。
ただ、彼らもなぜイギョンがこんなに気になるか8話の段階では気付いていない。
理性ではなぜ自分がこんなにイギョンが気になるかわからないのに、心が先に動いてしまう状態。

それからスケジューラー。彼は哀しみを呑みこんだイギョン(平常時)と関係があることが暗示される。
スケジューラーもイギョン(憑依時)を見守る訳です。
(というか、いつも呼びつけられているけどね/笑)

「検プリ」での見守りの構図がバージョンアップして「49日」には提示されているわけです。
胸キュンもなぜか3倍になる、私・・・


あれれ、カン・ミノについてがっつり語ろうと思ったのに、そこに至るまでが長い・・・
カン・ミノが今、とっても好きでねぇ。
ソビョン(「検プリ」)よりもさらにコンプリケイテッドで、陰影に富んでいて魅力的。
白馬の王子様もいいけれど、人間だもの、憂いを帯びた、訳ありげな危険な魅力に富む
カン・ミノに心が惹きつけられるのです。
彼については、次回。
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-23 20:05 | 49日 | Comments(2)

たったひとつの冴えたやりかた・・・私の期限は49日4話まで

a0192209_20385295.jpg

韓国ドラマ「49日」4話まで視聴。

もうね、頭の中が
「トラワド ケンチャナ トラワド ケンチャナ~」と
グルグル回って何も手につかない(笑)

いろいろなものがはっきりしてきた4話。
ジヒョン(ナム・ギュリ)が生き返るための
たったひとつの方法は、
自分のために流す涙3滴を集めさえすれば
いいのだけれども、そう話がうまく行く筈もなく
だって全20話だものね。
簡単に集めちゃったらお話が終わってしまう(笑)

このドラマの視聴姿勢として
1・誰が一体涙を流すのか
2・スケジューラーの七変化
をひたすら楽しんでいます。



もう、続きが気になります。
現在は主人公に同調して、私は猛烈にある人に対して腹を立ててるところ。

がんばれ、ジヒョンが憑依したイギョン(イ・ヨウォン)!!


そしてジヒョンが憑依したイギョンに何気に振り回されているハン・ガン(チョ・ヒョンジェ)もツボ。
条理を全てすっとばして自分の結論に至るジヒョンが憑依したイギョンを
目が点になりながらも、関わらずにはいられない、怖いもの見たさの彼。
いや~、本当に人間って、訳分かんないものに惹かれていくものよね~(爆)
この二人の掛け合いが面白くって面白くって!!
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-21 20:52 | 49日 | Comments(2)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line