nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:晴れのちボクらは恋をする( 5 )

晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天

a0192209_23282911.jpg

「晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天」 25話 (2011年台湾)

■キャスト
マイク・ハー(シャン・ユンチエ)
チャン・チュンニン(ファン・ヨンヨン)
チョウ・ツーハン(ワン・ラン)
リー・イーフォン(シャン・ユンチャオ)
リー・チンミン(コン・シンチエ)
a0192209_11112782.gif


ストレスフリーでサクサク視聴できる楽しいドラマ・・・

「こんな恋信じられる?」byヨンヨン&ユンチエ


超ネタバレです!!


超ネタバレです!!
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-08-09 00:02 | 晴れのちボクらは恋をする | Comments(2)

せつなさを殺せない・・・晴れのちボクらは恋をする 22話まで

a0192209_20122636.jpg

台湾ドラマ「晴れにちボクらは恋をする」22話まで視聴。

最近脇役好き♪に拍車がかかっているような、気がする。
「49日」のカン・ミノ(LOVE!)しかり、「いいかげんな興信所」のやくざしかり。

そして「晴れボク」では主役のユンチエ(マイク・ハー)よりユンチャオ(リー・イーフォン)。
ナイーブで繊細で、自分はずる賢く立ち回っているつもりでも、
実は周囲にいいように操られてしまっている王子さま。
兄を見返してやりたい一心で頑張ってきたけれども、いざ兄を超えてしまうと
目標を見失って、さまよう仔羊ちゃん(笑)
計算づくでお金持ちのお嬢さまと婚約したけれども、
気がついてみればなんだか自分ががんじがらめにされていて、息苦しさを感じる今日この頃。

あと2話なので、このドラマにおいて彼の内面がこれ以上深く描写されることは
ないだろうなぁ。
しかし、婚約者の嫉妬と独占欲がすごい。
一瞬「韓ドラ??」と思ってしまうくらい。
婚約者のコン・シンチエ(リー・チンミン)って、登場した時は
颯爽として、親の後ろ盾なんか関係ないわ、男なんて関係ないわ、
みたいな自立したお嬢さまだったのにいつしか親の財力でもって男を縛る女になってるよ・・・


思いっきりネタバレです。

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-08-08 20:49 | 晴れのちボクらは恋をする | Comments(0)

王子サマは腹黒い・・・晴れのちボクらは恋をする 12話まで

a0192209_7492060.jpg

台湾ドラマ「晴れのちボクらは恋をする」12話まで視聴。

しかし、シャン・ユンチエ(マイク・ハー)、シャン・ユンチャオ(リー・イーフォン)と
なんて見目麗しい兄弟なんでしょうか。
なんだか兄弟間があやしくなってくる12話ですが、まあ親の贔屓が原因ですね。
同性の兄弟って、なんだか難しいのね。
お話もやっと登場人物が動き出して面白くなってきた。
とにかくこのドラマ映像は綺麗だなぁ。


まだまだ登場人物は全てが微ラブで、自分の心の動きに鈍感ですね。

そうそう、やっとピアノのシーンが出てきた。
自分の言葉よりももっと率直に、繊細に心の動きを語る小道具としてのピアノ。
ピアノの音色によって自分の心を自覚していくのかなぁ。

a0192209_756573.jpg

このドラマにいまだ、のめり込めないのはこの夫婦がアンバランスに見えること。
この3人の並びが、子持ち未亡人とツバメくんに見えてしまって、
ものすご~く違和感。
子どもをこんな中途半端な年齢に設定にしたのは意味があるのかしら。
そんなことをグルグル考えてしまうのよね~。

今一番、お気に入りなのが、うふふ、シャン・ユンチャオ(リー・イーフォン)。
カワユイです。王子様のルックスなのに、やっていることがなかなか腹黒い。
しかし、腹黒いことをやる割には、甘ちゃんなところが透けて見えて、
そのアンバランスさが、また応援したくなる。
私の大好きな、イヤな奴、に成りきれるかどうか(笑)
見守っていきたいデス。
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-08-07 08:01 | 晴れのちボクらは恋をする | Comments(0)

欲望と純愛・・・晴れのちボクらは恋をする10話まで

a0192209_1536483.jpg

台湾ドラマ「晴れのちボクらは恋をする」10話まで視聴。

けっこう、話の展開がスローだなぁ。やっと契約結婚する運びとなりました。
このドラマを見ていて、非常に些細なことなのですが、ひっかかることが。

8歳の子供を引き取るために、ユンチエ(マイク・ハー)はヨンヨン(チャン・チュンニン)と
契約結婚をして疑似家庭を作り、母子家庭の元妻ワン・ランから親権を奪おうとしています。
しかし、しかしだなぁ、女手一つで今まで子供を育てたワン・ランの気持ちを私は考えるのです。
8年間の歳月を考える訳です。
子どもの気持ちを考える訳ですよ。
親権の問題なんて、非常に複雑かつ繊細な事案なので、これが正解というものはないけれども、
「秋コン」などは子どものために、(複雑な事情があり別れていた)両親が
また家庭を築きあげようとするシチュエーションの方がしっくりします。
収まりがいい、という感じね。

しかし、ワン・ランとユンチエが元サヤがいいかと言うとそうでもなく、
それでは「晴れボク」のドラマが展開しないのよね。
どういう形でこの子どもの親権を持って行くんだろうか。
これが納得できれば、非常にこのドラマは好印象になるのだけれども。
ある意味、「秋のコンチェルト」と似たようなテーマを扱いながら
「晴れボク」はどこに着地をするんだろうか、という興味で視聴しています。

十数年前、ドミトリーのルームメイトだった台湾の女の子たちから
「台湾の女の子は身持ちが固いのよ。婚前交渉なんて考えられない!」と
断言されたのでな~んとなくタイワニーズの女の子ってそういうイメージがありました。
しかーし、ここのところ観る台湾ドラマって結構、婚前にイタしました・・・
みたいなシチュエーションがあって、ものすご~くびっくりしてます。
もう、あれは一昔前なので、急激に台湾の価値観が変化したのか(笑)
このドラマでもお酒に呑まれて、「あらら、イタしちゃった」みたいな場面があって
妙に禁欲的な、一晩過ごしても、おでこにチュウだけの韓国ドラマとの対比で
ものすごく興味深い。

韓国ドラマって、本当に禁欲的で「シガ」のチュウシーンも長すぎると倫理委員会から
クレームが噴出、みたいな記事を読んだ覚えがあります。
その反動で、映画はあんなに、抑圧された性的衝動が原因の「悪魔は見た」とか
キム・ギドクの「悪い男」みたいな、欲望と純愛の入り混じった面白い映画ができるのかしら。


・・・って、ぜんぜん「晴れボク」の感想じゃないじゃん(笑)
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-19 16:00 | 晴れのちボクらは恋をする | Comments(0)

最悪の出逢い・・・晴れのちボクらは恋をする3話まで

a0192209_18254864.jpg

台湾ドラマ「晴れのちボクらは恋をする」3話まで視聴。

契約結婚の話かな。まだ全然お話は動き出していないなぁ。
未婚の母というと「秋のコンチェルト」を思い出して、つい比較しちゃうのだけれども
どうも子供がに違和感がある。「晴恋」に出てくるシャオニエンは8歳。
台湾ドラマの子供って、「秋コン」のシャオラーや、「ハッピーメーカー」のピータンなど
ぷにぷにして、ほわほわした子供が人気なんだなぁ、と先入観があったから。

そして、ユンチエ(マイク・ハー)の元カノ、ワン・ランにも違和感が。
2人で並んでいてもカップルに見えない。つきあっていたの~?(笑)
ユンチエが後を引きずるような熱愛カップルだったのかなぁ・・・まだまだ詳細は不明。
あのワン・ランの髪型もなんだかビミョウー。
ものすごく厚みのあるワンレンでいつも顔を傾けているので、肩こりがしないのだろうか。
いや、誰も私の好みなど聞いていはいないでしょうが、
華流ドラマって「わっ、すごい~、綺麗~」と言う人がライバル役だったりするので、
あれれ~

ユンチャオ(リー・イーフォン)のファッションはなんだか懐かしい。
「宮」のシン君を思い出します。よね。リボンの似合う男子って、なかなかいないわぁ。
そしてヒロインのヨンヨン(チャン・チュンニン)のメイド服もカワユイね。


さあ、どうなるのかしらん。
しかし、出逢いはなぜいつも交通事故なのだろうか。
[PR]
by moonlight-yuca | 2011-07-17 19:39 | 晴れのちボクらは恋をする | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line