nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:シティーハンター( 5 )

シティーハンター

a0192209_18452142.jpg
シティーハンター 全20話 (2011年 韓国SBS)

■演出:チン・ヒョク
■脚本:ファン・ウンギョン/チェ・スジン 
■キャスト:
イ・ミンホ(イ・ユンソン)
パク・ミニョン(キム・ナナ)
イ・ジュニョク(キム・ヨンジュ)
a0192209_194421100.jpg

このドラマに視聴者がどこまで期待するかにもよるのだと思うけれども、
出演者のファンならば、視聴して大満足!アクションドラマが好きな方も大満足!
恋愛と復讐で悩むユンソンを見ながら私がナナだったら・・・と夢見る方も大満足!
おじさまフェチの方も大満足!世の不正に対して鬱憤がたまっている方も、視聴したら
スカッと大満足!いろいろな方のニーズに、最大限応えようとしているドラマだね。

以下は、辛口、ネタバレです。

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-02-01 20:30 | シティーハンター | Comments(8)

復讐するは我にあり・・・シティーハンター 17話まで

a0192209_2327650.jpg

韓国ドラマ「シティーハンター」17話まで視聴。

・・・・・・
・・・・・・・・・
アタクシの中で、イ・ミンホがハンサムすぎてtoo muchになっている・・・
どの顔見ても、同じに見えてしまう・・・「シティーハンター」続けて見過ぎ?もしかして?
ちょっと間を空けながら、視聴した方がいいのかしら?
やっ、格好いいと思うのよ、ミンホ君。手足長いからアクションもサマになるし、
どの角度のお顔のアップも崩れることはない。
そのお顔が、あまりに完璧すぎて、眠たさに襲われるのよね・・・アタクシ。

だいたい、イ・ミンホ、パク・ミニョン、イ・ジュニョクとも美男美女すぎて飽きるのよね・・・
アタクシは、カッコイイ時は身震いするほどカッコイイ、でも時々髪の毛が心配になるナムギル君とか
一瞬、橋幸夫に見えてしまうシフ君、眉がへの字になるペ・スビン氏の方が視聴して落ち着くみたい。
何て言うのかなぁ~
完璧すぎると疲れちゃう? 完璧の中に、一瞬のほころびをその俳優に見出すと
ますます愛おしくなる?


荒唐無稽な活劇を期待していた「シティーハンター」ですが、ここ数話、
ナナとの恋愛と復讐の狭間で悩むユンソン君でありまする。
もう、だから、アボジが言ったじゃない!「誰かを愛せばお前の周りは血で染まる」って!
そんな事も想像しなかったのかいな、ユンソンよ。
彼の悩みはオコチャマの悩みに見えて仕方がありません。

それよりも、何よりも、今のアタクシを夢中にさせているのがアボジ(キム・サンジュン)!
a0192209_23451977.jpg

「宮」ではユル君の父、不運な王子のイメージしかなかったのですが、
「シティーハンター」では復讐のために、全てを捨てて、突き進んでいく非情な男なのです。
悪役好きな、アタクシのハートはこの方に射とめられています(笑)
いったい、どこまで、アボジ、暴走するのよ~と叫んでおりましたら、
なんとここに来て、驚愕の事実が!!


以下、ちょっとネタバレです。

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-01-29 23:58 | シティーハンター | Comments(2)

キダリアジョッシ・・・シティーハンター 14話まで

a0192209_23333917.jpg
韓国ドラマ「シティーハンター」14話まで視聴。

ネタバレしない程度で書くと、キダリアジョッシがかなり辛い状況に・・・
ユンソン(イ・ミンホ)って、過酷な運命を背負って生きているのだけれども、
でも実は皆から愛を受けて、すくすくと真っ直ぐ育った印象があるのよね。
だから、彼が「復讐」と言っても、血の復讐という意味ではなく、社会的制裁の意味が強い。

頭に血が上って、復讐の相手の命を奪おうとするときでさえ、
最後の最後で踏みとどまる強さが、彼にはある。
周囲が彼を愛しているから。愛を知っているから、ぶれない強さがあるのよね。

そして・・・キダリアジョッシ(イ・ジュニョク)。
14話で、彼の住居が登場したけれども、機能的だけれども温かみがない部屋。
ここで、彼は独りで、住んでいるのね・・・
親の犯した罪の贖罪を行うかのように、禁欲的な、妻も友人もいない、
ただ仕事だけの人生。
そんな彼の人生を想うと切ないなぁ~

シティーハンターという復讐者の割にユンソンは明るく屈託なく、天真爛漫で、
正義の味方のはずのキム・ヨンジュ検事の方が陰影に富んでいるのが面白いわぁ。
自分が影に近いことを知っているから、検事は光の方へ、正義の方へ進んでいこうとするのかな。
a0192209_23494780.jpg
「愛と哀しみの果て」以来、男子が女子の髪の毛を洗う場面には無条件で弱い私。
「シティーハンター」でも、こんな場面が。
この時の主演の2人は、リアルで恋の始まりだったのだろうから、
視聴している私も、なんだかこそばゆい。
先日、破局のニュースを読んで、ちょっぴり残念だわ。お似合いの気がしていたのに。
a0192209_23552334.jpg

↑↑↑ウサギ♪ こんなに大きい♪

[PR]
by moonlight-yuca | 2012-01-28 23:57 | シティーハンター | Comments(0)

愛してはいけない。それが定めだ・・・シティーハンター 9話まで

a0192209_209026.jpg
韓国ドラマ「シティーハンター」9話まで視聴。

いや~ん、鼻血ブー=33だわよぅ。ナナちゃん!
お子ちゃまなユンソン(イ・ミンホ)君、固まってますから!刺戟強すぎッス(笑)

イ・ミンホ君のアクション、キレがあってかっこいいわぁ~(撮影のアングルもいいのよね)
あの長い手足で、動くさまは惚れぼれします~
ずっと、アクションシーンでもアタクシOKよ。

以下はほんのちょっぴりネタバレ風味です!







a0192209_20145787.jpg

う~む、「シティーハンター」より「キャッツアイ」って感じじゃないかい?
というより、9話まで視聴して、シティーハンターとしてのユンソンの活躍が少なくないっすか?
ユンソン、復讐よりは、ナナちゃんの生活向上に尽力してる気がします。
しかも、原作の「シティーハンター」って確か、冴羽 獠が年下の女の子香ちゃんを
大人の余裕で見守っていて、好きだけど好きと言わないじれったさ・・・みたいなのが
胸キュンっとなった気がしますが・・・
他の女性には、破廉恥(笑)だけれども、香ちゃんだけには特別な扱いで
女性扱いしていないけれども、実は誰よりも大切に思っていて・・・ってな感じじゃなかった?

ユンソン君を見ていると、好きな女の子に「好き」と言えず、わざとぶっきらぼうに接しているけれど
も~う、「好き好き」ビームが目からがんがん発射されている感じ。
韓国ドラマって、こんなタイプのヒーロー好きだわよね。
確か「最高の愛」のトッコ・ジンもそうだったし・・・

シティーハンターとして巨悪を対峙するユンソンと、ナナは立場的には相対するもので・・・
みたいなところが「キャッツアイ」ぽいんですけれどもね~

そんなこんなで、ユンソンは巨悪を懲らしめるよりも、ナナちゃんとのやりとりばかりで、
さすがに視聴者のアタクシも、ユンソンの養父ではないですが
「もっと働け! もっとアクションシーン見せてよ」とつぶやきたくなりまする。

まあ、なんのかんの言って、諸悪の根源の一つは、この養父ですけれどもね。
養父(キム・サンジュン)、かーなーり、滅茶苦茶です。
「シルミド」もどき事件の復讐のために、生後1か月のユンソンをさらって、殺人兵器に
育てるなんて・・・ってか、それって亡き戦友ムヨルが知ったら怒るよ・・・
復讐だったら巨悪の1人、大統領の娘のダヘ(ク・ハラ)を誘拐し、殺人兵器にして、
父親と闘わせる方が巨悪たちへのダメージ大きくないかい?

まあ、しかし、この養父、ユンソンよりも百面相ですよ。
ある時は護送車の運転手、ある時はレストランの支配人、ある時は医師、ある時は大富豪、
ある時は麻薬王、ある時は特殊部隊の隊長という具合に、コスプレが激しい(笑)
ユンソン、ちょっと見習ったら・・・と思います。

「愛してはいけない。それが定めだ」なんて、自分に酔っている場合じゃありませんことよ!
大体、なぜに彼とナナが愛し合ってはいけないのか、アタクシ、わかりませんし。
「ロミジュリ」の「王女の男」を視聴しているアタクシにとって、この2人は親の因果で敵同士・・・
なんて辛い状況ではないし、立場的には対立しているかもしれないけれども、
さっさと巨悪を懲らしめて、ナナと幸せに暮らせばよろし。
ユンソンが、ささっと行動しないので、養父が暴走するんだよ・・・ブツブツ。


今日のツボ♪ MCMのうさぎちゃん
a0192209_2036467.jpg

ユンソンの家にある、MCMのうさぎ!
うさぎフェチのアタクシ、見逃しませんことよ!こんな大きいMCMのうさぎちゃん見たことがないよ~
非売品?
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-01-22 20:42 | シティーハンター | Comments(2)

誰かを愛せばお前の周りは血で染まる・・・シティーハンター 3話まで

a0192209_1350923.jpg
韓国ドラマ「シティーハンター」3話まで視聴。

えへへへ、ミーハーなので荒唐無稽なお話大好き!
「検プリ」の監督が「シティーハンター」をドラマ化するとの話を聞いた時はのけぞったのですが、
マンガとは全く別物のお話で、マンガからほんの少しインスパイアされたストーリー展開なのよね。
ヒーローが巨悪に立ち向かう・・・というプロットだけが同じなのかしらん。
ヒロインを好きなのに、好きと言わない、もどかしさとかね。

普段、ストーリー展開がご都合主義過ぎるとか、物語と背景があっていない、とか
お前何さま?と言いたくなるくらいドラマに文句付けるワタクシですが
こういう頭を空っぽにして、状況をツッコミながら視聴する娯楽大作も大好き!
同じ荒唐無稽なドラマでも「宮」はOKで、「マイ・プリンセス」はNGといった
線引きが自分の中のどこに潜んでいるのか、いまだによく分かりませんが
「シティーハンター」は楽しんでいるわ~

主役のイ・ミンホ君、パク・ミニョンちゃんも大好きだし、「シティーホール」できらりと光った
イ・ジュニョク君、バカっぽいク・ハラちゃんも好きだからかなぁ。
何しろ脇を固める役者さんたちが豪華で、いぶし銀の巨悪のおじさまたちも素敵なの。

チン・ヒョク監督だからか、「検プリ」のOSTががんがん流れたり、「検プリ」の名わき役も
ぞろぞろ出演で、それもまた楽し。
チェ・ジョンウ氏もまるで「検事プリンセス」のマ・サンテ役を彷彿とさせる建設会社代表で登場。
そのうちソビョンやマ・ヘリも出演するんじゃないかしらん・・・と思えちゃうくらいに
マ・サンテそのものなのが、また、笑えます。

主役のユンソン(イ・ミンホ)は、もろ、少女マンガの夢見る王子さまみたいです(笑)
マサチューセッツ工科大学を首席で卒業の天才で、格闘技、スナイパー、
なんでもござれ。その若さですでに巨万の富を持ち、
(おそらく出資はゴールデン・トライアングルの麻薬王となった養父から。アングラマネーだわね)
非常にモッテモテ。天は彼に二物どころか、全てを与えたんでしょうね(笑)
そんなヒーロー設定に突っ込んじゃ、野暮というものです。
ここは、ひとつ、少女マンガ設定をとことん味わおうでは、ありませんか!

そんな何でも持っている彼が、おそらく少年のころに一目ぼれしたナナ(パク・ミニョン)に
思いを告げることができない・・・そんなもどかしさもこれから楽しめるのだと思いますわぁ~
しかも養父からは「誰も愛するな。愛せばお前の周りは血で染まるだろう・・・」
なんて不吉な忠告をされているし~、きゃーっ、ますますもどかしいわぁ。
というように、少年漫画を原作に持ちながら、まるで少女マンガのようなときめきを
与えてくれるであろう、このドラマ楽しみですぅ♪


・・・っと、その割にユンソンの復讐の原因が「シルミド」もどきの事件だということも
ピリリと辛い、スパイスをこのドラマに効かせています。
「シルミド」って、実際に起こった事件ですが、やっぱり知れば知るほど戦慄します。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-01-21 14:14 | シティーハンター | Comments(2)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line