nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:パダムパダム( 5 )

パダムパダム ―彼と彼女の心拍音

a0192209_2153642.jpg

パダムパダム ―彼と彼女の心拍音 Padam Padam 全20話 (2012年 韓国 JTBC)
■演出:キム・ギュテ
■脚本:ノ・ヒギョン 
■キャスト:
チョン・ウソン(ヤン・ガンチル)
ハン・ジミン(チョン・ジナ)
キム・ボム(イ・グクス)

(あらすじ)
無実の罪をきせられ16年間服役しているガンチル(チョン・ウソン)は、仮出所を目前に控え複雑な気持ちだった。自分を陥れたチャンゴルに復讐したい、自分を捨てた母親を問い詰めたい、昔好きだったスミという女の安否も気になっていた。そんな気持ちのまま迎えた仮出所当日。ガンチルは仲間のグクス(キム・ボム)と一緒にすっかり変わってしまった街並みに圧倒され、まるで夢を見ているようだった。たくさんの人、車、混み合った地下鉄。地下鉄の中で獣医のジナ(ハン・ジミン)に痴漢と間違われ、運命的な出会いをすることに。これが奇跡の始まりだった…。

a0192209_21582613.gif


このドラマについて、どこから語ろうか。視聴時、ずっと感じていた違和感を、最後まで引きずっていたな。微妙な空気感を。
1話、7話、15話とドラマのターニングポイントがあるのだけれども、そこに引っかかると、訳のわからない、退屈なドラマになるかもしれないし、あるがままの世界を受け入れて視聴すれば、世界は美しく、愛に溢れ、奇蹟に満ち溢れているという、感想になるのかな。
つまり、このドラマの感想は二極化される。
つまらない、かあるいは、心が温まるか。
そんな気がする。

恋愛ドラマかと思いきや、がっつり色々な親子の愛の形を描いたドラマでもあるな。そこは好き。

続きはネタバレ。

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-06-02 22:44 | パダムパダム | Comments(4)

それでも世界は美しい・・・パダムパダム11話まで視聴

a0192209_20382523.jpg

韓国ドラマ「パダムパダム」11話まで視聴。

美しいなぁ、このドラマ。映像もそうだけれども、主人公の気持ちのあり方が美しい。
ガンチル(チョン・ウソン)は16年間服役していたので、精神年齢が(情緒面が)、少年のままで止まっているような男の人。出所してからは、見るものすべてが美しく思え、楽しく思える。彼のそんな視線を通して、こちらも世界が美しく思え、愛しく思えてくる。
視聴していて、愛おしさで胸がいっぱいになってくる、そんなドラマ。

「白痴」のムイシュキン公爵を、ガンチルを見ていると思いだして仕方がない。
懐が広く、愛に満ち溢れている。
(辛口ですが・・・チョン・ウソンのダイコン、とも思える演技が、時としてガンチルの世間知らずな振る舞いに非常にマッチしているという、終わりよければすべてよし、みたいな配役だわね。しかし切なさが伝わってこないのが、惜しい。愛おしさは伝わってくるのですが)

a0192209_2048533.jpg

奇蹟は3回、このドラマで起こる。まさに現代の寓話的な物語ね。
ガンチルを取り巻く悪意が勝つか、それともガンチルが持つ情愛が勝つのか。
やっぱり韓ドラにお馴染みの、復讐、親子の相克、運命の愛が描かれていくのだけれども、ヘビーではなく、なんとも不思議な柔らかい世界観なのよね。

a0192209_20575449.jpg

割と語りすぎる韓ドラですが、「パダムパダム」は言葉にしないでも、愛おしさや哀しみが伝わってくる。このドラマも好きだなぁ~と思います。
世界が美しいと実感させてくれるドラマ。この後の展開はどうなるんでしょうか。気になるぅ~

a0192209_20572469.jpg

蛇足ですが、ガンチルが制作する木彫りの人形たちって、舟越桂の趣があるような気がします。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-27 21:10 | パダムパダム | Comments(0)

肩甲骨は翼の名残り・・・パダムパダム 3話まで

a0192209_2027212.jpg

韓国ドラマ「パダムパダム・・・彼と彼女の心拍音」3話まで視聴。

(あらすじ)
無実の罪をきせられ16年間服役しているガンチル(チョン・ウソン)は、仮出所を目前に控え複雑な気持ちだった。自分を陥れたチャンゴルに復讐したい、自分を捨てた母親を問い詰めたい、昔好きだったスミという女の安否も気になっていた。そんな気持ちのまま迎えた仮出所当日。ガンチルは仲間のグクス(キム・ボム)と一緒にすっかり変わってしまった街並みに圧倒され、まるで夢を見ているようだった。たくさんの人、車、混み合った地下鉄。地下鉄の中で獣医のジナ(ハン・ジミン)に痴漢と間違われ、運命的な出会いをすることに。これが奇跡の始まりだった…。


「愛の群像」、「嘘」、「グッバイソロ」、「彼らが住む世界」の脚本家ノ・ヒギョンの新作。
1話だけは2月に視聴していたのですが、本格的に視聴しようと思って3話まで視聴。
1話での感想が、そのまま継続している感じです。
ザル頭の私は、自分が何を書いていたのかを忘れていて、自分の感想を読み返して、ものすごい上手いこと書いているなぁ、と感心しました。馬鹿だわぁ(爆)

「パダムパダム」は、むしろ引き算でみせているドラマ、かな。
セリフは、極力削っていて、最小限で、説明はほとんどない。

映像は絶品で、セリフで登場人物の心情を語らせてはいない。カットバックで過去の映像や、あるいは未来の映像、ファンタジーなどを瞬間入れてくるので、ぼうっとしているとすっかりストーリーに置いていかれる。
一言で言えばわかりにくいドラマ。

ここ最近視聴していた「イケメンラーメン屋」「ヴァンパイア検事」「オジャッキョ」「ブレイン」などは、わかりやすいドラマであるので、ちょっと面喰う。
「パダムパダム」は、毛色が変わったドラマだなぁ。

しかし、それが面白くないのかと、問われると、妙に気になるドラマなのよ。
視聴していて、イライラしない。ドラマで流れる空気感に、身をゆだねて、視聴者も共にたゆたう。
主人公たちの心拍音に、自分の心拍音をそっと重ねて、視聴していくドラマかな。

う~ん、この微妙な空気感、違和感、なんて表現したらいいのかしら。
不思議なドラマです。今は、ストーリー展開よりも、OSTに心が揺さぶられて、引っ張られて視聴している感じ。Noelの ♪ 生きるために ♪を聞いていると、無性に切なくなって、愛おしくなって、心が苦しくなります。
言葉にできない、このニュアンスを味わいながら、今は視聴しているの。
果たして、完走できるか、フェードアウトするかは未知数ですが、このドラマの何かが、私の心をそっとノックしているの。それが、何かを見極めたいな、とぼんやり思う。

a0192209_20453135.jpg

イ・グクス役のキム・ボム。この役のために、ものすごく体を絞って。
彼の肩甲骨を見ていると、本当に天使の翼が生えてきそうです。
彼の正体はいったい何なのか。

主役のチョン・ウソンは私は、ドラマでじっくり視聴するのは初めて。
どうしてもイ・ジア絡みの、出来事を思い出してしまうのだけれども。

ガンチルは粗野で、単純で、乱暴で、そして、純粋なさえない中年男。
半生を牢獄で過ごし、そして果てしなく「死」に近い男・・・のように見える。
「あの世」と「この世」の境目を、危なかしくふらふらしている人生。
奇跡のような、素晴らしく幸せなこともなく、ただただ、ゆるやかな絶望の中に生きている。
ハンサムすぎて、かえって、何かが欠けている人物に思えるの。
ハン・ジミンが女優さんにしては小さいので、彼女と並んで立つと、「大男、総身に知恵が・・・」みたいに見えてしまう。無駄に美男なのが却って、あだとなっている感じ。
語彙力がなく、自分の感情は全て、拳で語ってしまい、激情を抑制出来ず・・・みたいな感じのガンチルにチョン・ウソンぴったりじゃないかしら。

そんなガンチルとグクスがつるんでいるのを見ると、「傷だらけの天使」のショーケンと水谷豊を彷彿とするの。「兄貴ぃー!」とショーケンを呼んでまとわりついた、水谷豊(役名は忘れちゃったのですが)と、同じ構図なのよね。


a0192209_21192614.jpg

映像は絶品。「ラブレイン」とは違った趣き。
「ラブレイン」はある意味、ユン・ソクホ監督が色彩にこだわり、計算して撮った、あざとい感じがあるのだけれども、「パダムパダム」は自然の美しさ、光線の美しさ、光と影、生きているってことを撮っているような気がする。
上手く、キャプチャーで色が出ないのだけれども、本当に、本当に、息をのむくらい美しい映像。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-23 21:06 | パダムパダム | Comments(6)

生きるために




살기 위해서 - Noel(노을)
生きるために



ネガ イロケド カスミ ットゥィヌン ゴン
내가 이렇게도 가슴이 뛰는 건
僕がこんなにもときめくのは

クデガ ネ マウメ タニョ ガッソンナ ブヮ
그대가 내 마음에 다녀 갔었나 봐
君が僕の心に立ち寄ったみたいだから

ウリサラヌン ット スチョガジマン
우리 사랑은 또 스쳐가지만
僕らの愛はまたすれちがうけれど

セサゲソ カジャン クリウン サラム
세상에서 가장 그리운 사람
世界で一番恋しい人

ネガ オヌセ クデ イルムル プルロ
내가 어느새 그대 이름을 불러
いつの間にか君の名前を呼ぶ

ウォンハムニダ ネガ サルギ ウィヘソ
원합니다 내가 살기 위해서
願うよ 僕が生きるために

ク サラギ アパド キダリルッケ ヨギソ
그 사랑이 아파도 기다릴께 여기서
愛が苦しくっても待っているよ ここで

サラギラン モルリ イッソド オンジェンガン マンナル テニッカ
사랑이란 멀리 있어도 언젠간 만날 테니까
愛というのは遠くにあってもいつかは出会うはずだから

ニガ オプスミョン チュグル コッ カタソ サルギ ウィヘソ
니가 없으면 죽을 것 같아서 살기 위해서
君がいないと死んでしまいそうだから 生きるために

ウェ イユ オプシ ヌンムリ ナンヌンジ
왜 이유 없이 눈물이 났는지
どうして理由も無く涙が出たのか

クロケ ガスム アパヤ ヘンヌンジ
그렇게 가슴 아파야 했는지
あんなに胸を痛めなければいけなかったのか

チグム タルリョガ ッコク マレジュゴ シポ
지금 달려가 꼭 말해주고 싶어
今駆けよって 絶対、言ってあげたい

ウォンハムニダ ネガ サルギ ウィヘソ
원합니다 내가 살기 위해서
願うよ 僕が生きるために

ク サラギ アパド キダリルッケ ヨギソ
그 사랑이 아파도 기다릴께 여기서
愛が苦しくっても 待ってるよ ここで

サラギラン モルリ イッソド オンジェンガン マンナル テニッカ
사랑이란 멀리 있어도 언젠간 만날 테니까
愛というのは遠くにあってもいつかは出会うはずだから

ニガ オプスミョン チュグル コッ カタソ ノル サランヘソ
니가 없으면 죽을 것 같아서 널 사랑해서
君がいないと死んでしまいそうだから 君を愛してるから

トゥ ボン タシン モッ ポゲ トェル ッカブヮ
두 번 다신 못 보게 될 까봐
もう二度と会えなくなりそうで

ヨンギチョロム ニガ サラジルッカブヮ
연기처럼 니가 사라질까봐
煙のように君が消えてしまいそうで

ナン トゥリョウォ
난 두려워
僕は怖いんだ

ウォンハムニダ ネガ サルギ ウィヘソ
원합니다 내가 살기 위해서
願うよ 僕が生きるために

ナル サルケ ヘジュン サラム パロ クデイムニダ
날 살게 해준 사람 바로 그대입니다
僕を生きさせてくれる人 君なんだよ

ヌンムルマジョ コマプスムニダ クデガ ジュン ゴシニッカ
눈물마저 고맙습니다 그대가 준 것이니까
涙でさえありがとう 君がくれたものだから

クリウム ジョチャ ナヌン ヘンボケソ
그리움 조차 나는 행복해서
恋しささえ僕は幸せだから

サルギ ウィヘソ ノル サランヘ
살기 위해서 널 사랑해
生きるために 君を愛してる


ヘビロテ中♪
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-23 19:10 | パダムパダム | Comments(0)

世界はお前が思うほど悪くない・・・パダムパダム 1話

a0192209_21302597.jpg
韓国ドラマ「パダムパダム」1話視聴。

ヒギョン・ワールドと評される脚本家ノ・ヒギョンの新作。楽しみにしてました。
「愛の群像」も「嘘」も「グッバイソロ」(ナムギル出演ね♪)も、「彼らが住む世界」も未見。
マニアなファンがついている脚本家の作品を視聴してみたかったのよね~

(あらすじ)
無実の罪をきせられ16年間服役しているガンチル(チョン・ウソン)は、仮出所を目前に控え複雑な気持ちだった。自分を陥れたチャンゴルに復讐したい、自分を捨てた母親を問い詰めたい、昔好きだったスミという女の安否も気になっていた。そんな気持ちのまま迎えた仮出所当日。ガンチルは仲間のグクス(キム・ボム)と一緒にすっかり変わってしまった街並みに圧倒され、まるで夢を見ているようだった。たくさんの人、車、混み合った地下鉄。地下鉄の中で獣医のジナ(ハン・ジミン)に痴漢と間違われ、運命的な出会いをすることに。これが奇跡の始まりだった…。


マニアックなファンがつくということは、作品も一筋縄ではいかないということで・・・
ものすごく、韓国ドラマぽくない始まりのドラマ。映像は絶品。
韓国ドラマって語りすぎる感じの時があるけれど、セリフが全てを語ってしまって、
余韻がない時、とでも言うのかしら。
この「パダムパダム」は、むしろ引き算でみせているドラマ、かな。
セリフは、極力削っていて、最小限で、説明はほとんどない。
自分で考えないといけないドラマだと感じるのですけれども。
a0192209_2155291.jpg

説明のない中、ストーリーはどんどん奇想天外な方向に進んでいって、
一体どういうドラマなのか、このドラマは果たして自分好みのドラマかどうか
把握しようとして、私の頭の中はフル回転。それが決してめんどくさく感じなかったので、
むしろ頭をクリアにして、最小限の情報から推察していく作業がスリリングだったので
「パダムパダム」は私の嗜好に合うドラマかもしれないわね~
ダメなドラマは1話で、もう相性が悪いのがわかるものね。

とにかく、最大の謎が(おそらく)1話で提示されて、「つづく」
いやん、気になります。これがヒギョン・ワールドかしらん?

主人公のガンチル。
粗野で、単純で、乱暴で、そして、純粋なさえない中年男。
半生を牢獄で過ごし、そして果てしなく「死」に近い男・・・のように見える。
「あの世」と「この世」の境目を、危なかしくふらふらしている人生。
奇跡のような、素晴らしく幸せなこともなく、ただただ、ゆるやかな絶望の中に生きている。
そんな主人公に刑務所の所長が言った
「世界はお前が思うほど悪くない」ことが、体験できる、そんなお話だったらいいね。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-02-11 21:42 | パダムパダム | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line