nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:赤道の男( 3 )

赤道の男

a0192209_19394446.jpg
赤道の男 The Equator Man 全20話 (2012年 韓国KBS)

■演出:キム・ヨンス/ハン・サンウ
■脚本:キム・イニョン 
■キャスト:
イ・ヒョヌ→オム・テウン(キム・ソヌ)
キョン・スジン→イ・ボヨン(ハン・ジウォン)
シワン→イ・ジュニョク(イ・ジャンイル)
パク・セヨン→イム・ジョンウン(チェ・スミ)
キム・ヨンチョル(チン・ノシク)
イ・ウォンジョン(イ・ヨンベ)
イ・ジェヨン(チェ・グァンチュン)

【あらすじ】
喧嘩の強いキム・ソヌと学校一の秀才イ・ジャンイル。間逆な性格の2人だったが、お互いに信頼を寄せ、唯一無二の親友だった。しかしその友情を一転させる、ある事件が…。
ソヌの父親が首つり死体で発見されたのだ。自分の父親が共謀していることを知ったジャンイルは、警察に再捜査の陳情書を提出すると言うソヌを止めるため、崖から突き落としてしまうのだった。親友として、苦楽をともに歩くはずだった2人。大きく崩れ落ちた運命は、復讐と罪悪、嫉妬と愛を重ねて次々と歯車を狂わせていく。
壮絶な復讐劇の中にある、奥深い人間のドラマが、かつてない感動を呼び起こす。ソヌとジャンイル、2人が歩みゆく先は、果たして――! ?


a0192209_1920055.gif


子役のシワン君のまなざしに、すっかり虜になってしまった私は、ずっとジャンイル目線でこのドラマを視聴。だからという訳ではないのでしょうが、回を重ねるごとに窮地に陥るジャンイルを見るのが、苦しくって、苦しくって辛くって、切なくって。
身をよじる・・・という体験をいたしました。

人間の愛と憎しみは、どこまで続くのだろうか。言葉はどれだけあなたの心に響くのだろうか。

そんなことを考えながら、毎回息を殺しながら視聴。

>>>続きを読む
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-12-08 20:40 | 赤道の男 | Comments(8)

In a dark, dark wood・・・赤道の男15話まで

a0192209_19522597.jpg
韓国ドラマ「赤道の男」15話まで視聴。

たった一人で、暗い、暗い森の中で迷子になってしまった少年のことを考える。
闇はどこまでも濃く、少年はほとんど闇に同化しており。
見ていると、果てしなく辛くなる。悲しくなる。
どこで、道を間違えてしまったんだろうか、と。
なんて、遠くまで来てしまったんだろうか、君は。



1話1話が、ものすごく息詰まるので、非常に体力を消耗するのは私だけでしょうか。
このドラマは、会話と会話の「間」が、ものすごく長い。その静寂に込められているのは、さまざまな怒りや悲しみ、怯え、憎悪、愛情などであり、セリフで語るよりもはるかに登場人物の感情を物語っている。「間」にこれだけ意味を持たせているドラマって、そうそうないのじゃないかしら。
だから、視聴しているこちら側も、文字通り息を殺して身守るしかない。
この復讐劇を。

主役はキム・ソヌ(オム・テウン)なのでしょうが、私のまなざしは、もう、ジャンイル(イ・ジュニョク)しか、見ておらず、ジャンイルの心に寄りそわずにはいられない。
どうか、どうか、ジャンイルが哀しまないように。苦しまないように。
そればかり、祈っていて、だからこのドラマを視聴するのが苦しい。

>>>続きを読む
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-12-02 20:35 | 赤道の男 | Comments(2)

昼間は夏で、夜は冬・・・赤道の男4話まで

a0192209_1756185.jpg
韓国ドラマ「赤道の男」4話まで視聴。

最後に必ず行きたいのは赤道
ここだ赤道
膨らんでいる部分に太陽を浴びるから熱いだろう
でも昼間は夏で、夜は冬の場所もあるって
原始林もある
・・・俺ににている


最近、華流ドラマに浮かれポンチになりすぎて、韓国ドラマを視聴していないのかというとそうでもなく、「赤道の男」を視聴しています。
じっと、息をころして。
食い入るように。

毎話、重い展開で、どんどん視聴していくには体力がいるので、じっくりゆっくり視聴しています。
何しろシンクロ率はこのドラマが1番かもしれない。
昨日夢で、ジャンイル(シワンくん)の夢をみたくらい。
えっ、ホの字の夢なんかじゃありませんよ(笑) 視聴された方はわかると思うけれども、3~4話のジャンイルの行動をトレースした夢でした。
ものすごく、怖かったよ~、冷や汗をたくさんかきました。飛び起きたくらいです・・・
どうやら、そのくらい思いつめて視聴しているみたいです。

この夢からもわかるように、すっかりジャンイルに囚われていて、「赤道の男」の主役はソヌなのでしょうけれども、もう、ジャンイル目線で観ています。
a0192209_18114435.jpg

とにかくシワン君の瞳の輝きが美しいこと!
その瞳の輝きが、闇に染まっていくのが、胸が痛い。

a0192209_18133286.jpg

監督の前作「ホワイトクリスマス」を彷彿とさせるワンカット。とにかく映像が美しい。その美しさに対比するかのように描かれていく、人間の心の闇。
しかし、その闇は、ドラマだけのことではなく、誰だって持っているものなのだ。
私だって、あなただって。
その闇が一気に心の中から表に現れる瞬間・・・魔がさす瞬間を、なんて残酷に、なんて美しく描きだすのだろうか。


以下、4話までのストーリーに触れています(ネタバレ)。

>>続きを読む
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-11-04 18:34 | 赤道の男 | Comments(4)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line