nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:紳士の品格( 3 )

紳士の品格

a0192209_15445056.jpg
紳士の品格 A Gentleman’s Dignity 全20話 (2012年 韓国SBS)

■演出:シン・ウチョル/クォン・ヒョクチャン
■脚本:キム・ウンスク 
■キャスト:
チャン・ドンゴン(キム・ドジン)
キム・ハヌル(ソ・イス)
キム・スロ(イム・テサン)
キム・ミンジョン(チェ・ユン)
イ・ジョンヒョク(イ・ジョンロク)
ユン・セア(ホン・セラ)
キム・ジョンナン(パク・ミンスク)
ユン・ジニ(イム・メアリ)

【あらすじ】イケメンで仕事もできるが、愛を知らず執着もしない40代の男キム・ドジン(チャン・ドンゴン)。ある日、街で露店を見ていたソ・イス(キム・ハヌル)と前を見ずに歩いていたドジンがぶつかってしまう。しばらくそのまま歩いていたドジンは自分のバッグに赤い毛糸が引っ掛かっていることに気付く。手繰り寄せていくと、それはイスのニットのワンピースの裾の糸だった!
ワンピースの裾がほどけ、お尻が見えそうになっていることに気付くイス。
慌てるイスに、ドジンは「仕方ない、これしか方法はないね」と言いながら、イスにぴったりとくっつき、
自分が壁になって歩いて彼女を帰れるようにしてあげるのだが・・・。


a0192209_21161679.gif


可もなく、可もなく、可もなく、不可もなく・・・
12話までは、大変楽しく視聴していたのですが、13話以降は私的に失速。どうしちゃったのでしょうか。

冒頭の男子4人のミニドラマが見たいがために、20話を頑張って完走しました。恋愛模様はほっといて、41歳になってもピーターパンシンドロームな男子の話だけでもよかったのになぁ。
友情で結ばれている4人は、格好よく、粋でいなせで、そんな彼らの生き方にどこか憧れたりもするのですが、恋愛が絡むと、彼らは突然激アマになってしまって、見ている私はtoo muchな気分になるんです。
アラフォーの恋愛は、こんなおとぎ話ではないわよ~(笑)

ピーターパンはウェンディと結ばれないから、いつまでも私たちの心に残る寓話になったのです。
40になってくると、自ずから悟る事があるのです。何かを得るためには何かを失うことがある、と。全てを手に入れて、誰もが憧れるHAPPYでセレブな生活なんて表層的なことだけに憧れる歳ではないのです。
「紳士の品格」は全てを手に入れようとした男女の、だからこそ寓話になりきれなかった、お砂糖を大量にまぶした、超sweetなドラマでした。そんなsweetなドラマに対して、以下辛口です!

>>>続きを読む
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-12-21 16:29 | 紳士の品格 | Comments(4)

俺のこと好きになればいいのに・・・紳士の品格12話まで

a0192209_20292431.jpg
韓国ドラマ「紳士の品格」12話まで視聴。

面白いわ~、あっという間に12話まで視聴しましたもの。
「紳士の品格」の面白さは、麗しい中年F4が繰り広げる、ピーターパンシンドロームのような、ドタバタ劇なのでしょうね。
冒頭の数分間のミニドラマが一番面白いです(笑)

「シークレット・ガーデン」の脚本家キム・ウンスクの新作ですが、「シガ」とは違う群像劇の面白さとでも言うべきか。
8人の登場人物が繰り広げる、不器用な恋愛模様に、キュンとしたり、ほろりとしたり。その緩急の付け方も、やっぱり上手だなぁ~と思います。
12話まで視聴してきましたが、「シガ」の入れ替わり、「シティーホール」の選挙、といった大掛かりな仕掛けがなくても、面白い。
大掛かりな仕掛けがない反面、ドラマチックさには欠けるので、そこがやや物足りない・・・といったところかしら。

しかし、日常のささやかな心の動き、愛に墜ちた瞬間の心のトキメキといったものこそ、実はもっとも波乱万丈なのでしょうけれどもね。

そして、セリフが、いちいち洒落ていて、思わずまねてみたくなる。
本当に、さすがキム・ウンスクだわ。


        俺と暮らそう
        一緒に暮らしたい
        来世で誰と暮らしても構わない
        その代わり現世では
        俺と暮らそう
        幸せにする
        約束する


先日まで視聴していた中国ドラマ「歩歩驚心」では、主人公たちが口々に「来世」を希っていたのに、慣れてしまっていた私は「現世」というセリフがとても新鮮に感じられて(笑)
そうよね、そうよね。
来世の約束なんかより、この瞬間に感じる、抱きしめられる、肌の暖かさこそが、たったひとつの本当のことだものね。
なんてロマンチックなのでしょうね、キム・ウンスクは。

場面場面、セリフの一つに、非常に意識して、脚本を書いているんだろうな~とわかるけれども、「紳士の品格」には、視聴していて熱狂する瞬間がないのよね。
登場人物たちにはドラマチックなのだろうけれども、視聴していて面白くない・・・いや、むしろ面白いのだけれども、脚本家の計算が前面に出過ぎて、素直に夢中になれない自分がいたりします。
ドンス(チャン・ドンゴン)も、淡々としていて、本当に片思いをしているの?と思いつつ、でもやっぱり恋している男に見えたりして、なんとも不思議な味わいのドラマ。

41歳だから、淡々としているのかな。でも41歳だからこそ、恋に墜ちたら、断崖を飛び降りるような、そんな瞬間があるんじゃないの?と思ったりして。
品のいいドラマ、って感じです。品が良すぎて、物足りなさを感じているのかな。
あ、でも、ものすごく面白く観ているのですが、視聴者というものは、どこまで要求が高いのでしょうか。

4組のカップルの恋愛模様でけれども、私が一番心に染みいるのは、年下の浮気な夫を持った、金持ちの妻ミンスクの心模様。
彼女の心が痛いほど伝わってくるのよね。
お金は有り余るほど持っていて、なんでも持っていて、ただ一つ手に入らないのが、夫の心だという。
ジョンロク(イ・ジョンヒョク)の、無邪気だが、あさはかで俗物で、でも魅力あふれる少年のような夫の心だけが手に入らない・・・切ないわぁ~

このドラマにおいては、大人の男の中に潜む「少年性」を礼賛しているようにも思えるけれども、やっぱりそれを「紳士の品格」だと勘違いしたらダメだわ~ 
「紳士の品格」(淑女も)とは、人を傷つけないってことじゃないかな^と思いマス。
















[PR]
by moonlight-yuca | 2012-12-17 21:14 | 紳士の品格 | Comments(0)

Betty Boop・・・紳士の品格4話まで

a0192209_19414320.jpg
韓国ドラマ「紳士の品格」4話まで視聴。

ダイナミックな「歩歩驚心」の後、しばらく腑抜け状態だったアタクシ。廃人になったつもりはないのですが、どのドラマを見ても、色あせて見えるのは、やっぱり廃人の一種なのかしらん。
明るいラブロマンスを見たくって、「紳士の品格」をチョイスしてみました。

4話まで、視聴したところso far so goodってところでしょうか。
「シークレット・ガーデン」の物語を取り巻く、優しいファンタジー色が控えめになった感じかしら。アラフォーの大人たちの、世事には長けているけれども、そうは言っても、心はいつまでも少年少女のままで、意外と不器用でもどかしい恋愛模様。ちょうど同世代なので、なんだか身につまされる(笑)

世代的には中年(!)にくくられるかもしれないけれども、なんだか心はオトメでいたい・・・ どこかに私の運命の赤い毛糸の相手がいるのかしら。そんなイス(キム・ハヌル)のちょっとブリッ子な日常も、親近感がわいて、「きみはペット」の時のように、イライラすることもなく見守れるのは、やっぱり相手役が中年だからなのかしら。

a0192209_19554646.jpg
まあ、しかし、ドラマの設定とはいえ、キム・ハヌルがもてない女の役っていうのは違和感を抱きますが(笑)
チャン・ドンゴン演じるドジンは、そんな自然体のイスに一目ぼれ。
人生の折り返し地点に差し掛かる男が、人生というしがらみに縛られるのを避けていた男が、この一目ぼれにどう対処していくのか。イスとドジンの掛け合いが、面白いです。
好きだと正直に打ち明けても、イスはプレーボーイのドジンの言葉を全然信じないし、会話がすれ違って行くさまがダイナミック。ドジンの片想いは、彼女に通じるのかしら。

a0192209_2002870.jpg
脚本家キム・ウンスクの作品は「シティーホール」「シガ」と3作目になるのですが(私が視聴したのは)、ヒーローの心の揺れ方がいつもツボなのよね~
それは恋に落ちる瞬間だから。
自分の計算や、世間体や、しがらみなどをすっとばして、わけもわからぬ感情に支配される瞬間が好き。
何もかも超越していく瞬間だから。
訳がわからないからおろおろしたり、呆然としたり、半狂乱になったりするけれども、やがて「恋に落ちた瞬間」を受け入れ、それまでの自分に決別し新しい自分に変化していこうとする彼らが好きだ。
そんな瞬間を、幻想的に描いていく。

「紳士の品格」ではドジンはイスといると、自然の中にいるような、花々が咲き誇るおだやかな、なんの虚飾もないありのままでいられると感じる。
上の画像のような、優しいファンタジーな瞬間で、恋に墜ちている瞬間を描いていく。こういう描き方が好きなのよね~

a0192209_2074760.jpg

a0192209_2081352.jpg
しかし、4話冒頭のチャン・ドンゴンを始めとする4人の学生服姿には吹き出しました!
体張って、演技しているよね~、彼ら(爆)
毎回冒頭にある麗しい中年男子4人のコメディは、毎回の話の流れに関連しているのかな~とも思うのですが。
1話は「運命の出逢い」、2話は「オス」、3話は「子供」(隠し子の存在?)、4話は「謝罪」というテーマが、毎回の話にリンクしているよね。

a0192209_20165385.jpg
キム・ウンスク作品には必ず登場する、隠れキャラクターのミューは、やっぱり今回も登場。
どこにいるのかと探していたら、こんなところに(笑)

さて、記事のタイトルの「Betty Boop」って、視聴した人だけにわかる。 ・・・この件に関しては、アタクシ、あえて触れませんが、どうなのよ~、です(爆)
しかし、もしかしてBettyよりも大切な存在が現れるかもしれない。恋に墜ちた時の、ドジンの取捨選択を描くために、あえてBettyがいるのでしょうか?
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-12-14 20:20 | 紳士の品格 | Comments(2)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line