nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

このドラマと語り、この人生を想う・・・2013

2013年も残りわずか・・・なんて実感がこれっぽちもないのです。

今年は韓国ドラマ視聴が昨年と比較して、激減をした年でもあります。
ほんの2~3年前は見るドラマ、見るドラマ、目新しくって面白くって、貪るように視聴していたのに、今や3話ぐらいまで視聴して、そのままにしておいているドラマが(つまりリタイアとも言います)なんと多いことか。
あのドラマも、このドラマも。
なんだかそんなことが重なって、すっかりドラマの選択眼が非常に鈍ったのかしら、と思う年でもありました。

そんなぼちぼちとした、開店休業状態のブログに遊びに来て下さった皆様、コメントを下さった皆様、本当にありがとうございます。
3年もブログを書いていると、おぼろげに分かってきたことがあります。

私は、ドラマの中で、自分の存在する意味を世界に問いかけている登場人物が好きなんだなぁ、って。
自分のドラマの感想を読み返すと、馬鹿の一つ覚えみたいに、「愛に墜ちることによって生きている意味を知る」ということばかり、繰り返し書いています。
そういうドラマを求めているし、視聴するドラマからはそういうテーマばかりを見出そうとします。


そして、来年もきっと愛を求めてさまようのでしょう、ドラマの中を。


こんな偏ったブログですが、ご縁がありましたら、ブログにお立ち寄りくださいませ。
あなたと、色々な愛のかたちについて、お話しできることは、私の喜びです。


皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。


yuca拝


■ 2013年度下期視聴ドラマ ■
a0192209_23294327.jpg

ナイン:9回の時間旅行 ★★★★★

あまりにもアクロバティックな展開で、面白いと言えば文句なしに面白いのに、あれ?ロマンスあったけ?ってな視聴後の感想です。
ロマンスの行方よりも、ソヌの行方の方が気になって、気になって仕方がないドラマです。

過去を変えようとしたために、だんだんどん詰まりになっていく主人公に思わず「果てない夢が終わりますように~♪」と思ったのですが・・・終わるどころか、さらに悪夢が広がって行くさまが圧巻。






a0192209_23283040.jpg

いとしのソヨン ★★★★

一つの嘘が波紋のように広がっていくさまを描いて、それはみごとな脚本です。
誰もが弱くて、善良で、そして、ほんの少しだけ考えなしで、要するに愛すべきキャラクターなんです。
だから彼らが、他人につかれる嘘によって心が傷つくサマが、なんとも胸が痛くて。そして、何より、自分のついた嘘によって、自分の心をズタズタに切り裂かれていくサマが、どうしても切なくって。
どうして、人と人の心はここまですれ違うのだろうか。なんて考えました。






a0192209_23300256.jpg
ヴァンパイア検事2 ~残された赤い記憶 ★★★★

ヴァンパイアの生存欲に(吸血行為ですね)、じっと耐え抗う、テヨンの禁欲的な表情。ヴァンパイアになってしまったことで、ありきたりな人間の幸せを、あきらめてしまったあのストイックな眼差し。人間の幸せを断念しようとした彼を支えてくれる仲間に対して、フッと笑うあのしぐさ。
堪らなく、かっこいいですぅ。禁欲的な色気に、私、くらくらしちゃいます。
とにかく、テヨンが微笑んでくれたら、視聴している私もドキドキしている状態に。
シーズン3ももちろん、ミルミル!





a0192209_23282206.jpg

あまちゃん OMG★★★★★

「あまちゃん」のおかげで、本当に明日が待ち遠しい、といった半年を送ることができました。毎回笑ったり、突っ込んだり、にやにやしたり、胸が締め付けられたり、泣いたり、と忙しい15分でしたね。
なんと83記事も書いているし(爆)
なんだかあの熱狂が遠い昔のようだなぁ。
アキちゃんのミサンガは1本切れなかったし、彼女をめぐるセンパイ、ストーブさん、ミズタク(笑)ラブラインなんとも尻切れトンボ(笑)感が。
「潮騒のメモリーズ第二章」に期待しているんだけどな。





a0192209_23300961.jpg
君の声が聞こえる ★★★

ヌナ・キラー vs シリアル・キラーのお話。
巷では大好評でしたが私はしっくりきませんでした。
私のオトメアンテナが壊れているせいかとも思いましたが、「星から来たあなた」にはキュン♪としているので、そうでもないのかな?
私が見たい「愛のカタチ」ではないのでしょうが、子犬のように自分を愛してくれる「愛のカタチ」を楽しむことができるのかな。








a0192209_23295699.jpg

秘密 OMG★★★★★

本当に面白かった!ジェットコースターのようなドラマ展開、俳優の迫真の演技、胸に響くOST。とにかく主役4人の複雑に絡んだ愛憎、利害の心理戦・頭脳戦が圧巻。息を殺して視聴するので、1話があっという間。こんなに緊迫したドラマは久しぶりかもしれない。
正統派のロマンスということでしたが、韓国ドラマの定石の設定を用いながらも、なんだか新しい視点を取り入れているような気がします。

がっつり「愛のカタチ」を堪能しました。





a0192209_23293887.jpg

モンスター ★★★★★


タイトルの「モンスター」はmon-starで「私だけのスター」という意味があるらしいですが、同時に自分で自分の心をコントロールできない、「愛」も手に負えない「monster」じゃないかしら。
「愛の嵐」というモンスターに振り回されながら、傷つきながら、おずおずと世界の中での自分の居場所を探す少年少女は、健気で痛ましくて、懐かしくて、愛おしかったですね。
期待せずに視聴し始めたのですが、何故か心に響く作品でした。
何よりもね~、カン・ハヌル053.gif






a0192209_23295029.jpg

Q10 OMG★★★★★

放映時は「SPEC」や「善徳女王」の視聴に夢中になっていて、視聴タイミングを逃していました。
木皿泉って、派手さはないけれども心に染みいる脚本を書かれます。
日常のなんてことないヒトコマがどれだけ幸せだったんだろうか・・・という少し物悲しい感じ。
過ぎゆく時間、いつかやってくる別れを描く物語です。「モンスター」を視聴しなければ、視聴しようという気がまだ起こらなかったのかもしれない。

視聴もタイミングですね。





■ ゲンザイ視聴中 ■
a0192209_23292362.jpg
ちりとてちん 72回まで

感想は書いていませんが、毎朝楽しく視聴しています。そしてふいに泣かされるんだよな~、このドラマ。
四サマが登場するだけで、目は彼に釘付けな私です。
主役2人の恋愛模様より、四草や小草若ばかり気になって仕方がない・・・(笑)

ものすごく練られた脚本の醍醐味に毎朝酔いしれる至福のひと時です。
本当に面白いドラマだけれども「あまちゃん」のように語りたくならないのは、なぜかしら。





a0192209_23293052.jpg
星から来たあなた 4話まで

今、一番楽しみにしているドラマかも。だってただのロマコメじゃないよ~、相手は宇宙人だよ(笑)
今一つ、宇宙人の生態がわからないので何とも言えませんが、宇宙人が恋に墜ちる瞬間ってどうなるんでしょうね~

ソンイに少しずつ振り回されていくミンジュンがチェゴ016.gif

人間(宇宙人含む)って、訳の分からない行動をする相手からは目が離せなくなるものね~♪





■ 2013年度上期視聴ドラマ ■ コチラ


[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-30 00:49 | ■ドラマ■ | Comments(10)

You are my destiny・・・星から来たあなた 3・4話

a0192209_20491889.jpg
韓国ドラマ「星から来たあなた」3・4話視聴。


「星から来たあなた」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=87

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg




[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-29 21:21 | 星から来たあなた | Comments(0)

建もの探訪・・・星から来たあなた編

a0192209_20104364.jpg




「星から来たあなた」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=87

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg




[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-29 20:39 | 星から来たあなた | Comments(0)

お前は誰なんだ・・・星から来たあなた2話

a0192209_20021949.jpg
韓国ドラマ「星から来たあなた」2話視聴。



「星から来たあなた」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=87

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg




[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-28 20:23 | 星から来たあなた | Comments(0)

Q10

a0192209_21475310.jpg
Q10 全9話 (2010年 日本)

■プロデューサー:河野英裕
■脚本:木皿泉
■キャスト:
深井平太(佐藤健)
Q10(前田敦子)
小川訪(田中祐二)
柳栗子(薬師丸ひろ子)
小川しげ(白石かよ子)

【あらすじ】
平凡な高校3年生の深井平太は、ある日理科準備室で女の子の姿をしたロボットを起動させてしまう。平太によりQ10と名付けられたロボットは、平太から人間について教えられ、学び始める…。
a0192209_21435897.jpg
 あー、やっぱり木皿泉って、心にすとんと言葉が入ってくる脚本家だなぁ。
いいなぁ。

「モンスター」→「3月のライオン」ときて、無性に学園モノが視聴したくなってとっておきの「Q10」視聴しました。


木皿泉の同じ学園モノ「野ブタ。をプロデュース」では、人間の「悪意」というものを苦く描いていたのだか、「Q10」ではむしろ生きていくうえでどこからともなく発生する「悪意」ではなく、ただただいつかやってくる「別れ」について9話を通して語っているような気がします。

それは脚本家木皿泉の心境の変化なんでしょうね。
「野ブタ。」では、パートナーと共に世界と(悪意と)闘っていた彼らが、大福さんの闘病を経て「Q10」では、互いが一緒にいられる時間はあとどれくらいだろうか、という愛おしさと哀しみに変化してきたという。

「Q10」はどんなに大切に思っていても、どんなに失いたくないと思っていても、いつかはやってくる「別れ」について描いている物語なんです。
それは誰しもが出逢った瞬間に、別れに向かって歩いていっているんだという、悲しさ。
生きているって悲しいよね、まるで数々の別れを経験するために生きているかのようであり。


木皿泉の最近の作品、「昨夜のカレー、明日のパン」、舞台「君ほほえめば」でもそういう別れへの、どうしようもない人間の悲しさを描いているのよね。

だからこそ、♪ いつも幸せすぎたのに 気づかない2人だった ♪(さらば恋人)その一瞬一瞬の幸せの時間を、後悔がないように大切に過ごそう、と手を変え品を変え、私たちに木皿泉は語りかける。
彼らの作品には、いつも日常のしあわせが丁寧にすくい取られているけれども、その日常の向こうに、あの世の深淵が見えるような気がする。
この世とあの世の境目のぎりぎりで、踏みとどまって、前を向いて、笑って生きようよ。
そんなメッセージを感じる。

木皿泉のドラマは名言の宝庫でもある。
恋は革命ですよ。
自分の中の常識が全部ひっくり返ってしまうようなものなの


ポッカリ開いた空洞はその先ずっと満たされない。
だけどそれは大切な人がいた証拠だ、大切な人のために生きた証拠だ。
全てが満たされていたと思っていた子供時代にももう戻れないのかもしれないけど俺はそれでいい。


本当に怖いのは、不幸そのものではありません。
一番怖いのは不幸になった時、考えるのを止めてしまう事です。
つまり、一番の敵は自分の中にあるのです。


明日の匂いがする。


うん。セリフを抜き出すだけでも、泣けてきちゃう。


木皿泉のドラマはいつも「自分の居場所はどこにあるの? 私はここにいていいの?」がテーマである。
誰もが持っている世界に対してのこの不安に、「いてよしッ!」と断言するんだ。
だから救われるの、私も。
ああ、こんな私でも、この世界にいていいんだ、と受け入れてもらう喜びをいつも作品から感じます。


2013年は木皿泉にとって、かなり精力的に(驚くぐらい!)活動された1年でもあり、ファンとしては至福の1年でもありました。
本にドラマに映画に舞台にと。

2014年は薬師丸ひろ子出演の舞台「ハルナガニ」がやってきます。
でも願わくば、また連続ドラマを視聴したいなぁ、と思います。



[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-27 22:29 | ■日本ドラマ■ | Comments(2)

Happy Christmas!

a0192209_21344074.jpg

[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-24 21:32 | ■ごあいさつ■

人生はそんなに甘くない・・・星から来たあなた1話

a0192209_22180081.jpg
韓国ドラマ「星から来たあなた」1話視聴。



「星から来たあなた」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=87

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg




[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-19 22:47 | 星から来たあなた | Comments(0)

3月のライオン

ゼロだって━
ヘンな名前ぇ━
・・・でも、ピッタリよねアナタに
だってそうでしょ?
「家も無い」
「家族も無い」
「学校にも行って無い」
「友達も居無い」
・・・ほらアナタの居場所なんてこの世の何処にも無いじゃない?



a0192209_22073473.jpg
3月のライオン March comes in like a lion 羽海野チカ

東京の下町に1人で暮らす17歳の少年・桐山零。彼は幼い頃に事故で家族を失い、心に深い傷を負ったまま将棋のプロ棋士となり、孤独な生活を送っていた。養父・幸田の家に居場所を失くし、一人暮らしを始める零は、川本家の3姉妹あかり・ひなた・モモと出会う。

幸田家との異常ともいえる関係や、他人を踏み台にして高みへと昇り続ける『将棋の鬼』とも言える自らの魔性と周囲からの疎外感に苦しみ続ける零は川本家との交流、様々な棋士との対戦を経ていくうち、失っていたものを少しずつ取り戻していく。(wikiより引用)

a0192209_21435897.jpg

遅ればせながらですが、「3月のライオン」9巻まで読了。本当に遅ればせながらだ。
数々のマンガ大賞を受賞した本書に関して、ずっと気になっていたけれども少女マンガ(これはヤングアニマル掲載だから青年/少年マンガのカテゴリー?)を読まなくなっていたのよね。
その代わり韓国ドラマに夢中になり、ブログで感想を書いてみたりしていたけれども。

前作の「ハチクロ」でも感じましたが、甘い絵柄の割になんともビターな世界観を持ってらっしゃる作者だなぁ、とずっと私の胸の片隅にかさぶたのように残っているマンガ家さんの一人が羽海野チカなんです。
甘さとほろ苦さが入り混じっているこの独特な風味は、読みだすと癖になります。
「ハチクロ」でも色々なテーマを描かれましたけれども、中でも「天才」の壮絶さ、孤独、悲哀、そして一瞬の輝き、に胸を撃たれたものでした。
そして、「3月のライオン」ではさらに、「天才」を突き詰めて描こうとしているのか。
選ばれし者の果てを求めて、どこまでも墜ちていきそうな、狂おしいほどの熱情を。


主人公桐山零が自分の居場所を探し求める物語であることは、物語の冒頭に示されている訳です。
ゼロである=何も持っていない少年が、将棋しか持っていない少年が、それ以外の世界にも目を向け、大切なものを得ていく物語であるということは冒頭から暗示されています。
人と関わっていくことが不得手な零が、唯一世界と関わっていく手段が将棋なんです。
「一手一手 まるで素手で殴っているような感触がした
殴った肌の あたたかさまで 生々しく残っているような気がする」
しかし将棋を通してのコミュニケーションは、彼自身の心をも切り裂くようで、ますます闇に墜ちていくようで、そんな痛々しい少年なんです。

将棋がそれぞれの棋士の生き方そのものであることが、またなんとも言えず読んでいて胸を揺さぶるのです。
棋士たちがその一瞬一瞬の勝負に全身全霊をかけ、まさに人生をかけて、闘っていくさまには涙が出て、涙が出て。圧巻。
零が周囲の棋士たちとの勝負から一つ一つ、生きていくとはどういうことか、自分が守りたいものは何かを、知っていく物語なの。
まあ、この棋士たちが、これまた奇人変人ぞろいで(笑)、その偏屈ぶりを笑いながら読んでいると、ふいに直球で彼らの将棋への情熱、執着、苦しみ、そして栄光がわかり涙するという。
笑いと泣きのブレンドの物語が、相変わらず絶妙なんだよなぁ。

零は初めて、自分を受け入れてくれる人を見出し、その人を守りたいと思い、(・・・まあ、しかしトンチンカンな方向で守ろうともしているところが微笑ましいのですが)、そのために自分がきちんと将棋の世界で闘っていくという自覚が芽生えてきました。
この先、どうなるんでしょうかね。

将棋に魅入られた零は、「ハチクロ」の森田やはぐのような選択をするのか?


なんだか読んでいると胸がいたくなり、胸が暖かくなり、愛おしい。そんなマンガです。





■最近読んだ少女(少年)マンガ ビボウロク■

カノジョは嘘を愛しすぎている(青木琴美)1~13巻マデ
ムショーにフラワーコミックス系のマンガが読みたくなる時があるのよね。読後は後悔するのに(笑)
フラワーコミックス系マンガで感心するのはタイトルの付け方が秀逸だということかしら。
センシャルで衝撃的で、キャッチャーなのよね。つい手に取って読んでみたくなる。
「カノジョ」はサブタイトルもものすごくこだわっていて、タイトルフェチ(なんです私)としてはソソられまくりです。
肝心のお話はというと、映画にもなるくらいですからある程度は面白いですが、半年もすれば内容を忘れてしまいそうな気もします。
歌の才能を見いだされる少女という設定は、テニスの才能を見いだされた岡ひろみの「エースをねらえ」の芸能界バージョンでしょうか。ヒロインは努力せずともほとんどの登場人物のヒーローに愛され、愛に裏切られたヒーローはヒロインによって愛し方を知る。
今も昔も変わらない、少女の萌えストーリーなんでしょうね。
今風なのは、ヒロインのライバルがセックス依存症ってことかしら。続きは機会があれば読むかも。


惡の華(押見修造) 1~9巻マデ
噂にたがわず面白い。思春期のもやもやした訳のわからなさ、気持ち悪さ、絶望、この世の果てに行きたいという破滅願望、余すところなく描かれている。
まだまだお話は起承転結の「承」のような気がします。全く先が読めないマンガで続きが非常に気になります。


失恋ショコラティエ(水城せとな) 1~7巻マデ
やっぱり面白い水城せとな。「俎上(そじょう)の鯉は二度跳ねる」というBL史上最高傑作マンガを描いた作家が描く恋愛マンガは、一見普通の少女マンガのようでいて捻ってるんだよなぁ。
ここまでショコラがセンシャルなものだとは、気づきませんでした、私(爆)
恋愛至上主義のように見せかけて、実はビターな人間関係を描く作者の真骨頂でしょうか。恋愛すらも実は自己愛の延長なんだという、アイロニー。
来年の月9でもありますね。石原さとみちゃんが魔性の女サエコなのね。ドラマは見るかどうか分かりませんが、マンガの続きは気になります。


ぴんとこな(嶋木あこ)1~10巻まで
はて、これはBLなのでしょうか、やっぱり。ここまでBL臭さを出されると、逆に引いちゃうけれどもな。ヒロインの存在意味がよくわからないマンガです。続きは読まないな。


 
[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-15 19:32 | 恋愛は少女マンガで教わった | Comments(2)

モンスター

a0192209_21371110.jpg
モンスター Monstar 全12話 (2013年 韓国tvN)






「モンスター」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=91

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-07 23:04 | モンスター | Comments(18)

思い焦がれる・・・モンスター11話

a0192209_20385657.jpg
韓国ドラマ「Monstar」11話視聴。







「モンスター」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=91

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

[PR]
by moonlight-yuca | 2013-12-04 21:11 | モンスター | Comments(4)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line