nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

君がいないと息もできない

a0192209_21541590.jpg

検事プリンセス (2010年 SBS) 全16話 視聴済。
出演:キム・ソヨン、パク・シフ
a0192209_21233751.jpg


ハマったドラマです。視聴する前から自分好みの匂いを感じて
早く視聴したかったのですが、まさにドンピシャ。
胸がキューッとしながら観ていました。

「秋の童話」以降、韓ドラの2番手くんにいつも心が惹かれている私ですが
まざに前半部分はソ弁護士がユン検事とヘリを応援する2番手クン。
自分の目的のために、ヘリを調査し、計画をたて、近づく。
ヘリに逢う前から、彼はずっとヘリのことを考えていたのよ。
出逢ってからは、ヘリをずっと見守りフォローする。
なのに肝心なオイシイ場面はユン検事が持っていくのよね・・・

その時の悔しい、少し寂しそうな顔がたまりません。
賭博摘発での一歩出遅れてしまったシーン。
ヘリがユン検事を好きだと勘付いたシーン。
おすしをヘリが食べなかったときのシーン。
ユン検事の近くに引っ越したいとヘリが言ったシーン。
4時間待ちぼうけくらったヘリをずっと外で待っていたシーン。

どれも瞬間見せるソ弁護士の表情に、胸が痛む。

軽妙な掛け合いでラブコメモードで進んでいたドラマが
ソ・イヌがヘリに心を惹かれていると自覚した中盤以降
一気にシリアスモードに。

ソ・イヌが自分の目的とヘリへの想いに引き裂かれ、
ヘリも父とソビョンへの想いに引き裂かれる。
13・14話あたりが切なさバロメーターのピーク。
両思いなのに、叶えられない、実らない恋心に2人は苦しむ。
ソビョンは残酷に計画を実行しながら、それでもマ・ヘリが
心配で心配で見守り続ける。
アンビバレンツな感情で苦しむ彼を観て、こちらも苦しくなる。
まさに恋心に苦しくて息もできない状態。
もう、この辺は私もポロポロ泣いていたわぁ。

15・16話はちょっと詰め込みすぎ感がある。残念。
真実をさらけ出す裁判のシーンはどうしても固くなって、
それまでメロモード全開だったドラマに水を差している。
メロなモードと社会的テーマのバランスがちょっと悪い。
あと2話くらいで、ゆっくりまとめられたら良かったのに。

でもソビョンがマ・ヘリのマンションを購入し、
ヘリがいた時の内装のままにしていた場面は胸をつかれる。
ワンダーウーマン券をお財布に入れていた場面も、胸が痛かった。
どれだけ、マ・ヘリのことを愛しているのかが、間接的に語られている。

ソビョン、いくら約束だからと言っても、そんなにマ・ヘリを
無償の愛で愛しているのだから、彼女がいないと息できないでしょ!
もう、本当に強がりなソビョンのためにもH-ENDで良かったです。

何気に男前なソビョンの親友ジェニーの、ゆるぎない瞳も好きでした(笑)
親友の迷いは許さずに、計画を遂行していくのだけれども
恋煩いで親友が死にそうになったら、すかさず
マ・ヘリとの仲を取り持つ。いいなぁ、彼女。
[PR]
by moonlight-yuca | 2010-12-23 12:00 | 検事プリンセス | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line