人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

100パーセントの女の子に出会うことについて ・・・私の心が聞こえる?8話まで

a0192209_2012213.jpg

韓国ドラマ「私の心が聞こえる」8話まで視聴。

いや~ん、ゆっくり楽しみたい欲望と、先が視聴したいと欲望の狭間で葛藤しています。
もう、我慢せずに、ちゃっと視聴した方がどれだけ気分的に楽なんだろうと、考える(笑)

子ども時代の5話が終わって、大人時代に突入したけれども7話で泣き、8話で泣き。
どれだけ自分が涙もろいのか、体感してます。
やばいほど、自分の心の柔らかい部分に突き刺さるドラマ。
まだ全然ストーリーは進んでないんですよ(多分)、全30話なので。
それなのにこんなに胸が苦しくなるなんて。

簡単な言葉の一つ一つに涙する。
7話では「이렇게(イロッケ)」
家出した息子マルを思い、父が息子の目は「이렇게」鼻は「이렇게」口は「이렇게」と言う。
父は障害者なのでうまく言葉にできず「이렇게」(こうだった)としか言えないのだが、
息子を失い15年、ずっと息子のことだけを待ちわびていた時の流れ、情愛の強さが
この簡単な一言に表されていて、滂沱の涙だ。
父親役のボン・ヨンギュ(チョン・ボソク)がもう、チェゴ(涙)
15年たっても、息子を見たら一目で分かる、という、親の情愛。あ~、切ない。

知的障害者をドラマに登場させるということは、非常にデリケートな部分を含む。
光と闇というか、聖と狂気というか。ありのままを描写したドラマってそうそうないよなぁ。
「私の心が聞こえる」もある意味、ステレオタイプな描写ではある。
誰よりも劣っている者が、実は誰よりも純粋で無垢で高潔であるという。
ドストエフスキーの「白痴」ムイシュキンを彷彿とさせる。
ただ、このドラマがそれだけで終わらないのは、名もない少女だったウリ(ファン・ジョンウム)の存在。
a0192209_2025469.jpg

ウリは血もつながらないヨンギュと、家族として、生活を共にしていく。
想像を絶する苦労があったが、決して涙を流さず、明るく振る舞い、ヨンギュを敬愛しながら。
時として、彼女のオーバーアクション気味のふるまいは、わざとらしい時があるのだけれども、
それは哀しみを糊塗するため。道化めいた彼女のふるまいから、哀しみの年月が透けて見える。
でも、その哀しみをはるかに超える、家族として共に過ごす喜びが体現されるのよね~
ウリを見ていると、自然とこちらも笑顔になり、素直に応援できるのよね。

この子、ウリはすごいわ。この子がいるから、ヨンギュの存在も輝く。
男子が、皆、ウリに出逢い、そして心惹かれていくのはわかる。
モノクロの世界を極彩色に染め上げる女の子だと思うよ、彼らにとって。



a0192209_20401712.jpg
チャ・ドンジュ(キム・ジェウォン)。
色が白い!うらやましい・・・この色の白さが、病的な雰囲気を醸し出している。
幼少期のまま、ひねくれずに、おおらかに育っているような気がします。努力の人だよね。
a0192209_2043817.jpg
チャン・ジュナ(ナムグン・ミン)。
皆さま、大絶賛のジュナ。これからですよね、活躍は。
彼も、複雑怪奇に屈折しているのですが、今のところ、ある人に、よく躾けられた感じです。
a0192209_2046068.jpg
こっそり応援中(笑)のスンチョル(イ・ギュハン)
幼馴染の割には、出遅れていますが、彼の成長も観れるかな?
by moonlight-yuca | 2011-10-20 21:10 | 私の心が聞こえる? | Comments(2)
Commented by haeun at 2011-10-25 18:51
アジョシにコメントして、さらにこちらにもコメント。yucaさん、こんばは~その2。
>幼馴染の割には、出遅れていますが、
(笑)
そうですね、出遅れてますよね。

>チョン・ボソク)がもう、チェゴ(涙)
はい、それも大賛成!涙腺にことごとく触れてくるんですよね。
あの方、こういう役はたぶん初めての挑戦だろうと思うんですけど、すごい表現力だなぁと関心してしまいます。

ぎすぎすだったり、ドロドロだったりするんですけど、心温まるようなお話になってるのが不思議。
Commented by yuca at 2011-10-25 20:19 x
はうんさん、コメント感謝です。

結局、スンチョルは出遅れたまんまなのでしょうね~
不憫な奴です。でもこっそり応援していきます(笑)

チョン・ボソクすごいですよね~
>涙腺にことごとく触れてくるんですよね
あの生真面目さ、一生懸命さが、私たちの忘れていた何かを思い出させてくれます。
本当に、オハナシ的には復讐ものだけれども、登場人物たちがさわやかなので、愛おしくなります。
いいですね~、このドラマ。
ちょっと急いで視聴するのがもったいなくて、かみしめて観ています。

line

blogお引越ししました。


by yuca
line