人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

道楽者ヨンヒは驚愕した!・・・ロマンスタウン 5話

a0192209_10514869.jpg

韓国ドラマ「ロマンスタウン」5話まで視聴。

一番街という「箱庭」で、金持ち、高慢な奥様、息子、娘、家政婦といったそれぞれの役割を
忠実に演じてきた登場人物が1枚の宝くじによって、その役割に変化が生じてくる・・・
というお話。序盤なので、役割をステレオタイプに、忠実に演出しているなぁ、という感想。
「女は財産の一つ。皆にみせぶらかすものだ」と若い奥さんをもらって喜ぶ主人。
「家政婦は家具みたいなもの」と突き放す、奥さま。
「家政婦は女ではない」と笑う息子たち。
あくまで、そういう役柄を忠実に(おそらく後半の対比として明確に)演出しているだけなのだから
腹を立ててもしかたないけれども、なんだかなぁ・・・と思っちゃう。

どうしても昔気質のワタクシは、こういう金持ち像が変化するのは、「真心で」なんて
感動的なエピソードを期待しちゃうのだけれども、(花登筺の「あかんたれ」のように・・・古ッ!)
今のご時世そんなことはそうそうなく、やっぱり「宝くじ」=「お金」でしか人間は変われないのか?
このドラマはヒューマンドラマではなく、スプラスティック・ドラマだと思えばいいのかなぁ。

そして・・・相変わらず微ラブ続いています。
スングム(ソン・ユリ)をめぐる、ゴヌ(チョン・ギョウン)とヨンヒ(キム・ミンジュン)。
ヨンヒはスングムの秘密を知り驚愕、彼女がだんだん気になってくるみたい。
スングムがお金があるから惹かれるのか、彼女のお金持ちとその職業のギャップに
彼女自身に興味を持ち惹かれていくのか、どうなのか。
ゴヌはねぇ、よくわからない・・・スングムに対して昔は優しかったのに、今は突き放す。
「家政婦は女ではない。家政婦は動く家具だ」みたいな考えに反発して
スングムを「家政婦」として扱うのは忍びないから、突き放すのか、どうなのか。
ワタクシには情緒未発達の男の子にゴヌは見えます。好きな女の子をいじめる感じ。

でもロマンス期待しちゃいけないのよね(笑)
毎回自分に言い聞かせながら、視聴中だわよ。
しかし、登場人物が多い・・・やっと彼らの関係が分かってきたわよ~


***キム家の人々***

a0192209_11142876.jpg
キム・ヨンヒ(キム・ミンジュン)
高名な祖父の絵画を売却しながら、優雅な生活を満喫中。高等遊民。
冷たいような・・・優しいような・・・シニカル。





a0192209_11163027.jpg
チョン・ダギョム(ミン・ヒョリン)
家政婦。家出娘でヨンヒに拾われた?ヨンヒに夢中なのだが、子ども扱いされて相手にされていないみたい。
by moonlight-yuca | 2011-11-03 11:20 | ロマンスタウン | Comments(2)
Commented by haeun at 2011-11-05 11:17
こんにちは~、土曜のつまんない仕事中にこそっとコメント(笑)そんなの書いちゃダメなんですけど(^_^;)

このドラマ、チョン・ギョンウン&ソン・ユリって、自分的には◎な主演キャストなんですけど、なんか評価が今ひとつっぽくて、見てないんですよね。確か1話だけざーっと見たかも。

でも、記事読んでると面白く見えてくるんだな~
僕は、男性歌手のTeiの歌ってる主題歌が好きで結構聞いてたんですよね、いや今もまだ聞いてる。前のブログにもリンク貼ってたし。
失礼な話しなんだけど、キム・ミンジュンssiがどーもツボにこない俳優さんなんですよ。男性なので、男前かどうか、という基準で選ばないからだろうかなぁ。

そうそう、全然関係ないんですけど、シークレットガーデン、オススメですか?シティーホールと同じ作家さんですよね。
Commented by moonlight-yuca at 2011-11-05 19:19
大爆笑です!!はうんさん。わかります、その気持ち。
>土曜のつまんない仕事中にこそっとコメント

「ロマンスタウン」あまり好評な感想は、私も見ませんねぇ。
キャストは豪華で、演技も上手なのにね。
ロマコメと思うと、微ラブなのでがっかりされるのかしら、きっと。
1話は私も、なかなかしんどかったのですが、世界観がだんだんわかってきてペースをつかんでくるとなかなか面白いかも、と思っています。

>キム・ミンジュンssiがどーもツボにこない俳優さん
私も、今まで彼に注目したことは(あっ、「茶母」は好きですが、あれは史劇マジックでカッコよく見えちゃうので)なかったのですが、「ロマンスタウン」のやさぐれたシニカルな、常に自分を自嘲している役柄は、結構好きかもしれない。

「シークレット・ガーデン」楽しみましたよ~♪
「シティーホール」とはまた違う面白さで。ヒョンビンがちょっと偏執狂的な御曹司だったのが斬新でした。機会があればぜひ。

line

blogお引越ししました。


by yuca
line