人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

Blood will tell・・・私の心が聞こえる? 19話

a0192209_21559.jpg

韓国ドラマ「私の心が聞こえる?」19話視聴。

1話1話かみしめて視聴中。
もちろんドンジュ(キム・ジェウォン)も自分の大きな欠落に、もがき苦しんでいるのだけれども、
私は、ジュナ(ナムグン・ミン)に目が惹きつけられるわぁ。どんどん魅力が増してきてます、ジュナ。
その果てしない孤独、捨てられる恐怖を抱きながら、優しく微笑むジュナ。
その悲しみに満ちた、陰影に富んだ魅力に、目が釘付けです。

そして、「血」について考える19話。


・・・とその前に。
こそっり応援中(笑)★今日のスンチョル♪
a0192209_2152323.jpg

スンチョル、病院で大活躍。ドンジュより頼れる男を演出。
鼻をふくらませて、ひそかに自慢している彼。・・・でもせつないなぁ。報われないから。

ネタバレです。






「バカを僕の父親にした?」とハルモニに詰め寄るジュナ。
いえ、もう彼はジュナでいる仮面をかなぐり捨てて、ハルモニに詰め寄っているので
ブロ友さんに見習って、これからはマルと呼ばせてもらいます、私も。マルオッパ、みあね... 。

ずっと、彼がなぜ、家族を見捨てたか・・・を考えていた。
マルがヒョンスクの元に身を寄せることは、
放火で疑われていたヨンギュを救うためのバーターだったとしても。
少年のマルはずっと家を出たいと熱望していた。
例え、自分の名前を失うことになっても、自分の才能を正当に評価してもらう世界に行きたかった。
「バカ」が親だとは認めたくなかった。なぜ?

マルには非常に申し訳ないけれども、もっと悲惨な境遇の子どもたちはたくさんいる。
監禁される子どもたち、ネグレスト、狂信的な親、虐待、鬼畜な親を持つ
不運な子供が遭遇する不条理、というのは深くて暗くてやり切れない人類の普遍的テーマでしょう。
根本的な解決策はないですし。
私にはマルは十分家族から大切にされ、愛され、慈しまれていた存在に見えた。

それでも彼は、ハルモニ、ヨンギュ、ウリと暮らす生活にさげずみを・・・もしくは絶望を感じていた。
思春期特有の苛立ち、世界に対するあこがれ、は誰しもが経験する。
でもマルが恐れていたのは、絶望していたのは「血」かもしれないなぁ、と思う。

ヨンギュと同じ「血」が流れているということは、自分もヨンギュと同じになるかもしれないという恐怖。
だからこそ、あんなに苛立ち、怯え、はむかい、恐怖していたのかもしれない。
家族と共に暮らすことを。そして家族を捨てたのだ、自分に流れる「血」を捨てようとしたのだ。
例えアイデンティティが引き裂かれようと、罪悪感に責め悩まされようとも、
そうするしか彼は彼らしく生きられない、幸福になれないと信じ込んでいて。
「血の呪い」から逃げられないと、思いこんで。

「親はいらない。今までどんな思いで生きてきたかわかるか?・・・僕の人生を台無しにして・・・
あやまって済むとでも?胸の片隅には ”お前は家族を捨てたんだ” ・・・
その罪悪感のせいで、幸せになろうとあがいても・・・」

しかし、さらなる悲劇は、マルはシネとジンチョルの「血」を受け継いでいるということ。
子どもを平気で捨て去る彼らの「血」は、家族を捨て去ったマル自身の「血」と重なっていると
マルが感じて、さらなる絶望感、虚無感を感じたかもしれないということ。
あんなに逃れたかった「血の呪い」が、実は自分を突き動かしていたのかもしれない。
それは、また、果てしない恐怖だろうなぁ、マルにとって。
だから投げやりになっていくマルが19話で描かれている。




いえ、私自身は「血」なんて信じません。
でも「血」に対する恐怖、絶望、怯えを感じるというのは理解できる。
マルの恐怖はそんな一因もあるかもしれない、とぼんやり考えるの。
マルの恐怖をつきつめていくと、人間の存在の深淵な恐怖につきあたるのではないだろうか。
a0192209_2154686.jpg
マルがドンジュに救いを求めているのよね。
復讐に赴く自分に、「守護天使になってくれ」と言う。自分の綺麗な心を、ドンジュに預けようとする。
a0192209_216346.jpg
そんな深い虚無感に囚われているマルのそばに、寄りそってあげて欲しい、ウリ。
この3人の互いを思いやる気持ちが、あまりに澄んでいて綺麗で、涙が出る。

a0192209_2161547.jpg

ハルモニは壊れてしまいました。そして彼女の本質が表れてくる19話。
ハルモニの過去にいったいなにがあったのかなぁ。
by moonlight-yuca | 2011-11-15 20:58 | 私の心が聞こえる? | Comments(2)
Commented by FANです。 at 2014-11-09 08:38 x
ようやく、ここまで、追いつきました。
1話見てしまうと、ドドッと5話くらい見てしまうので、
時間泥棒な困ったドラマです。

マル・・・、やり切れない・・。
ジュナで居続けても、平静な毎日は来ないだろうに・・。
幼いマルが、あの父を忌み嫌う姿は、
優秀な子ならではの、葛藤では収まらないのでしょう。
そんな、子役君の演技が、大人マルになっても継承されているのが、素晴らしいですね。

重いドラマなのに、仕込まれた失笑ネタが上品です。
俳優さん本人の特徴(色素ネタ)、
演技プランであろう髪型(エキセントリック母のパーマ)を、
ちょいちょい、いじるスパイスが、堪りません。

まあ、しかし、ウリパパの温かさ。そして彼に、相談に乗って貰う色白坊ちゃんの、汚れなき心。
私なら、ウリパパに相談・・・ありえない・・。
ますますコンガラがるとしか、思えないだろうなあ・・・。
自分の醜さを思い知らされるのでした。

幼馴染くんと、その両親が、なんとも愛おしくて。
このドラマ唯一の、一般人で、ホッとします。
もっと、出て来てくれないかな~。
もう既に、1話ごとに泣けてきているので、ティッシュの在庫
も気にしながら見ていると、落ち着かないのでした。

Commented by moonlight-yuca at 2014-11-12 23:11
♪FANさん、ここにもありがとう♪

今、頭の中がBL論が渦巻いていて、なかなか切り替わらないのですが(笑)
時間泥棒なドラマや本って大好きです。
巡り合えた時の喜びなんて!

>幼馴染くんと、その両親が、なんとも愛おしくて。
おお、いいでしょう!スンチョルくん。
この俳優さんを初めて見たドラマがあまりにも好きすぎて、その後どんなドラマに俳優さんが出演されようとも、どこかに初めて見た印象を探し、こっそり応援している私です。
シリアスな役がウマいのに、ひょうきんな役しかオファーされないのが悲しい。

マルオッパ・・・いいですよね。泣けて泣けて仕方がない。
涙を流せるって、心も清らかに(頭の中は妄想だらけですが)なれるからいいよね~

line

blogお引越ししました。


by yuca
line