人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

Say it ain't so Yong Shik !!・・・逆転の女王 22話まで

a0192209_2213423.jpg

韓国ドラマ「逆転の女王」22話まで視聴。

いけんわ~、こんなシーンをキャプする時点でアタシ、もう「逆転の女王」の正しい見方しとらんわ。
面白くないこともないんじゃけど、どうも主役の恋愛模様に身が入らん。
年末でそーとー疲れとるんじゃけんだと思う。

22話あたりは、ヨンシク(パク・シフ)が会社を辞めて、海外に行こうか云々してるところ。
「嘘だと言ってよ、本部長!!」と皆、あの手この手で引きとめようとしている。
もちろんヒロインのテヒ(キム・ナムジュ)も本部長に企画書を提出。
それはある意味ラブレターでしょうね。

でも、何よりも、アタシの心をつかんだのは、秘書クンのこの言葉。
a0192209_22125457.jpg

「僕は好きになったら絶対捨てない・・・先輩も」
と言って、海外にヨンシクと共に付いていく行くと宣言。
普段憎まれ口をたたくけれども、押さえる所は押さえている秘書クン。
人生での決断のシーンはきちんと決断できる、彼に惚れちゃいそうです。
人間、いざというときにその人の人柄がわかるし、信頼できる人間がいるだけで
ヨンシクは幸せな人間なんだろうなぁ。

あ~あ、最初からそんな予感はしていたのだけれども、
本当に恋愛模様はどうでもよくて、男子二人の友情のあり方だけを注視しているアタシは
「逆転の女王」の感想を書く資格がないと思うわぁ。
別に恋愛なんかをテーマにしなくても、男子の友情だけでも面白いと思うのだけれどもね。




多分、ヨンシクのテヒへの想いが私にはピンとこないんだわ。
それは私的にキム・ナムジュちゃんとシフくんをカップルとして認識していないからだと
思われます。ヨンシクの想いがなんだか、母を恋うように見えてしまうの。
テヒと母を重ねているというか。
まあ、大雑把に分類すれば男子は皆マザコンで女子はファザコンで・・・になるけれども
ヨンシクは母のようにずけずけと物を言うテヒに惹かれたのかなぁ、と私的に思っちゃっています。
家庭のあたたかさを彼女を通して感じているのかな。
まあ、恋にもいろいろあるから、そんな母を恋うような恋もあるでしょう。否定はしません。
しかし、私がドラマで観たいのは、もっと狂おしい、もっと自分ではどうしようもできない
どこまでも孤独な人間が他者を求めてしまう、「恋」なのです。
ヨンシクには狂おしさがないように、私は感じます。あまり葛藤が感じられないの。

あくまで個人的な好みで、感想ですけれどね。



(2011.12.10 追記)
視聴終了していますが、な~んの感想も書けない・・・
秘書クンとヨンシクの感想は山のように書けそうですが。なんだか意地で後半視聴したような・・・
ということで「逆転の女王」に関しては、多分これ以上なんの感想も書けないだろうなぁ。

最初から書いていた通り「可もなく不可もなく」といったドラマでした。
by moonlight-yuca | 2011-12-07 22:22 | 逆転の女王 | Comments(8)
Commented by 花音 at 2011-12-07 23:30 x
こんばんは~。

「逆転の女王」じゃなくて何ですがー^^;
柴田よしきさんで、好きな警察小説「RIKO」シリーズにも出て来る
私立探偵・麻生龍太郎と美貌の男・山内錬を思い出しました~。

>もっと狂おしい、もっと自分ではどうしようもできない
どこまでも孤独な人間が他者を求めてしまう、「恋」なのです。

二人の関係がチョッとエロチックでこんな感じなんですよ~^^

「恋」って、好きとか愛しているだけではダメなんですよねー
情熱がなければ!と想いますね~~♪
Commented by momo at 2011-12-08 10:18 x
でてくる女性陣がいけずに見えて(関西弁です、関西人なもので)ときめきがなかったような。
本部長もテヒはタイプじゃないと2~3回言ってましたもん。

本部長と秘書君がででないと画面もレトロに見えましたが、時々お!という瞬間があったので最後まで辿り着いたと思います。

パク・シフ君に「つきあって下さい」と今告白されても、さらっとごめんなさいという自信はあります。
Commented by moonlight-yuca at 2011-12-08 13:08
♪花音さん、コメントありがとうございます♪

「聖なる黒夜」よかったですね~
私も大好きで、続きがいつ出るか待っているのですが
なかなか出ませんね(涙)
龍太郎と錬も「運命的な恋」ですね。彼らもいいけれども
私が一番心を動かされたのは、龍太郎の同僚の及川純が好きでした。
(うふふ、またマニアックすぎたかしら)

あそこまで愛と情熱と憎悪と緊張と悲しみに翻弄される物語を
読むと、こちらも心が動き過ぎて、しばらく茫然としてしまいますが
読み応えがありますよね。

花音さんと同じように、私も本当にお気に入りのシリーズです。

Commented by moonlight-yuca at 2011-12-08 13:15
♪momoさん、コメントありがとうございます♪

>でてくる女性陣がいけずに
そうなんですよね、なんだか女性陣が強くって、
「愛」だの「恋」だのに頼らずとも、独りで生きていけれそうな
オトコマエなヒロインたちだわね。
強さの陰にちらりと見える、かよわい部分が私にはわかりません。
そんなところがこのドラマにのめり込めない理由だと思います。

>本部長と秘書君がででないと画面もレトロに見えましたが
ほんまに、そう!(笑)
この2人の登場シーンだけを楽しみに22話まで視聴してきた私です。
よかった、私だけがこんな見方してるのかと、ちょっと不安だったのですが、テヒとヨンシクの恋愛模様に夢中で皆様視聴されていたのかしら、と疑問でったので。

そして、momoさんは大阪なのですよね(*^▽^*)
Commented by momo at 2011-12-08 13:39 x
はい、大阪です。どこからか透けてみえていましたか。

このドラマは、リモコンの早送りボタンが大活躍でした。
晴れのちボクらもツッコミいれながら、BS視聴中です。
Commented by 花音 at 2011-12-08 15:48 x
ドラマと関係ない話でごめんなさいね。

花村萬月を紹介されたので、もしや?とも思ってたんですが、
柴田先生の本も読まれていたんですね!
同じ様に濃ゆいお話でも柴田よしきさんの作品は読むことが出来たんですよね~^^
及川純・・・確かに!・・・

あっ、でも、久美沙織さんも出てきましたが、私もともとSFが大好きで、
そちら方面の方が興味があるんですよ!
決して、「やおい」や「BL」ではないですー。。。;;
Commented by moonlight-yuca at 2011-12-08 20:19
♪momoさん、どもどもです♪

な~んとなく「李歐」がお好きだし、姫里の風景を知ってらっしゃる
ぽかったので大阪かなぁ~、とあてずっぽでした(笑)
自分のコメント読んだら「大阪なのですよね」なんて
断定的に書いてあったので、自分でもびっくり!
きっとあの時の私は神がかっていたのだと思います(爆)

そして、
>リモコンの早送りボタンが大活躍でした
私だけじゃなかったのね~♪
秘書クンとヨンシクだけのために延々31話まで視聴している自分を
褒めてあげたい今日この頃です・・・


Commented by moonlight-yuca at 2011-12-08 20:31
♪花音さん、どもどもです♪

うふふ、いろんなお話大歓迎なのでお気になさらずに。

花村萬月も柴田よしきも読みふけっていました!
いいですよね~、RIKOシリーズ。
ジェンダーとセクシャリティと、ミステリーが入り混じって展開される
ストーリーに夢中になったのですが、続きが出ない・・・
龍太郎と錬のお話は決着をつけて欲しいわぁ。

おっ!SFですか?私はミステリーにその後行ったので
SFは不勉強ですが、大原まり子の「イルクラシリーズ」とか好きでしたわ。ハインラインとかは泣いたし・・・

読書も雑食なので、「やおい」・・・一通り嗜みました・・・(爆)

line

blogお引越ししました。


by yuca
line