人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事

恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事_a0192209_22181745.jpg
バリでの出来事 20話 (2004年 韓国SBS)

■演出:チェ・ムンソク 
■脚本:キム・ギホ
■キャスト:
ハ・ジウォン(イ・スジョン)
チョ・インソン(チョン・ジェミン)
ソ・ジソブ(カン・イヌク)
パク・イェジン(チェ・ヨンジュ)
恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事_a0192209_21371466.jpg


「バリ出来」再視聴しました。面白かったです、ハイ。初見なぜ自分の評価が低かったのでしょう?

1・「バリでの出来事」はかの有名な「三大廃人ドラマ」のひとつで、自分も廃人にならないといけない。
2・皆さまほとんどがジェミンに感情移入されていたので、何がなんでもジェミンにハマらないと。

などという義務感が初見時には、私にあったのだと思うわ。
今回、肩の力を抜いて、らく~に視聴すると、やっぱり面白いドラマでした。
よく考えれば、そんなに波乱万丈なストーリーではないのよね。
登場人物4人の愛憎、プライド、欲望の駆け引きが延々20話と続くだけ。
記憶喪失も、事故も、出生の秘密もないのに、20話まで、引っ張る力があるのよね、このドラマ。

脚本家の方は、このラストが書きたかったのかなぁ。
ラストシーンが最初のシーンにつながった時は、鳥肌が立ちましたもの。
過ぎ去ってしまった時間について考えてしまった。この結末に至る過程について考えてしまった。
恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事_a0192209_22261849.jpg

三大廃人ドラマと評されるだけあって、綺麗な結末だと思います。構成的にね。


ジェミン派が多い中で、私はイヌクがチェゴ♪
ジェミンは皆に不憫がられ、愛されているから、私まで愛さなくていいよね(笑)
チョ・インソンくんの演技は鬼気迫るものがあり、圧巻で脱帽。

・・・でも私は、孤独なイヌクが、溢れる才能はあるのに野心に押しつぶされそうな、そして
ジェミンに対して、嫉妬、軽蔑、憎悪、そしてそれらの感情の奥に見せる羨望の眼差しに
やられました。
それはまるでゴヌク@「赤と黒」やカン・ミノ@「49日」が好きな気持ちに、果てしなく似ていて。
結局、私は、野心を持つ、複雑なそして孤独な魂の持主に弱いということなんでしょうね(笑)

ソ・ジソブくんのドラマは、私初めて観るのですが、ファンが多いのもうなずけるような気がする。
瞳が虚ろなのよね~
余白がある、とでも言うのでしょうか。
なんだか、自分のやっていることの愚かしさを俯瞰している、その冷静な瞳がいいですね。
恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事_a0192209_22454076.jpg

いろいろな対比があって面白かったですよね。
スジョンとヨンジュも実は根っこは同じなんじゃないかと思います。
ジェミンとイヌク2人を所有したかったヨンジュ。二兎を追うものは・・・のごとく、結局
どちらも手に入れることは出来なかったヨンジュ。
ジェミンとイヌクのどちらも選べなかったスジョンと、違うようで、実は似ている。

ジェミンとイヌクも違うようで、根っこは同じ。同床異夢ですわ。
貧富の差に押しつぶされそうなイヌクと、
富裕層のしがらみに押しつぶされ、才能までスポイルされたジェミン。
どちらも抑圧を受けているのよね。

スジョンの「私みたいな女のどこがいいの」の問いに対する男子2人の答えも面白かったわ。
「そんな言い方するな、お前を選んだ俺の価値まで下がる」と言うジェミン。
「・・・自分がどんなに美しい女か知らないんだね」と答えるイヌク。
スジョンを自分と同等の価値だと暗に言うジェミンの答えの方がスジョンには響いたのかしら。
スジョンはきっと、自分のためにどれだけ捨てられるかで、男子2人の気持ちを計ったのよね。
より多く捨てる方を、愛したんだわ~

続きはラストに関して・・・





全てを捨て去り、自分を追って来たジェミンをスジョンは選んだのね。

でもラスト、私はイヌクの方が幸せだったと思うわ。
だってスジョンの亡骸といっしょだもん。
ジェミンは詰めが甘い!
私がジェミンなら、スジョンの亡骸をかき抱いて海辺までに連れていくよ。
自分が愛した女の、命を、笑みも、まなざしも、髪も、肌も温もりも、体の隅々まで
イヌクの元には置いていかない。冷え切った骸になったあとも絶対、イヌクには許さない。
この腕で抱くのにね~

最後までジェミンは、ツメが甘い、お坊ちゃんです。
狂おしいほど恋しかったら、そこまでの狂気を観たかったですわ。
ミーハーなヘンタイ歴の長い私が言うんだから間違いないです(笑)
狂気はそこまで見せてこそ、人をより感動させるのですから!
例えば、「情婦マノン」のラストシーンのような、ファムファタールの亡骸を引きずって
砂漠に消えていく男のようなラストシーンだったらよかったのに。
絵になるのになぁ。ひとりで海辺じゃちょっと、インパクト弱かったです。

そんな感じで、好きな女と一緒に発見されるであろうイヌクの方が幸せ?かな。
恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事_a0192209_2314166.jpg

まあ、スミマセン、夜にブログを書くと本当に、妄想爆裂だわ(笑)
とにかく、このドラマで一番感動したのは、男子2人の指の綺麗さです。
悩める2人が顔を手で顔を覆うシーンが、ものすごく好きです。
by moonlight-yuca | 2011-12-14 23:09 | バリでの出来事
line

blogお引越ししました。


by yuca
line