人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

恋しいよお前が、狂おしいほどに・・・バリでの出来事

a0192209_22181745.jpg
バリでの出来事 20話 (2004年 韓国SBS)

■演出:チェ・ムンソク 
■脚本:キム・ギホ
■キャスト:
ハ・ジウォン(イ・スジョン)
チョ・インソン(チョン・ジェミン)
ソ・ジソブ(カン・イヌク)
パク・イェジン(チェ・ヨンジュ)
a0192209_21371466.jpg


「バリ出来」再視聴しました。面白かったです、ハイ。初見なぜ自分の評価が低かったのでしょう?

1・「バリでの出来事」はかの有名な「三大廃人ドラマ」のひとつで、自分も廃人にならないといけない。
2・皆さまほとんどがジェミンに感情移入されていたので、何がなんでもジェミンにハマらないと。

などという義務感が初見時には、私にあったのだと思うわ。
今回、肩の力を抜いて、らく~に視聴すると、やっぱり面白いドラマでした。
よく考えれば、そんなに波乱万丈なストーリーではないのよね。
登場人物4人の愛憎、プライド、欲望の駆け引きが延々20話と続くだけ。
記憶喪失も、事故も、出生の秘密もないのに、20話まで、引っ張る力があるのよね、このドラマ。

脚本家の方は、このラストが書きたかったのかなぁ。
ラストシーンが最初のシーンにつながった時は、鳥肌が立ちましたもの。
過ぎ去ってしまった時間について考えてしまった。この結末に至る過程について考えてしまった。
a0192209_22261849.jpg

三大廃人ドラマと評されるだけあって、綺麗な結末だと思います。構成的にね。


ジェミン派が多い中で、私はイヌクがチェゴ♪
ジェミンは皆に不憫がられ、愛されているから、私まで愛さなくていいよね(笑)
チョ・インソンくんの演技は鬼気迫るものがあり、圧巻で脱帽。

・・・でも私は、孤独なイヌクが、溢れる才能はあるのに野心に押しつぶされそうな、そして
ジェミンに対して、嫉妬、軽蔑、憎悪、そしてそれらの感情の奥に見せる羨望の眼差しに
やられました。
それはまるでゴヌク@「赤と黒」やカン・ミノ@「49日」が好きな気持ちに、果てしなく似ていて。
結局、私は、野心を持つ、複雑なそして孤独な魂の持主に弱いということなんでしょうね(笑)

ソ・ジソブくんのドラマは、私初めて観るのですが、ファンが多いのもうなずけるような気がする。
瞳が虚ろなのよね~
余白がある、とでも言うのでしょうか。
なんだか、自分のやっていることの愚かしさを俯瞰している、その冷静な瞳がいいですね。
a0192209_22454076.jpg

いろいろな対比があって面白かったですよね。
スジョンとヨンジュも実は根っこは同じなんじゃないかと思います。
ジェミンとイヌク2人を所有したかったヨンジュ。二兎を追うものは・・・のごとく、結局
どちらも手に入れることは出来なかったヨンジュ。
ジェミンとイヌクのどちらも選べなかったスジョンと、違うようで、実は似ている。

ジェミンとイヌクも違うようで、根っこは同じ。同床異夢ですわ。
貧富の差に押しつぶされそうなイヌクと、
富裕層のしがらみに押しつぶされ、才能までスポイルされたジェミン。
どちらも抑圧を受けているのよね。

スジョンの「私みたいな女のどこがいいの」の問いに対する男子2人の答えも面白かったわ。
「そんな言い方するな、お前を選んだ俺の価値まで下がる」と言うジェミン。
「・・・自分がどんなに美しい女か知らないんだね」と答えるイヌク。
スジョンを自分と同等の価値だと暗に言うジェミンの答えの方がスジョンには響いたのかしら。
スジョンはきっと、自分のためにどれだけ捨てられるかで、男子2人の気持ちを計ったのよね。
より多く捨てる方を、愛したんだわ~

続きはラストに関して・・・





全てを捨て去り、自分を追って来たジェミンをスジョンは選んだのね。

でもラスト、私はイヌクの方が幸せだったと思うわ。
だってスジョンの亡骸といっしょだもん。
ジェミンは詰めが甘い!
私がジェミンなら、スジョンの亡骸をかき抱いて海辺までに連れていくよ。
自分が愛した女の、命を、笑みも、まなざしも、髪も、肌も温もりも、体の隅々まで
イヌクの元には置いていかない。冷え切った骸になったあとも絶対、イヌクには許さない。
この腕で抱くのにね~

最後までジェミンは、ツメが甘い、お坊ちゃんです。
狂おしいほど恋しかったら、そこまでの狂気を観たかったですわ。
ミーハーなヘンタイ歴の長い私が言うんだから間違いないです(笑)
狂気はそこまで見せてこそ、人をより感動させるのですから!
例えば、「情婦マノン」のラストシーンのような、ファムファタールの亡骸を引きずって
砂漠に消えていく男のようなラストシーンだったらよかったのに。
絵になるのになぁ。ひとりで海辺じゃちょっと、インパクト弱かったです。

そんな感じで、好きな女と一緒に発見されるであろうイヌクの方が幸せ?かな。
a0192209_2314166.jpg

まあ、スミマセン、夜にブログを書くと本当に、妄想爆裂だわ(笑)
とにかく、このドラマで一番感動したのは、男子2人の指の綺麗さです。
悩める2人が顔を手で顔を覆うシーンが、ものすごく好きです。
by moonlight-yuca | 2011-12-14 23:09 | バリでの出来事 | Comments(8)
Commented by 花音 at 2011-12-15 12:57 x
こちらにも~

最初と最後のシーンを一緒に撮ったという「バリでの出来事」
あのラストの衝撃! しばらくは呆然でしたね~。

ハ・ジウォンは、「茶母」「バリ出来」「デュエリスト」「ファン・ジニ」
と観てきて思うに、どれ観ても”ハ・ジウォン”を感じてしまうんですよね。
スジョンもハ・ジウォンじゃなかったら、もっと親近感が湧いたかもー^^;

三角関係になると、燃え上がる嫉妬心があたかも恋愛感情の強さの様に、錯覚しがちで妄想まで入ってくるというか・・・
恋してる情熱を感じたのはジェミンで、スジョンとイヌクには
正直、そこまで感じなかったです。
スジョンの環境を考えたら理解出来るところもあるんですが。
美しい女と美しい男二人・・・
本当なら、もっとトキメいてイイはずなのに、ラブ度を感じられなかったのが、私的には残念だったな~と思いますね。。。

>男子2人の指の綺麗さです。
これは同じです~~♪
Commented by moonlight-yuca at 2011-12-15 21:27
♪花音さん、こんばんは~♪

>最初と最後のシーンを一緒に撮ったという「バリでの出来事」
そうなのねー!!
そうじゃないかと思ったのですが、じゃあやっぱりストーリーは
ラストのあの衝撃に向かって進んでいたのね。

>恋してる情熱を感じたのはジェミン
そう、ジェミンのためのドラマみたいでしたね。
後の2人は、ちょっと固い感じがします。ラブ度感じなかった。
男子が意地を張り合って、(そう好きでもなかった)スジョンを
取り合っているようにも見えて。
トキメキというより、勝敗を見るような感じでしたわぁ~
今の彼らが演じたら、もうちょっとときめかせてもらえたかもしれないのにね。
若かったのかなぁ。


何よりも、男子2人の指に眼福♪

Commented by まきろん at 2014-05-11 20:49 x
yucaさん、初めまして(^^)
『密会』のあらすじを検索していたところ、こちらに辿り着きました。
ドラマの世界を見事な表現力で書き綴られていて、夢中になって読ませてもらいました。
ファッションに関することも、私の中には無かった観点で、とても興味深かったです。
星から来たあなた、ロマンスが必要3など、最近みたドラマの記事を読ませてもらいましたが、
私の韓国ドラマ不動の1位『バリでの出来事』にコメントさせてもらいました。
私は初めて観たときに廃人になり、ジェミンに共感し、二人の間で揺れ動くスジョンにも感情移入しながらこのドラマを試聴しました。
スジョンに共感できなくて、はまれなかったという意見もよく聞きますが、私はイヌクとジェミンに揺れる気持ちがうまく描かれていたと思いました。
それから何度もDVDを引っ張りだし、好きなシーンを繰り返し観ています。
このドラマのOSTも大好きなんですよね。
そして二人の男子の指が綺麗だったことも同感です!
まだまだきになるドラマの記事があるので、これからゆっくり読ませて頂きますね。

Commented by moonlight-yuca at 2014-05-12 18:59
♪まきろんさん、コメントありがとうございます♪

初めまして、こんな僻地のブログに遊びに来てくださるなんて嬉しい♪
しかも、「密会」のあらすじに関してはこのブログでは何も書いていないし(笑)
あらすじなんかそっちのけで、自分の考察や妄想ばかり書いている記事ばかりなのですが、楽しんでいただけたら幸いです。

さて、「バリでの出来事」
なんと韓国ドラマ初心者だったころは、このドラマの良さが分からずにリタイアしたのですよ、一度。
しかし、心のどこかではものすごく気になるドラマ(三大廃人ドラマですしね)で、ある日何とはなしに視聴したら、面白いし、たまらなく切ない。
ソ・ジソブにはハマらないのですが、イヌクには心が揺さぶられました。
ジェミンはすでにファンが多かったですから(笑)

こういうガツンと心に響くドラマが最近少なくなってきていませんか?
ハッピーエンドはそれはそれでいいけれども、心の後にひくような、そんなドラマが、「バリ出来」のようなドラマを視聴したいです。


また、お時間のあるときに遊びに来てくださいませ。
お待ちしています~


Commented by まきろん at 2014-05-12 21:18 x
yucaさん、こんばんは。
お返事ありがとうございます(*゚▽゚*)
今日もお昼休みにいつくか読ませていただきました。
特に『ナイン』が興味深かったです。へぇぇぇ~の連続でした。
私は観察力がないので(笑)yucaさんの「考察」「妄想」は目からウロコです!

そして今あらためて、、『密会』はあらすじが書かれていたわけではないことに気がつきました(^_^;
でもドラマを見ている人なら誰でも共感できる表現がたくさんあります。
自分の言葉ではこんな言葉浮かばない!って、感動しちゃいました。
このドラマ、どんな終焉を迎えるのかとっても気になりますね。
ハッピーエンドはありえないでしょうけど。。

Commented by まきろん at 2014-05-12 21:19 x
そうなんです!バリでの出来事のような衝撃的なドラマに最近は出会えていません。
バリ出来のあと、『ごめん、愛してる』でも同じようにドラマの世界から抜け出せない状況に陥りましたが、思えばそれ以来そこまでのドラマに出会ってないかもです。

それでも見始めたら止まらない、面白いドラマはたくさんありますよね。
とりあえず今年見たドラマの中では『応答せよ1994』が一番でした。
1997を超える切なさがありました。
イケメンが一人もいないのにハマれたことが私には奇跡です(笑)

これからも韓国ドラマを楽しく語らせていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしま~す!
Commented by moonlight-yuca at 2014-05-12 21:46
♪まきろんさん、どもどもです~♪

「ナイン」は難しいですよね~、その難しさが面白いのですけれども。
ラストシーンが冒頭のシーンにつながるっていうところが一番怖い気がします。
結局また、9回の時間旅行を始めるのか、と。

視聴者に解釈は委ねるってことなので、いろんな人の「ナイン」考察があっても面白いですよね。

>『密会』はあらすじが書かれていたわけではないことに気がつきました
でしょ(爆)
あらすじで検索された方には、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです(笑)
しかし、あのドラマ、あらすじにしてしまえば非常に通俗的で簡単なのですが、セリフで語られない間とか、背景とか、そしてピアノの曲に隠されたさまざまな思惑とかを楽しむドラマだと思います。

明日で終わりですね~
通俗的なあらすじのドラマなのに、まったく結末が予想つきません。

Commented by moonlight-yuca at 2014-05-12 21:51
♪まきろんさん、ありがとう~♪

そして引き続き。

サッドエンドがいい、という訳ではないのですが、どうもここ最近の韓国ドラマは安易にハッピーエンドに逃げているような気もします。

「バリ出来」や「ごめ愛」「茶母」のようなドラマがそうそうあっても、体力的精神的に落ち込むので(笑)、困りますが。
しかしこの三大廃人ドラマもかなり昔の作品になってきたので、そろそろ新・三大廃人ドラマが登場してもいい頃かとも思います。

視聴しているのには、切なくって、苦しくって、つらいのですけれどもね~

>イケメンが一人もいないのにハマれたことが私には奇跡です(笑)
あ~、もう爆笑しました!
なんだかものすごく視聴したくなりました!(爆)
「応答せよ」シリーズは良作ですよね。私も「1994」機会を作って視聴してみます。

また、遊びに来てくださいませ。
ドラマを語り合いましょうね。
line

blogお引越ししました。


by yuca
line