人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

愛は通訳できるもの?・・・イケメンラーメン店11話(考察)

a0192209_20334120.jpg
韓国ドラマ「イケメンラーメン店」11話考察。top画像に持ってくると、強烈だなぁ~(笑)

ネタバレ注意。未見の方はスルー推奨。

a0192209_2145198.gif

a0192209_10152470.gif11話 「愛は通訳できるもの?」
EPISODE 11: “Can Love Be Translated?”

a0192209_20384418.jpg
「イケメンラーメン店」の考察で、ふと、更新が止まってしまったのは、11話のこのタイトル。
普通にスル―すればできるのだけれども、考え出すときりがなくなった。
「愛は通訳できるもの?」 さあ、なんと答えればいいのだろうか?
その答えは11話の中にあるのだろうか。このドラマはタイトルがものすごく捻ってあるので、
(14話のタイトルなんか秀逸!)11話のタイトルを深読みしすぎて、熱が出ちゃいました~(笑)

「イケメンラーメン店」に夢中になって、早1ヶ月!
1か月も一つのドラマに取り組んで、感想を書き続けるなんて、初めてのことです~

続きはネタバレです。






■リバーサイド その4
a0192209_20344879.jpg
チスとウンビのリバーサイドの情景その4。
このリフレイン、回を増すごとに2人の心は互いを向き合うのよね。
ついに4回目にしてチスは自分の恋心を自覚する。
しかし、チスの告白に「あんたの告白に胸が熱くならない」とウンビ切り捨てる。
チスがいくら言葉を重ねても、彼の恋心はウンビに届かない。
愛は通訳できるの?

■熱烈に乞う!この二人の再々登場を!
a0192209_20351291.jpg
a0192209_20352114.jpg
もどかしいトライアングル、そっちのけでこの2人が気になるんですけれど(笑)
も~う、登場するだけで嬉しい偽チスと偽ウンビ!この品のないチス(笑)
しかーし、偽チスの演技は本家チスの本質をついているように思うのは私だけ?

■バウル!
a0192209_20355862.jpg
「トイレのニオイ」「俺と似た感じ」=チスのウンビへの恋
すごいよ、バウル!こんな図解でチスを分析するなんて!恐るべし野生の勘!
チャ社長と側近の分析結果より、核心をついている。
自分の「ニオイ」(人生)がなかったチス(4話参照)が、様々な匂いを身にまとうようになる。
チスの変化がこういうささやかな所からでも、分かるよね。
しかも「トイレ」=「クソ」=ウンビ(笑)を示していることは、これまでの考察でお分かりの通り。
チスが「トイレの匂い」を身にまとうのは、「ウンビへの恋心」を表しているわけで。

しか~し、このドラマ、本当にオカシイ。恋心=トイレなんて、ありえないぐらいかけ離れているのに、そのくらいチスの初恋が強烈だった・・・っていうのがわかるよね。

■心は簡単? 恋は簡単?
a0192209_20434371.jpg
「あなたにとって恋愛は、回転ドアで、公開入札で、
カップラーメンだろうけど、私は違う。
カップラーメンは食べたくない。
私のためだけに作ってくれたラーメンを食べるわ。
だから通りすがりの恋は終わりにしよう」
このウンビのセリフは、2話のチスのセリフ、
「心なんかこの世で一番簡単だ。
目を閉じただけで簡単に開く。
メリーゴーランドみたいに、大勢が乗れるものなんだ」に対応しているわね。

■待ってました!決め台詞!
a0192209_20564112.jpg
「あなたはいつでもそう。
一度でも私の気持ちを聞いた?
自分の気分とやり方で、自分の気持ちを知ることに躍起になっている。
私に聞いた? なぜこんな女が好きかというあの告白?
それがあなたの本心よ。単なる好奇心に過ぎない」
「好奇心だろうと、好きだと言っているのに、何が問題なんだ」
「だからダメなのよ」
「なぜダメなんだ?」
「あなたは・・・ラーメンを作れない
a0192209_21048100.jpg
もう、このシーン、大好き!大好き!大好き!血が騒ぐ。
歌舞伎の掛け声のように、「待ってました~、ウンッビ屋!」と思わず叫んじゃいましたもの(笑)

チスの恋とウンビの恋は、言葉ではかけ違っているわね、この時点で。
チスの心も、ウンビの心も相手を想っているには違いないのに
言葉ってムズカシイ。愛って通訳できるもの?

ラーメンは様々な比喩でこのドラマに使われていて、人生だったり、心だったり、恋だったり。
そのことを一番わかっているのは、ウンビ父の代わりに登場して
このドラマの電柱(大黒柱)となるガンヒョクなのよね。
ガンヒョクの言葉は、まるでウンビ父のように重みがある。

■やっぱり、いい男なんだよなぁ その3
a0192209_2051467.jpg
君を待っている場所が1か所くらい必要だ。
何も言わずに、ラーメンを出す場所が・・・1か所くらい残っていないとダメだ。
心は考えてどうにかなるものじゃない。
ひとりでに自ら熱くなるものだ」
ガンヒョク、いい男なんです。しかし父性が強すぎる。
「マヌラ」と言いながら、ウンビを見つめる瞳は、やっぱり保護者なのよね。
最初に保義者の立ち位置に立ったために、そこから抜け出ることができない。
恋愛の訳わかんなさ、とか、無謀さが彼にはないの。

■名前を手に入れるのは、心を手に入れるということ その2
a0192209_21104058.jpg
ウンビの名札は、チスの宝箱に入っています。いじましいなぁ。
行動を見ているだけで充分、チスの愛は通訳できているけれどもね。

■愛は通訳できるもの
a0192209_2162679.jpg
・・・だと思います。
言葉ではすれちがっちゃたりするけれども、人間は五感を活用できるから。
その時、その人と一緒に過ごした時間の、匂い、熱さ、不器用な言葉の響き・・・
言葉で通訳できなくても、その瞬間の雰囲気で、愛は通訳できるのです。
バウルとヒョヌが心を通うわすシーンの、なんと温かくて、優しいことか。
このドラマでは愛=ラーメンで通訳できるのです。その熱さ、その味覚、視覚、嗅覚で。
愛は通訳できるのです。だから、チス、早く熱いラーメンを作ってみて。
by moonlight-yuca | 2012-03-21 21:13 | イケメンラーメン店 | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line