人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

乱暴なロマンス

a0192209_14134922.jpg
乱暴なロマンス Wild Romance 全16話 (2012年韓国 KBS)
■演出:ペ・ギョンス
■脚本:パク・ヨンソン 
■キャスト:
イ・ドンウク(パク・ムヨル)
イ・シヨン(ユ・ウンジェ)
カン・ドンホ(キム・テハン)
オ・マンソク(チン・ドンス)
ファン・ソニ(オ・スヨン)
イム・ジュウン(キム・ドンア)

【あらすじ】
カラオケボックスで父ヨンギルの誕生日パーティーを楽しむウンジェの家族。酔った状態で父ヨンギルと弟チャンホはプロ野球チーム レッドドリーマーズのスター選手パク・ムヨルを目撃する。ブルーシーガールズの熱狂的ファンのヨンギルは、プロ野球の韓国一位を決める韓国シリーズの対戦相手で試合中に事件を引き起こしたムヨルに因縁をつけ言い争いになる。この光景を見て興奮した柔道5段のウンジェはムヨルを投げ飛ばす。
この場面をカラオケボックスのアルバイトが携帯電話で撮影し、インターネットで一瞬のうちに流してしまう。プロ野球選手のムヨルにとっても、ガードマンという職業に就くウンジェにとってもこの事態は相当深刻なダメージ。どうにか解決するためにウンジェとムヨルは再び対面することになり…。

a0192209_21494423.gif


「太陽を抱く月」がライバルだった「乱暴なロマンス」。視聴率は、惨憺たる数字だったらしいですけれども。

このブログでも散々書いておりますが、脚本家パク・ヨンソンの描こうとする世界観が、非常に好きな私は、本作でも大満足でした。あまりにも世界観が好きなので、1話1話詳細に、考察していこうと思ったのですが、暑さともろもろの事情のために、あえなく挫折。総評だけを。

「ロマンス」と銘打っていますが、「ロマンス」じゃないのよね。このドラマ。
まず、このドラマの評判をあまり聞かないのは、イ・ドンウク主演だからということで、皆さま過剰に、ロマンスを期待されて、肩すかしの気分を味わっちゃうせいなのかしら。
やっぱり、「恋愛至上主義」のような「太陽を抱く月」の方が、好評なのかなぁ。
(蛇足ですが太陽抱月」視聴中でございますが、あまりにも登場人物が恋愛のことしか、考えていないのでちょっとびっくりしています・笑)

脚本家のパク・ヨンソンは、恋愛すらも、人間の心に忍び寄る「悪意」のきっかけのひとつとしか、見ていないふしがあるように思う。
例え、どんなに好きあって、互いを信じようとしても、ふと心に忍び込む、「嫉妬」。その感情が、ゆるやかに変化していき、「悪意」を形作っていく過程を描く手腕は、お見事。

a0192209_14372068.jpg
そう、この、「乱暴なロマンス」というのは、前作「ホワイトクリスマス」の続編でもあるのだ。
「悪魔は生まれるのだろうか。作られるのだろうか」という前作のテーマの、変奏曲ともいえる。
パク・ヨンソンの作品に、恋愛要素を期待しちゃだめなのよね~
恋愛なんて、自分が頭の中で計算して、するものではなく、ある日突然、まるで雷にあったかのように、目を空けた瞬間、恋に落ちているものなのだ。
だから、ムヨル(イ・ドンウク)も、突然、目を開けた瞬間に、恋に落ちているのだ。

「乱暴なロマンス」の視聴の醍醐味とは、恋愛をはじめとした、人間の感情を強く強く揺り動かす感情が、どうその人を変えていき、そしてその感情が・・・ここでは「悪意」だが、どう他人に伝染していくのか。
ということを主眼にしているように思う。
「羨望」「嫉妬」「愛情」「執着」「失意」「コンプレックス」という感情が、善良な人たちを変えていく様を、コメディという設定のオブラートに包みながらも、私たちに提示してくるのだ。
前作「ホワイトクリスマス」はミステリーだったが、今作ではラブコメという、装いだけ変えて、しかし脚本家が私たちに見せたいテーマは変わっていないのよね。

ものすごく、ビターな作家さんだと思います。
このドラマを見ながら、昨今の日韓をめぐる政治情勢を鑑みちゃったりして。
ほら、「悪意」(とは言い過ぎだが、互いに対するマイナスの感情)の伝染は、なんと素早く両国間を取り巻いていっちゃったのでしょうね・・・

このドラマでは「悪意」に対抗するのは、ただ、「互いを愛し、信じることだ」と述べていますが、その考えだけで「悪意」に対応するのは、なんとも心もとない。
ムヨルは言う。
「死ぬまで愛している、とは言えない。だが、今は死ぬほど、お前を愛している」と。
どんなに激しい恋愛感情でも「今」なのだ。
そこに、アイロニーを感じるのは、私だけだろうか。この「恋愛」も永遠ではない。人間は生きている限り、心は動いていて、動くからこそ「悪意」が忍びこんだりするのだ。
そんな、「愛情」でしか、「悪意」に対抗できないのかもしれない・・・

やれやれ。人生って、なんてワイルドなんでしょうか。
「情愛」と「悪意」の間を、揺れ動いていくんでしょうね、これからも私たち。
願わくば、あまり「悪意」に引きずられないように、生きていきたいものだわ。

a0192209_14451185.jpg
主役カップルはよりも目立っていたのが、この室長とドンアのカップル。
このカップルは必見ですね。ロボットのように感情を押し殺した男が、常識はずれの女の子と関わることで、どう変化していくのか。
誰かとのコミュニケーションで頑なな心が、ほどけていく様を視聴するのが楽しみだったわぁ。
やっぱり人間を変えていくのは「悪意」だけではない。
「愛情」という温かな気持ちで、人を変えうることができるのだ、ということを見せてくれました。
(「愛情」はもろ刃の剣ですがね・・・ 一歩間違えば、「悪意」になったりするし)

ミステリー仕立ての、「乱暴なロマンス」
犯人が犯行にいたる過程も、わかりたくないようで、わかるのよね。誰しもが犯人になる可能性を秘めている、というところも、考えれば怖いですよね。
by moonlight-yuca | 2012-08-29 14:55 | 乱暴なロマンス | Comments(6)
Commented by はる at 2012-08-29 19:32 x
yucaさん、こんばんは〜

乱暴なロマンス、丁度見始めた矢先の
アップ!
評判はよろしくないようですが
ラブコメで萌えよう!とは、思わないで
冷静に(?)視聴していきます(^∇^)
ホワイトクリスマスの作家さんなんですね
期待しちゃいます

yucaさん、井浦新おすきなんですね、
残念ながら、月9は見てないのです
見れば良かった
BSプレミアムで、チェイサー
再放送されてますね
ARATAの怪演を再度視聴です〜
Commented by moonlight-yuca at 2012-08-29 21:30
♪はるさん、コメントありがとうございます♪

>評判はよろしくないようですが
好きな人は好きですよね、このドラマ。
「ホワイトクリスマス」の方が、緊張感、完成度は高いです。
「乱暴なロマンス」も(惰性・笑)で視聴していくと、後半、ミステリー職が強くなって、けっこう、考えさせられました。
期待しないで、ゆるーい気持ちで視聴されるといいかな、と思います(爆)

>井浦新おすきなんですね
そうなんです。ゆる~い感じで好きなんです。
変な役を喜々として演じる役者さんが好きなんでしょうね。

>ARATAの怪演を再度視聴です〜
えええ-
気づきませんでした。情報ありがとうございます!
私も早速再視聴します~

Commented by パレアナ姉 at 2013-01-21 09:29 x
yucaさん、あんにょん^^(←この挨拶、可愛いですよねぇ。一度やってみたかった。(^^ゞ)

「愛いら」の記事に狂喜乱舞しておりますが(奈留~~~~!)

まずは「乱暴なロマンス」、絶賛視聴中です~楽しい~^^
12話まで見ちゃった(笑)犯人はやはりあの人ですか。
ロマンスではない、というご文章に激しく同意しています。
話が進むごとに人の持つ悪意や嫉妬が見え隠れして、それが怖くもあり愛おしくもあります。
誰しも持つ感情ですよね~みんな、愛情と悪意(嫉妬)とのバランスを保ちつつ生きているのかなぁ~なんて思ったりしました^^
このままラストまで!お願い失速しないでねと祈る気持ちで観ています。
噂の「ホワイトクリスマス」も是非、観たいなぁ。

キム室長とドンア、いいですねぇ~ニヤニヤしてしまう( ̄∀ ̄)
父母も気になりますが~^^
Commented by moonlight-yuca at 2013-01-21 20:30
♪パレアナ姉さん、あんにょん^^♪

私もやってみたかった、この挨拶(笑)

12話まで楽しく観られているなら、失速はしないと思います!
特に最終話、信じるということが描かれていて、感動ですよ。

>、愛情と悪意(嫉妬)とのバランスを保ちつつ生きているのかなぁ~なんて思ったりしました
私ぐらいの年齢になってくると、LOVE&LOVEで終わる物語って、物足りなく感じるんです。愛にも色々な形があって、色々な思いがあるよね・・・そんなことを描いたドラマの方が、胸に浸みこむことあるませんか?

そういう意味では「乱暴なロマンス」って、人の気持ちの綺麗なところばかりじゃなくて、暗い部分も描かれていて、好きです。

「ホワイトクリスマス」は、ミステリーですが、面白かった!
8話でサクサク視聴できるし、色々考えさせられた、素敵なドラマです。

>キム室長とドンア
私も好き~♪ キム室長があたふたとしている様子は、何回観ても微笑ましいよね。
Commented by YUKAETSU at 2014-12-01 12:46 x
初めまして。良く覗かせていただいているんですが、はじめてコメン致します。

今更ながら視聴して、「乱暴なロマンス」とっても嵌ったんですが、巷ではあまり人気が無くて、、、。YUCAさんの、この脚本家さんとこのドラマに対する考察に、とてもスッキリしました。私はこんなに上手に言葉では表せないですが、「そう、そう」とか「うん、うん」画面に言いながら読ませていただきました。

ホワイトクリスマスも見ていたので、尚のこと良くわかりました。
「いつでも、どんな人間でも、境界線のその向こうに渡ることが出来る」
それが人それぞれ、「執着」だったり、「コンプレックス」だったりいろいろですが、切り口はちがっても二つの作品は同じテーマなんだなぁと納得でした。

気になるセリフがいっぱいあって、深く考えさせられるドラマでしたよね。(最初の数話のふたりのハチャメチャぶりからは想像出来ない程)

自己肯定感がちょっとウンジェは低いように感じたんですが、子どもの頃に母が自分達を捨てて出て行ってしまった事が大きく影響しているんでしょうね。「愛らしいから愛されるのか、愛されるから愛らしいのか」とウンジェがジョンヒの事を言ったせりふが印象的でした。

この脚本家さんのほかのドラマも見たくなりました~。お勧めはありますかね?
YUCAさんの好きなドラマがとても似ているので、(シティーホールや検事プリンセスのビターなラブロマンスが大好きです)またお邪魔させていただきます。

Commented by moonlight-yuca at 2014-12-01 21:10
♪YUKAETSUさん、はじめまして♪

コメントありがとうございます。
しかも私の大好きな「乱暴なロマンス」に!
本当におっしゃる通り、このドラマ視聴率が低くて可哀そうなドラマなのですが、非常に奥深い面白いドラマだと思います。

「ホワイトクリスマス」と対になっているドラマですよね。
最初の数話のドラバタぶりで引いてしまっちゃうのかなぁ。

パク・ヨンソンという脚本家さんは、韓国ドラマの中でも常に新作が気になるのですが、低視聴率の作家さんなのでなかなか新作をみることができない・・・
こんなに面白いのにね~
「いい加減な興信所」も面白いのですが、これは非常にマニアックで視聴する人を「乱暴なロマンス」より選びます。
なにしろ恋愛色が皆無ですから(笑)
「恋愛時代」が一番一般受けしたドラマじゃないかしら?
とにかく恋愛にかかわる格言がいちいち胸に染みいるのです。

そういう意味では「ホワイトクリスマス」が一番バランスがいいのかな?
あのドラマも非常に緊張感にあふれて、面白いドラマですよね。
何よりも出演者たちがのきなみスターになっているす。

>好きなドラマがとても似ているので
おおお、なんてありがたいお言葉を!
韓国ドラマって、ふいに面白いドラマに巡り合うことができるのですよね。

まったりと更新しているブログですが、また遊びに来ていただければ幸せです♪
line

blogお引越ししました。


by yuca
line