人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

牢獄で生きるも同然か・・・宮廷女官若曦27話

a0192209_72384.jpg
中国ドラマ「宮廷女官若曦(ジャクギ)」27話視聴。

・・・う~む。ここにきてまさかの停滞感を感じています、私。ゴメンナサイ(汗;;)
起承転結の「転」の部分に入ったってことで、もっと怒涛の展開を想像していたのですけれども。
いや、怒涛なのかもしれませんが、これまでの波乱万丈ぶりに日夜度肝を抜かれる日々を(CGを含む)送っておりましたので、どうやらちょっとやそっとの出来事では驚かなくなった自分がいます。






そもそも、4サマが皇位につくのはこんなに辛くて孤独なのか・・・みたいに言われていたような気がしますが、「そんなこと、いまさら気づいたのかいな」と彼に冷静にツッコム自分がいる。
27話は、緑蕪のエピソードが涙をそそるのかもしれないけれども、お話の流れ的に、どうも唐突なのよね、彼女の自死が。
「はい、ここで泣けるでしょう」・・・みたいな場面を演出されても、泣けません。

むしろ側室に娶ることを反対した4サマが、裏で画策していた・・・みたいな流れだと、4サマを少し見直すのですがね、為政者としては。
このまま緑蕪が生きていたら、そういう展開になってもおかしくなかった。
しかしこのドラマ、4サマの影の部分を描くことに、ためらいがあると言うか、奥歯に物の挟まった、表面ではいい人に描こうとしているのよね。

別にいいじゃん、非道なことをしても。崇高な目的のためには。もっと粛清を行い、孤独になればいいのに。
守りたい女を手に入れるために、屍を踏み越えていく皇帝の方が鬼気迫るのになぁ・・・

a0192209_6364426.jpg

しかし、これは4サマだけが悪いんじゃなくて、ライバルの皇子たちの描かれ方も悪いんです。

壮大なCGを使って早馬で帰還した14は、母親とお茶したり、皇子たちとまったりお茶したりです。
今や八賢王の策略より、CGの方が視聴者の度肝を抜いているという、テイタラク。
このまま彼らは非業の運命に向かって進んでいくだけなのか。頑張って紫禁城という牢獄でヒトハナ咲かせてもらいたいものです。

「歩歩驚心」ってすごろくみたいだなぁ、と思っていたのですが。
ルォシーちゃんが、出たサイコロの目だけ進む・・・みたいな。毎回進むコマ(話)の内容が、荒唐無稽なところが面白かったのですが、どうも4サマが皇帝になってからは、ルォシーちゃんの精彩が欠けているような気がする。すごろくで言うと、2回休み・・・みたいな印象を受けています。

a0192209_773380.jpg
4サマの側室(? どんな立場なのかしら、よくわかりませんが)になってからは行動も規制され、妙にしんねり部屋に座っているばかりなのが、いけないのかも。
正直、ルォシーちゃんと4サマのプラトニックないちゃいちゃぶりはどうでもいいんです、私(爆)
結局ルォシーは、いい子としてしか描かれないので、皇后(いい人ですよね・・・)と争うことなく、一人嫉妬に苦しむだけなのですから。

彼女の正義感と4サマの裏の顔が、いつかぶつかることになるんじゃないかと、思っていたりはしますが。

たまに、彼らがいちゃいちゃするから、胸がキュン♪としていたのであって、今はそんなことより権力闘争をがっつり見せて欲しいなぁ。
by moonlight-yuca | 2012-11-22 07:16 | 宮廷女官若曦 | Comments(12)
Commented by yumesj at 2012-11-22 10:26 x
まさしくyucaさんと全くの同感です!!
本当に停滞気味ですよね(;^_^A
ドキドキ感がなくなったかっていうか…八爺と若曦の恋はときめいたんですが(爆)
陛下になった四爺との恋は何か…感情移入できません(爆)
本当にドロドロした権力争い満載、妻達の争いのある韓国史劇を見慣れてるせいか物足りないかも(^^;;
年数すっ飛ばした間も丁寧に描いて50話くらいでもいい気がします!
Commented by chatttenoire at 2012-11-23 00:27
yucaさま~。
基本、中国ドラマは出来事を本当に淡々と描くんですよ。私の中ではそんな位置づけです。
でも私は先に見ていた時、この頃の数話は、ルオシーの位置づけが妙に気になってそこに釘付けでした。今日のお話で出てきますが側室じゃないんです。洗濯所へ行くまでは「小姐」(お嬢さん)、「姐姐」(お姉さん)だったのが洗濯所の途中から仲間からも「姑姑」と呼ばれるようになって、思わず検索してしまったのですが、”おばさん”という意味みたいなんです。四皇子が帝位についてからも昔馴染みの人以外からは「姑姑」と呼ばれています。結婚する時には部屋も服も赤だらけになるはずがなってない、皇帝に嫁いだら例の腰を屈める挨拶をしてもらえるはずが、してもらっていない、お付きのものから丁寧に扱われているけど呼称はおばさん、だから、洗濯所よりは上だけど、お茶くみ女官のままなんだな、とわかったのです。(どうも皇帝の寝所にいる、という設定のよう?)女としても黄昏時、その中途半端な位置があり得ない設定ではあるものの、なかなか興味深かったです。
確か、来週くらいからもうちょっと動きはじめるかなー、というところです。
Commented by jiyong-xg at 2012-11-23 00:45
yucaさん 晩上好
停滞ですか…。
基本華ドラはすごく激しくてかなり淡白です。
それが魅力でもあります。
韓ドラのように親切ではないし
以前お話したように諸事情もあるので妄想力と諦めも必要。
別チャンネルでみないと楽しめない気がしますぅ。

このドラマの作り手さんの作品ですが、
私には<ハズレはないけどドハマリはしない>ことが多いので、
yucaさんの感想の冒頭だけを読んでいつも妄想(笑)
このドラマ見た時私はどう感じるか楽しみです。

Commented at 2012-11-23 16:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サン at 2012-11-24 19:55 x
徹夜して35話全部見ました。やっぱり最初の頃の元気いっぱいの主人公が好きでした。後半は鬱入ってるけど、それでも泣いちゃいました。一つ腑に落ちないことがあるとすれば、最初の主人公ならともかく、後半の主人公にどうして皆そこまで心酔してるのかが謎だったという・・・
Commented by moonlight-yuca at 2012-11-24 21:12
♪yumeさん、コメントありがとうございます♪

どうも韓国ドラマの(ある意味丁寧な)ストーリー展開に慣れてしまっているのかも。華流ドラマは反対にスピード感があっていいのですが、スピード重視すぎて情緒表現がないのかも(笑)

このまま8皇子一派は歴史からフェードアウトするのかしら…
あっさり(と視聴者は思えてしまうのですが)と、権力闘争も終わっちゃったみたいですね。

大体韓ドラだったら14皇子の遠征なんて5話くらい使って放送しそうですもの(爆)

>年数すっ飛ばした間も丁寧に描いて50話くらいでもいい気がします!
激しく同意!
お話のスケールの割にものすごくコンパクトに描かれていくのが、大陸ドラマなのかしらん?

来週は14の出番があるといいね・・・

Commented by moonlight-yuca at 2012-11-24 21:21
♪ chatttenoireさま~、コメントありがとう♪

>基本、中国ドラマは出来事を本当に淡々と描くんですよ
そうなんですね。初めての大陸歴史(?)ドラマ体験だったので、こんな山場をあんなにあっさり描いていいのかしら?と疑問に思っていたのです。

お国柄なのですね。確かにはしょらないと35話なんかでは終わりませんものね。ちょっと韓ドラの「恨」の感覚に慣れ過ぎていたのかも・・・と思っています。

>女としても黄昏時、その中途半端な位置があり得ない設定ではあるものの
うわ、鋭いご指摘だわ!
そういう視点で視聴すると面白いですね。呼称は私、気づかなかったのですが、ヘアスタイルでわかりますよね、位が。
四皇子はいろいろとルォシーを中途半端な立場でにさせている理由を言っておりましたが・・・
黄昏時ね。言い得て妙ですわ♪
多分ルォシーの立場が中途半端で、喉に小骨が引っかかっているみたいに、停滞して感じるのだわ。
ああ、この停滞感の理由がわかってすっきり(笑)

これからも、毎話毎話あっさりと主要人物が去っていくのでしょうね~
Commented by moonlight-yuca at 2012-11-24 21:29
♪ジヨンさん、コメントありがとう~♪

ホント、いつもポイント、ポイントでの的確なアドバイスありがとうございます。助かります♪

そうそう、ジヨンさんが言われる通り妄想力ばかりたくましくなりました、このドラマのおかげで(笑)
あまりにはしょられて展開していくので、その隙間を埋めるべく妄想力が大活躍してます。

>ハズレはないけどドハマリはしない
あああ、なんだかわかる気がします。
こんだけ毎話感想を書いている癖に、妙に冷静に分析してますから。登場人物に感情移入するには、なにかあと一つ物足りない・・・そんな感じがします。

えええ~、これだけ毎日書いていてハマっていないの?と驚かれるかもしれませんが(笑)
ハマるというより、やっぱり妄想力を鍛えていくのが楽しいドラマなのかもしれません(爆)

Commented by moonlight-yuca at 2012-11-24 21:37
♪鍵コメさん、コメントありがとう~♪

「歩歩驚心」って、すごく皆様の感想を読むのが楽しいドラマですよね。あ、そういう見方があるんだ、という新鮮な驚きで2度楽しめるドラマ。
どれが正解ってわけでもなくて、本当に色々な捉え方を楽しめますね。

最終話にむかっていくにつれ、本当に4皇子と8皇子って「親の愛を求めた子供」という点で、似ているなぁ、と思います。
今、4サマは幸せの絶頂ですが、果たしてそれが続くのか。

>彼女の正義感と4サマの裏の顔が、いつかぶつかることになるんじゃないかと
これは勝手に想像しているのですが、もともとルォシーは4サマの冷酷な部分を初対面の時から感じとっていましたよね。
目的のためには手段を選ばず・・・という。
だから冷酷な部分が、皇帝になるにつれますます増長していく時、彼女はどうするんだろうか。
そんなお話が描かれるのか、はしょられるかはわかりませんが(笑)

いや~、来週も楽しみですね♪
Commented by moonlight-yuca at 2012-11-24 21:44
♪サンさん、コメントありがとうございます♪

うわ、全部視聴されたのね!そしてやっぱり泣いちゃうのね。
きゃあ、この後の展開が気になります。

本当に少し鬱な展開ですね。
あまりに淡々と人物たちの最期が描かれていくので、もっとドラマチックな感じかと思っていたので拍子ぬけしたのですが。

しかし、「死」なんてこんな具合に突然やってくるものですものね。
最近のルォシーは、妙に悟りを開いた感じがして、だんだん影が薄くなってきてますよね。

皇子たちが彼女を大好きなのは、やっぱり違う時代から来たからこそ持っている、達観した人生観を感じるのでしょうね。自分とは違う思考、彼女の後ろに「神」(・・・っていうのかなぁ?この時代?)を感じて、惹きつけられているのかしら。
Commented by chatttenoire at 2012-11-25 15:17 x
yucaさま~。
いらんこと書いたかなー、と気にしていましたが、いらんことついでにもう一つ。
権力闘争についてですが、私の限定的な知識によれば、次の皇帝になるまでには熾烈に争うのですが、皇帝誕生後、皇帝に対して本格的な謀反を企てるということはやってないそうです。それというのも少数民族の征服王朝なので内輪もめしていたら王朝存続の問題になってしまうからです。だから皇帝誕生後は残りの皇子たちは追い詰められる一方なんです。むしろ私は皇帝誕生前の”待つ”と”農業”な描き方に不満一杯ですが、女性を主人公にすると男性同士の権力闘争は描きにくいし、それを描くと別のドラマになってしまうんでしょうねえ。女性同士の闘争も彼女は側室にもなってないから土俵にも上がってないし。でもこれは後々効いてくるポイントなんですよ。
今は静かに積み木を積んでいる状態で、のちのち積み木崩しが出現するか、それをじっと待つのが中国ドラマの醍醐味です。たいしたことない積み木崩しだったら残念なドラマだったねえ、というところなんですが・・・yucaさん的にどうでしょう。私はyucaさんの結果が楽しみですが、あんまり待ちすぎて期待が高まりすぎるとダメかもしれませんね。
Commented by moonlight-yuca at 2012-11-25 18:24
♪chatttenoireさま、コメントありがとう~♪

いえいえ、いらぬことどころか目からウロコのご指摘で勉強になりますよ。

>皇帝誕生後は残りの皇子たちは追い詰められる一方なんです
あああ、そうなんですね!実は暗闘は4皇子が農作業にいそしんでいる時に行われた・・・っていうことなのですね。
皇帝崩御の時には雌雄は決していた・・・なるほどです!

そして、確かにロマンスを求めると、権力闘争は描きにくいし、かといって愛の闘争もこのドラマでは描いていないですよね。
先のコメントで頂いた「黄昏時」って言葉が胸に響いていて、結局若曦ってこの時代、愛の闘争にも加われない、権力闘争にも加担できない、そんな中途半端で曖昧な立場なのかな。
それは彼女がタイムリーパーだということも関係してくるのかもね。

>それをじっと待つのが中国ドラマの醍醐味
なるほどです!
どんな積み木崩しなのか。カタストロフィがあるのか。
期待せずに(笑)、待ちます。

line

blogお引越ししました。


by yuca
line