nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

天女を得たもの天下を得ん・・・蘭陵王 6話まで

a0192209_17555284.png
華流ドラマ「蘭陵王」6話まで視聴。



振り返ってみると、「歩歩驚心」から1年以上ぶりの華流ドラマです。昨年は全然視聴しなったのね。
「ブーブー」の頃には辮髪というハードルが私を一瞬苦しめました(笑)
皇子たちが誰が誰だか全然分からない・・・なんてことをブログでぼやいておりましたが、あれよあれよと見分けがつくようになりました。
そして、この「蘭陵王」ではドレッドヘアが私を苦しめます(爆)
何故に~この髪型? と思いつつ、あらあら不思議6話まで進んでくると、皆様格好良く見えてくる。



a0192209_17545354.png
「あまりの美貌のため、仮面をつけて戦った伝説があるほど美しい悲劇の王・蘭陵王」なんて枕詞がつくくらいの四爺(またもや四サマ!!・狂喜乱舞)にウィリアム・フォンってミスキャストじゃない? みたいな先入観がありました。
ウィリアム・フォンって整った顔をしているけれども、「美しい」という形容詞が合わない気がして。
美しすぎて敵も味方も見とれてしまって戦闘にならないので仮面をかぶったという設定だもんね。



しかも1話から突っ込みどころ満載の展開。
あまりにもあけすけなCG、展開の速さで、そうそう中国ドラマってこんな感じだわ、と懐かしく思い出してきました。




a0192209_17550027.png
a0192209_17550889.png
運命の出逢い・・・なんですけれども、どこをどう見たら四爺を女性に見間違えるんでしょうか? 肩幅もがっしりして、思いっきりレゲエの男性なんですけれどもね。
花びらが降りしきる中での、運命の出逢い・・・突っ込みどころ満載じゃん!(笑)


その後の展開も早い!



web拍手 by FC2





a0192209_17552250.png

物語は周と斉の覇権争い。天下平安を望む蘭陵王の運命に、白山村の天女の末裔の雪舞が関わっていく。
なるほど「王家の紋章」と物議をかもしたのも分かります。
そのまんま設定が「王家の紋章」だもんね。




a0192209_17554577.png
雪舞は、疫病がはやっている貧しい村をその博識で救う。水を浄化してね(笑)
キャロルもやったよね~
ということは雪舞の側にいる暁冬はルカの役かな?




a0192209_17553731.png
っでもって、イズミル皇子の役は周の武帝なのね。
私的にはイズミル皇子大好きなので、彼の活躍は期待します。
初登場時の場面はびっくりしましたけれども。このパターンはピダム@「善徳女王」を思い出させます。
磨けば磨くほど格好良くなるし、「愛は惜しみなく奪う」タイプの男なのか。





a0192209_17560685.png
アリエル・リンは体当たりの演技。このあと彼女演じる雪舞は蘭陵王と武帝の間で、惚れられ、
さらわれちゃー戻って、さらわれちゃー戻って(以下省略)、な展開になるんでしょうか?





a0192209_17555995.png
なんてぶつぶつ言いながらあっという間に6話までの「第一章運命の出会い」まで視聴しちゃいました。
このころになると四爺も格好良く見える。
心正しき、清廉な皇子のイメージですが、武帝の雪舞への愛の告白めいた発言にイラッとする一面も(笑)




四爺はまだまだ仮面をかぶっていますね。
この世を生き抜くために、色々な仮面をかぶっている彼の素顔を見せてくれるのはいつのなか。
優美に微笑む彼の下に潜む、人間らしい慟哭や葛藤や、愛憎を見せて欲しい。




a0192209_17552993.png
言霊で結ばれた二人。運命の二人なんだろうな。
「天女を得たものは天下を取る」とは、まさに「ナイルの娘を得るもの、エジプトを得ん」という設定と同じ。




[PR]
by moonlight-yuca | 2014-02-08 18:40 | 蘭陵王 | Comments(16)
Commented by momo at 2014-02-09 22:23 x
蘭陵王がむちむちして、桃太郎侍を連想したりまだ雑念が・・。
くせ毛兄弟なんですね。(雑念)

私もイズミル派です。二番手がよくないと盛り上がり方がイマイチですが、ここは期待です。
まだ始まったばかりですが、矢継ぎ早にレンタル希望です。
Commented by naomama at 2014-02-10 01:28 x
こんばんは。yucaさん。お久しぶりです。以前、キャンディキャンディとアンジェリクでコメント入れた者です。その節は詳しく教えてくださってありがとうございました。

「王家の紋章」と比較しながらの感想ありがとうございます。読んだことのある方と読んでいない方では感想が違ってくるのではと思っています。

私もBSで蘭陵王を視聴し始めました。金曜日は2話が放送されましたが、最後に3話の予告を見た時にアリエルのシーンで一瞬あれっ?と思っていたんです。
その後ネットで調べたら、「王家の紋章」と似ているというような内容を見かけたので、自分の記憶が間違っていなければ、確かキャロルも同じことをしていたような?と思ったのです。一箇所だけではなく設定自体がそっくりなのですね。この先、水もきれいにするんですね。
今後は「王家の紋章」のことも思い出しつつ、楽しく蘭陵王が視聴できそうです。夢中になって書き込みましたが、今後の感想も楽しみにしています。それではまたお邪魔させてください。
Commented by moonlight-yuca at 2014-02-10 19:21
♪momoさん、コメントありがとう~♪

>桃太郎侍
あはは、いつも鋭いご指摘に感激!

私には毛並みのいい大型犬に見えてしかたがありません。
じーっと、飼い主(雪舞)にかまってもらうまで見つめているという。

二番手の怪くん、どうなるんでしょうかね~
彼にこのドラマにハマれるかどうかかかっているような気がします。

こうやって考えると「ブーブー」は選り取り見取りの皇子たちで楽しかったです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-02-10 19:36
♪ naomamaさん、コメントありがとうございます♪

ごぶさたしております。お元気ですか?

「王家の紋章」・・・大好きなんですが、途中で挫折して(キャロルが懐妊したころかな)、今はどうなっているのか全く分からないんですけれども。
大好きでした。
ものすごく流行りましたよね~

筋立てはとても乙女心をくすぐる作りなので、「蘭陵王」も楽しみです。
どうやら、「蘭陵王」は「王家の紋章」、「BASARA」、「聖闘士星矢」(四爺や五爺の鎧の形がそっくり!)などを感じさせるドラマですよね。

雪舞が四爺と3話ではまだ登場していない、周の武帝との間を行ったり来たり~になるのかな、と想像しています。

CGがトンデモなのはご愛嬌です。

これからどうなるのかな~
私もとっても楽しみながら視聴しています。
Commented by パレアナ姉 at 2014-02-13 07:29 x
きゃ~!蘭陵王の記事アップ、ありがとうございます~(大歓喜)

うっかりBSを見逃してしまい(うかつすぎ)、DVDのレンタル順待ちという状態だったので、嬉しいです~!
噂どおりの「王家の紋章」、「BASARA」、「聖闘士星矢」展開なのですね。
それはもう、女子の夢がいっぱいに詰まってることでしょう^^楽しみだなぁ。

みなさまのコメントも楽しく拝見してます~。
メンフィスびいきなんですが~桃太郎侍…大型犬…期待が膨らみます。
むちむちなんだ…(妄想)
Commented by ピピ at 2014-02-14 18:10 x
王家の紋章、ありましたね~。
あれは、「黄金の姫」「ナイルの神の娘」でしたかね。キャロルへの美称が多すぎて、結局何がなんだかわからなくなっていました。いつも金髪がキラキラ光っている可憐な美貌+20世紀の知識で、そこら中の男をとりこにし、新しい男の登場人物が出てくるたび、彼女の賛美のキャッチコピーを読まされたような気がします(笑)。エジプトを手に入れられるとかいう話もあったのですか。
「助けて~メンフィス~」と「こんなの20世紀の知識では当然のことよ」が決めゼリフでしたよね。・・・・・・ところで、エジプトはどうなったんだろう(笑)

雪舞がどうなっていくのか、楽しみです。
Commented by naomama at 2014-02-16 14:46 x
yucaさん、こんにちは。

お返事ありがとうございます。王家の紋章は私も長いこと、読んでいません。もうここまできたら、最終巻が出版されてからで、いいかなと。

もう自分がどの辺りまで読んだか覚えてないのですが、昔々、年齢が一桁の頃読んだ時は、登場人物が古代エジプトのファラオだったりと刺激的でしたので、物語の初めの方が記憶に残っています。

30過ぎてから読んだ部分は、どうなったっけ~?という感じです。もう今はアラフォー半ば。

アルゴン王はキャラが濃かったので、なんとなく覚えています。水でお城が流されたりと大変なことになっていました。

BASARAにも似てますが、今のところ主役のお二人の出会いだけ似ているなと思いました。お馬さん連れて温泉で~~。この先も似ているところがあるのかな~。そんなことを考えるのも楽しみの一つ。

それではまた。





Commented by moonlight-yuca at 2014-02-16 21:45
♪パレアナ姉さん、コメントありがとう~♪

そうそう、むちむちです(爆)

「蘭陵王」面白いかな? 面白いとは思いますが、何しろ前に視聴したのが「ブーブー」ですものね。
比較をしながら視聴していると、いかに「ブーブー」が異色で面白かったのかがわかります。

「王家の紋章」ってメンフィスが俺様なのがいいじゃないですか。
(え、私だけかな?そう思っているの?)

四爺ってかなり、性格がいいんですよね。
そこがちとモノ足りん(爆)
もっと性格悪くなって~と思いながら視聴している私は、もはや「蘭陵王」の良い視聴者とは言えないかもしれない…(笑)


Commented by moonlight-yuca at 2014-02-16 21:49
♪ピピさん、コメントありがとうございます♪

>新しい男の登場人物が出てくるたび、彼女の賛美のキャッチコピーを読まされたような気がします
あはは、笑っちゃいます。
的確な鋭いコメントですよね~

雪舞はどうやら美人設定ではないらしく(笑)、そこがキャロルと違うかな?
今、四爺のお嫁様争いを視聴しているのですが、雪舞は平凡なお嬢さん設定みたいです(爆)


エジプト・・・本当に心配です。
騒乱が早く収まりますように。
Commented by moonlight-yuca at 2014-02-16 21:55
♪naomamaさん、コメントありがとうございます♪

>最終巻が出版されてからで、いいかなと
最終巻が私の生きているうちに出版されるかどうかも不安です(爆)
最初の方は面白かったのにね。
初めて「王家の紋章」に出逢った時は衝撃でした。
古臭い絵柄なのに、こんなにもドキドキするマンガがあるなんて、って。
夢中になって読んだのになぁ・・・(遠い目)


「BASARA」と似ているのは王室内の覇権争いってところもかしら?
一番の敵が実は身内だという。

「王家の紋章」は終わりそうにないけれども、「蘭陵王」はきちんと物語が終わるので安心して視聴できますよね。

Commented by ピピ at 2014-02-17 20:19 x
キャロルには、「伝説のナイルの女神ハピの娘」「エジプトの守り神」「神の叡智」というキャッチコピーもあった気がします。キャロルは古代アラブ世界で「お宝」扱いで、メンフィスの愛情に関しても無敵なんですけれども。
雪舞は身分が災いして、お妃選びは選もれでしょうか。

「蘭陵王」は「後宮の涙」の時代・登場人物(高家の人々)と重なっていますが、2つのドラマの雰囲気が全然違うので、ちょっと面白いです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-02-17 23:58
♪ピピさん、コメントありがとう~♪

>雪舞は身分が災いして、お妃選びは選もれでしょうか。
うふふ、もう少しで決着がつきますわ。
ネタバレは避けていますので、お楽しみを~

雪舞も「お宝」扱いですね、このドラマで。


>「後宮の涙」
おおお、私「後宮の涙」は視聴していないのですが、面白いですか?
「蘭陵王」ってものすご~い綺麗な着色料の甘いカップケーキみたいな感じがします(笑)

とにかく主役二人の愛情は揺るがない、という。

Commented at 2014-03-13 23:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-14 22:41
♪鍵コメさま、コメントありがとうございます♪

でしょ、でしょ。
あの鎧のカタチは聖闘士星矢でございます。
いたるところに日本の少女少年マンガの影響が見受けられますよね。

水の浄化に関しては、どうなのでしょうね。
はっきりとした描写はなかったのですが、雪舞の部屋にはたくさんの書物があったのでそれを読みあさっていたとか?
雪舞は爆弾を作ることに夢中になっていたことからもわかる様に、リケジョですよね。
だからそこら辺に興味があったのかもしれませんね。

しかし面白いことに世間に出てからはリケジョとしての才能よりも、身につかなかった医術の才能を買われていますね(笑)

白山村は、かなり技術の進んだ村かもしれません。
その技術を世に伝えることなく閉鎖的な暮らしを人々はしています。
かつて迫害されたから。
識字率もかなり高いのかもね。

そんなことを考えてみましたが、どうでしょうか?
Commented at 2014-03-14 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-15 19:27
♪鍵コメさま、いつもコメントありがとうございます♪

>気を悪くされたかなと思ったりしていました。
ええ、そんなことないですよっ!
毎回ありがたくコメントを拝読しておりますし、コメントにどうお返事しようかとグルグル考えるのが大好きなんです。

私の方こそ、ぶっきろぼうなコメントでいつもごめんなさいね、どうか遠慮なさらずに。

>意地悪三人娘さんが村の中心的な存在
ここが白山村の面白いところで、雪舞よりも三人娘の方がモテテいますよね。
もしかすると美醜の価値観も、私たちと逆転している村なのかもしれませんね。
そういう意味でも、情報操作などがされている村なのかも。
どうにかして天女の存在を隠そうと、知識も、美意識も、逆転させているのかもしれないと思っています。

この村のエピソードは、なんだか「ガリバー旅行記」を思い出したりしました。

私も、ドラマのことを色々考え過ぎて、もっと気楽に視聴すればいいのにと自分に突っ込んだりします(爆)
でも考えるのが楽しいのですよね~

ぜひご一緒に「蘭陵王」を楽しんでいきましょうね。よろしくお願いします。

line

blogお引越ししました。


by yuca
line