nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

星から来たあなた

a0192209_18552859.jpg
星から来たあなた You From Another Star 全21話 (2013-2014 韓国SBS)

■監督:チャン・テユ
■脚本:パク・ジウン
■キャスト:
チョン・ジヒョン(チョン・ソンイ)
キム・スヒョン(ト・ミンジュン)
パク・ヘジン(イ・フィギョン)
ユ・インナ(ユ・セミ)
シン・ソンロク(イ・ジェギョン)
キム・チャンワン(チャン・ヨンモク)


「星から来たあなた」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=87

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg




[PR]
by moonlight-yuca | 2014-02-28 22:10 | 星から来たあなた | Comments(14)
Commented by りむ at 2014-02-28 23:10 x
終わってしまいましたね。。。

二人の掛け合い大好きでした。

ミンジュンはこのままだとソンイがおばあちゃんになり、
一生を終えるのを見届けて
自分はまた一人で生きることになりそうですが、
それでも彼にとって世界はソンイを愛する前とは違うように見えるんでしょうね。

木皿泉の晩パン屋にでてくる竹月のエピソードを読んだら、ソンイとミンジュンの晩年を想像せずにはいられなくなってしまいました。

Yucaさんのブログはこのドラマを見初めてから知りましたが、
Yucaさんの考察が好きでした。まるでドラマの小説版を読んでいる気分でした。
Commented by ジェウニー at 2014-03-01 11:39 x
yucaさん、こんにちは。

私の感想も大体、同じです。何となく、最後は、もやもやが残り、完璧にハッピーとは思いがたいんです。あれこれ、??の部分やつっこみもあり。
 すごく良くできたドラマだなと思う反面、最後に、もっとコメディタッチを利かせて欲しかった気や、あまりに大人になってしまったソンイのもっと、某弱無人でわがままでミンジュンを尻にしくたくましいオンマみたいな姿も見たかったような・・・
ついついドラマostの予約をしてしまい、今は到着を待ってます。笑 もう一度、どっぷり浸りたくて。でも、届いた頃には、熱が、冷めてるかしら?
 
 
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-01 11:51
♪りむさん、コメントありがとう~♪

終わっちゃいました。
しばし虚脱状態。

>彼にとって世界はソンイを愛する前とは違うように見えるんでしょうね。
そうですね、それはそれでハッピーなんでしょうね。
モノクロの彼の世界が色彩にあふれているんでしょうね。

「ピョルクデ」のハッピーエンドはいつか互いを失ってしまうことを前提にしているので、どこかほろ苦いです。
永遠なんて意味がないとミンジュンは語っていましたが、最終回は時の流れの無情さなんかも感じました。

だからこそ今この瞬間を愛おしむのでしょうね。


>木皿泉の晩パン屋にでてくる竹月のエピソード
泣けるよね~ 
誰かを失っていくことに耐えるということが、人生なのかも。
出会った瞬間から別離は決まっているのです。


またりむさんとご一緒できるドラマがあればいいなぁ。
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-01 11:56
♪ ジェウニーさん、コメントありがとう~♪

>最後は、もやもやが残り、完璧にハッピーとは思いがたいんです
なんだか嬉しい。やりきれなさを感じているのは私だけ?と思っていたので。
巷の評判は割と、ハッピーで大満足、って感じだから、本当にそうなのかしら?と異議を唱えたくなりました。

>あまりに大人になってしまったソンイ
誰かを失うことが生きていくことなんだ、だからこの瞬間を愛おしむ、そんなことに気付いたソンイは大人になっちゃいましたね。
今までのように傍若無人ではいられない。
一期一会だもんね。

ソンイのハチャメチャぶりに振り回されるミンジュンが大好きでした。
もう2人に会えないと思うと、たまらなくさびしい。

OST、私も予約しました!
どの曲も素敵で、なのにちょっとしか劇中で使用されなくて、贅沢過ぎてもったいない。

また、ジェウニーさんとご一緒できるドラマがあればいいなぁ。
Commented by choco at 2014-03-02 09:55 x
yucaさん こんにちは
3ヶ月楽しませてもらい。
また、こちらのブログに寄らせて頂くきっかけともなり
とても印象深い作品になりました。  

私は大満足で見終わりましたが・・・じゃマイベストか・・となると
ちょっと、残念ながら かな。
中盤までは これきっとマイベスト1作品になるかも~と 
思ってたんですが
終盤の意地の張り合いやら よくあるラストに向けての整理整頓があっけないのが それまでの大盛り上げから 一気に下げた感がありました。
~ソンイのテンションにしたがって・・・かも~(笑)

しかし二人には 大拍手!!
この二人にしかできないミンジュンとソンイでした
この作品は、この二人につきます!
脇も皆良かったですけどね

これまでキムスヒョンという俳優に イマイチのれなかった私ですが
今回目覚めさせて貰えました。
もちろん、チョンジヒョンも再確認!です。
これからの二人を また見守りたいと思ってます。

そして
ファッションチェックといい、 この独特の語り口のyucaさん!
一番の収穫はこのブログだったかも~(^^♪
また他の作品やらで お邪魔したいと思ってます。
楽しませて頂いて ありがとうございました。
Commented at 2014-03-02 20:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-02 20:43
♪chocoさん、コメントありがとうございます♪


>中盤までは これきっとマイベスト1作品になるかも~と思ってたんですが
そうなんですよね。どこがどうとははっきり言えないし、毎回非常に楽しく面白いのに、後半何かが足りなかった。
間延びしちゃったような気がします。
毎回の韓国ドラマのお決まりのパターンですね、延長してドラマのテンションが微妙に下がるという(笑)

>この二人にしかできないミンジュンとソンイでした
「泥棒たち」のチョン・ジヒョンとキム・スヒョンが結構好きで、映画ではあまり登場シーンはなかったのですけれども。
その二人の延長線のような気がしていました、ソンイとミンジュンは。
映画での二人の淡い関係はうやむやで終わってしまったのですが、「ピョルクデ」で視聴できて大満足。

私も、「太陽抱月」では何にも感じなかったキム・スヒョン君でしたが彼の魅力に開眼しました。

>一番の収穫はこのブログだったかも~(^^♪
えええ、そんな嬉しいことを~
またchocoさんとごご一緒できるドラマがあればいいな。

これからもよろしく、です♪

Commented by moonlight-yuca at 2014-03-02 20:49
♪鍵コメさま、どもども~♪

真央ちゃんといい、森博嗣といい羨ましい~(笑)

彼の本は名古屋が舞台ですものね。
私も昔、彼の本を読みながら、名古屋の地図と照らし合わせたりしました。
結構プライヴェートなこともエッセイで書かれていたりするので、親近感がわきますよね。

そっか、いまは大邸宅か(笑)
すごい人気でしたもの、S&Mシリーズとか。


久留米は近いです。
車でぱぱっと行ける距離。広島なんですよ、私。
ふかほり邸良かったですよ。
温泉フェチでもあるのですが、今まで行ったところの中でもベスト3に入ります。
九州は大好きです。

Commented at 2014-03-08 06:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-08 18:53
♪鍵コメさま、コメントありがとうございます♪

もう、終わっちゃいましたよね。
今週は監督版エピローグで楽しめましたけれども、来週はもう彼らに逢えないんだと思うと、寂しい。

このドラマは、まるで破天荒なソンイのように突然私たちの前に現れて、あっという間に夢中にさせてくれて、散々切なくさせてくれました。

キム・スヒョンくんはインタビューで「サッドエンドを希望した」という意見もものすごくわかります。
サッドエンドは、何しろ視聴者の心を痛めますものね。廃人ドラマは全てサッドエンドですし。
サッドエンドだったら、韓国ドラマの四大廃人ドラマになったかもしれない「ピョルクデ」

でもハッピーエンドだけれども、よく考えればほろ苦くって、だからこそこの瞬間が愛おしい、なんて結末は、それはそれで余韻がありました。

そうですね、別れの挨拶は前もって。
ことわざで「to say good bye is to die a little」ってありますけれども、「ピョルクデ」にサヨナラを言うのは、まさにぽっかりと大きな穴を抱えた感じです。

また、別のドラマでぜひご一緒しましょうね。
鍵コメさまのおかげで、本当に楽しい「ピョルクデ」視聴になりました。
Commented by tama at 2014-04-09 08:00 x
yucaさん こんにちは♪ 

この週末に夢中になって視聴完了しました。
ミンジュンの、前半の振りまわされっぷり&後半の恋する気持ちを制御できない壊れっぷりと、一貫して「ソンイを守る男」っぷりのよさのギャップがたまりませんでした。

でも、皆さんのおっしゃる通り、あの不思議なエンディングを、どう受け止めればいいのか気持ちが追いついていない感じです。
あの設定では、ソンイが先に亡くなってしまうだろうし、そうなったらミンジュンはいったいどのくらい長くひとりで生きていくことになるのか・・・。愛する気持ちを知ったことで、強くもなるだろうけど余計に孤独を感じることもあるだろうし。
、この「ピョルクデ」の未来に暗い予感を残す不思議な余韻は、他のドラマでは味わったことがなく、逆に忘れがたい結末になりそうです。

yucaさん力作のファッションチェックも素晴らしかったです。
また別のよいドラマがあれば教えて下さい。yucaさんのオススメを順に観ていこうと思ってます。では~。
Commented by moonlight-yuca at 2014-04-09 21:37
♪tamaさん、コメントありがとう~♪

週末に一気視聴なんて、至福な時間でしたね!

>壊れっぷりと、一貫して「ソンイを守る男」っぷりのよさのギャップ
そうそう。
ミンジュンの妙にジジくさいところとか、本当にいやそう~にソンイのお願いを聞いてあげる所なんて、悶えちゃいますよね(笑)


>余計に孤独を感じることもあるだろうし
ですよね。
私このドラマを観終わった後、割と他のブログで「ハッピーエンドで大満足」なんて感想を見て、いや待て待て!と思いましたもの。

決して100%のハッピーエンドでないところが「ピョルクデ」の良さですよね。
どんな出逢いも、いずれは別れがやってくる。
永遠を生きているミンジュンだって、永遠に幸せではないんだ。
なんてね、考えてくると切なくって切なくってやりきれません。


>yucaさんのオススメを順に
きゃあ。「ピョルクデ」のように面白いよ~といえる作品もあれば、かなりマニアックなドラマも好きだという両極ですから、参考になるかどうか。

でも、またtamaさんとドラマの感想を語り合いたいです!
Commented by rei at 2015-01-08 00:55 x
yucaさん、こんばは!!
今さらながら、ピュルクデ制覇いたしました!
こんなに、一気にみたドラマって何年ぶりでしょうか。
yucaさんのブログを一個一個見終わったら読み、また見てを繰り返しましたよ^^
ありがとうございました!!、

私も皆さんと大体同じ感想を持ちました。
ロマコメで21話っていうのは、ほかのドラマでも「長すぎ」と、感じることが多いです。
これが、16・7話
くらいでまとめてくれたら、最高だったなーー
確かに、ファンタジーって難しいですね。
設定が分かりづらいんですね。どんなことができて、出来ないかとか。

ただ、これは結局、愛を知ったことで成長、、っていうのかな、、そこ描きたかったんだから、
まぁ、いいかと。ぶっちゃけ、ラストはどうでいいんです(笑)。
基本性格は一貫して変わらないソンイ(落ちぶれようが、スターだろうが)
まるで変わらないソンイが好きでした。
いまさらの虚脱状態です。
Commented by moonlight-yuca at 2015-01-08 23:01
♪reiさん、コメントありがとうございます♪

祝★「ピョルクデ」視聴終了!

一気視聴されたなんて至福な時間でしたね。
私は毎週きりきりしながら、放映を待っていましたもの。
1話延長は、ソンイやミンジュンに少しでも長く会える時間が増えるのでものすごくうれしい。
けれども反面物語のクオリティは冗長になっちゃいますよね。

>ぶっちゃけ、ラストはどうでいいんです(笑)。
あはは。それを言っちゃあおしまいです(爆)
ラブコメの終着点ってハッピーエンドであることは最初から分っていることです。(バッドエンドならばメロドラマになりますもの)
そういう意味でも「ピョルクデ」はラストはなんとなく想像がつきましたが、なにしろ中盤が切なかった~
凍った湖の上でミンジュンが時間を止めるシーンなんか、涙うるうるでしたもの。

>まるで変わらないソンイが好きでした。
うん。かわいい女性です。ミンジュンの振り回されぶりが、おかしくっておかしくって、愛おしかった。
彼女はどこまでもわが道を行くでしょうね。
愛すべきヒロインです。

>いまさらの虚脱状態です。
わかるわ~
しかも「ピョルクデ」を超えるようなラブコメはなかなかないしね。
素敵なドラマを視聴した後の、虚脱感ってさびしいですよね。
どうしても次の作品の鑑賞眼が厳しくなっちゃいます。

line

blogお引越ししました。


by yuca
line