nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

怒り思い憂いを秘めている・・・蘭陵王 32話まで

a0192209_20425657.png
華流ドラマ「蘭陵王」32話まで視聴。


第5章「亡国の新皇帝」というタイトルからして展開がわかる27~32話まで。
亡国の新皇帝と報国の武将のお話もでもあるはずなのですが。


鄭児がマジ怖い・・・
確か前回の感想では「やっていることは中国の後宮の歴史から考えると、全然お子様レベルだと思うのだけれども」なんて書いていますが、文字通り後宮に入るとモンスターに変化してしまいました。



あれ、このドラマ「蘭陵王」だよね?
血沸き、肉躍る、勇者たちの冒険譚だよね?
かつて見たことのないようなスペクタクルなファンタジー史劇だよね?


そんな私の期待とは裏腹に、ダークにダークに物語は展開していきます。
「蘭陵王」ではなく「鄭児」とタイトルをすればいいのじゃないかと思うくらい、鄭児が前面に登場していますね。
四爺の登場シーンは数えるくらいしかない(笑)

人間の心の奥底に潜む、報われなかった怨念が一番始末が悪い、って話ですね。





a0192209_20430572.png
a0192209_20431144.png
しかし、事態をここまで悪化させたのは雪舞と四爺の責任もあるのではないか。
太平の世を目指していたはずなのに、新婚ボケした(笑)2人は隠居生活にさっさと入ろうとしちゃうし。
互いの命が無事ならばいいのか。
圧政に苦しむ民衆に対しての責任はないのか?

理想ばかりを追い求めて、結局時代の流れを読みとろうとしない二人にイライラ。





a0192209_20430007.png
そんな私の、唯一の清涼剤はやっぱりこの方で。
一瞬でしたけれどもね、登場シーン。
ほんの2~3分の登場シーンでしたが、雪舞への恋慕、太平の世を目指すという理想を追い求める気概に満ちた皇帝の顔。
二つの顔を瞬時に見せてくれました。



「ブーブー」も同じ、権力争いのドラマではあったのですが、愛に関しては登場人物たちは真摯でした。
どんな時の流れに身を置こうとも、人間は自分がここに存在していたという、実感が欲しい、孤独でさびしい生き物なのです。
その実感は、あるいは野心を果たすことだったり、子供を産むことだったり、愛に身を焦がすことだったり、なんだっていいのだけれども、自分がここに存在する、という実感さえあれば、生きていけるものじゃないかしら。
だから、ルォシーは、最初から時代の表舞台に出ることが許されない存在だったのではあるが、自分が存在するという実感を味わいたくて、8皇子や4皇子と恋に落ち、13皇子とソウルメイトになり、14皇子と共犯者のような情愛を交わすのだ。
皇子たちから愛されると言うことが、彼女が、自分の存在を実感できる瞬間だったから。
そんなルォシーの愛憎も、時の流れにいつしか風化していき、残ったのは微かな記憶と、絵が1枚ということが、泣けて泣けて仕方がなかったです。

一方、「蘭陵王」では愛が人を愚かにし(新婚ボケの二人ね)、あるいは醜く変化する様子が描かれていて、思わず視聴している私も怒り思い憂いを抱いちゃうわよ。


鄭児はサロメのようでもあります。
手に入らなければ殺してしまおう。
その遺体は誰にも触れさせず、自分だけのモノにしてしまおう。
それが彼女の愛の成就なのです。


ですが、こんな狂愛のカタチはなかなかライトユーザーには受け入れられませんよね。




残り14話、ファンタジー史劇らしい至高の愛のカタチが視聴したいと思うのは、叶わぬ望みなのかしら。


web拍手 by FC2




[PR]
by moonlight-yuca | 2014-03-17 21:07 | 蘭陵王 | Comments(4)
Commented by あおた at 2014-03-17 23:55 x
yuca さん、こんばんわ♪

私も蘭陵王見てます!
イマイチ萌えどころがなくて、低体温で視聴を続けているのが寂しいと思う今日この頃です(泣) ドハマりする予定だったので肩すかしくらった気分です(苦笑)

とにかく、蘭陵王さんに説得力が感じられないのが辛い(´_`。)
主役周りに魅力を感じられないぶん、鄭児さんを考察するぐらいしか楽しみがないなーというのが現状です。

ただファンタジー古装劇にはくすぐったいぐらいの、愛の物語を望んでいるので、この手のドラマで悪女考察に走るのも、寂しいなーと。


残り数話で、心揺さぶられるようなパートがあるといいなーと心から望んでいるのですが……そうじゃないと、このドラマは私にとって鄭児さん主役のドラマとして記憶に残りそうです(苦笑)
Commented at 2014-03-18 11:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by moonlight-yuca at 2014-03-19 22:16
♪あおたさん、コメントありがとうございます♪

>イマイチ萌えどころがなくて
そうそう、私もドハマリする予定だったのに・・・
前評判はなかなか良かったような気がしたのですが。

ここ最近の鄭児の活躍ぶりがすごくって。
がっつり鄭児を考察したくって困っています(笑)

雪舞と四爺が育てたようなものですよね、モンスターを。
そのことに自省しない2人にいらっとします。
もちろん鄭児に素養があったのでしょうが、どん底に墜ちながらも愛を求めてやまない彼女は愛おしい。

しかしこのドラマに少女マンガ的なトキメキを求めていらっしゃる層には、鄭児は理解しがたいキャラクターかもね。

あおたさんが鄭児押し(?)なので、私も非常にウレシイです。
同志よ!(笑)

Commented by moonlight-yuca at 2014-03-22 20:53
♪鍵コメさま、コメントありがとうございます♪

>二人はこのドラマの光と影のような印象を受けました。
おっしゃる通りですね。

雪舞と鄭児、四爺とう宇文YO(笑)は対比となっているのかもしれませんね。
雪舞が輝けば輝くほど、鄭児の闇が濃くなっていくさまが悲しい。
32話前後の彼女はまさにドロドロ劇の主人公です。

もともとは夢見がちな乙女だったのに、片想いが成就するかもしれないという一歩手前でどん底に墜ちた彼女には、もう何も残っていなかったんですね。
家族も、友人も、地位もすべてをなくしてしまって。

ただ一つ残ったのが愛だったのです。
その愛が醜く変化していくさまが圧巻です。

>鄭児にはもう誰もかなわないと実感しています。
モンスターですよ。


本当に、このドラマでこういうドロドロ系を見るとは思わなかったので、かなりへろへろです・・・
line

blogお引越ししました。


by yuca
line