nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち

a0192209_07062182.jpg
王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち
The Heirs: He Who Wears the Crown, Endure Its Weight 全20話  ( 2013年 韓国SBS)


■監督:カン・シンヒョ、ブ・ソンチョル
■脚本:キム・ウンスク
■キャスト:
イ・ミンホ (キム・タン)
パク・シネ(チャ・ウンサン)
チェ・ジニョク(キム・ウォン)
キム・ウビン(チェ・ヨンド)
カン・ミンヒョク(ユン・チャニョン)
パク・ヒョンシク(チョ・ミョンス)
カン・ハヌル(イ・ヒョシン)
クリスタル(イ・ボナ)
キム・ジウォン(ユ・ラヘル)


【あらすじ】

帝国グループの御曹司で眉目秀麗、何不自由ない環境かに見えるキム・タン(イ・ミンホ)は、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学、空虚な日々を送っていた。一方、口のきけない母を持ち、幼い頃から苦労し通しだったウンサン(パク・シネ)はアメリカに渡った姉を頼り、二度と韓国には帰らないつもりでアメリカへやってきた。だが姉の現実を知って失望し居場所をなくしてしまう。途方にくれるウンサンと出会ったタンは、自分の家に招くことに。つかの間、心を通じ合わせる2人。だがタンにラヘルという婚約者がいることを知り、ウンサンは「短い夢を見た」と韓国へ帰っていく。そんな中、兄に疎まれ、2人の母に挟まれ、それに甘んじる父との葛藤に立ち向かうべく、3年振りの帰国を決意するタン。
彼が戻る名門私立高校はその名も「帝国高校」。学校内には大きく4つの階級が存在する。いずれは会社を相続する真の財閥2世、3世集団の「経営相続者集団」、経営権争いでは外されたが生まれたその瞬間から多くの株を所有している「株相続者集団」、お金より名誉を大事にする法曹界、医学界、学者、政治家の2世、3世集団の「名誉相続者集団」、そして世間の評価を気にして仕方なく入学させた経済的な面以外の様々な理由でもこの学校には相応しくない「社会配慮者集団」。この厳しい格差の中で生き延びなければならないウンサン。そして再び、タンとウンサンは運命の再会を果たし、それぞれの人生が動き始める…! !


a0192209_21583941.jpg


昨年の秋ぐらいからぼつぼつと見はじめて、やっと視聴完了しました(笑)
面白いわけでもないし、面白くないわけでもない。
リアルで追っかけるほどはまったわけでもないし、リタイアするほどでもない。
なんともまあ、私にとって不思議なドラマです。


ところどころ胸をつかまれそうになりながらも、はまらなかったのは、どこかデジャヴュがあるから。
あらここは「シークレット・ガーデン」ねとか、ここは「ゴシップガール」ねとか、ここは「花より男子」ねとか。
綺羅星の若手スターたちが出演する割には、散漫な印象を与えちゃいます。
キム・ウンスクは群像劇は実は苦手じゃないのかしら?
前作「紳士の品格」でも、とりちらかった印象がありました。
二人だけの世界を描くのは非常に上手な作家さんだと思いますが・・・






a0192209_06371363.jpg
御曹司と貧乏な女の子という設定は、キム・ウンスクがお得意のカテゴリーであるにもかかわらず、「シークレット・ガーデン」の焼き直しのように感じちゃったのが、やっぱりはまらなかった最大の理由です。
ウンサンとタンの別離の理由がいまひとつピンとこなかったし、別離の解決がうやむやなうち、なし崩し的に仲直りするのには苦笑い~
ハイティーンだから、若さのままに突っ走るしかないものね。
そういう意味では大人の分別を持ってしまった、ウォンの恋愛模様のほうが切ないよね~


タンがウンサンを好きになった理由がわからない、と書きましたが、姉に疎んじられるウンサンと自分を重ねてみたんでしょうね。
だからウンサンを観るとシンパシーを抱き、それを恋だと思ったわけです。
彼の複雑な家庭環境のせいで、常に周囲の人を慮り、自己主張ができず流されるままにアメリカで生きてきたタン。
「お前のことが好きなのか?」とか「どうしたらいいんだろう?」と常に問いかけでしか自分の気持ちをあらわすことが許されなかったタンが、自分の欲しいもの、手に入れたいもののために自己主張をはっきりとできるようになった成長物語でもあります。






a0192209_06492600.jpg

ハイティーンとは常に古い自分を脱ぎ捨てて、新たな自分へと走っていく世代でもあります。
地面に描かれる人型は、古い自分への決別の意味でしょう。







a0192209_06495167.jpg
「相続者たち」で魅力的だったのはウリヨンド演じるキム・ウビン。
彼のウンサンに対する執着は、去っていった母への代替のようでもありました。
ウンサンとククスを食べて初恋を終わらす、なんて綺麗な構成ですよね。
ウンサンを失ってしまったけれども、母と再会できて、人の痛みを知る。
おろかで傲慢だった過去の自分を脱ぎ捨てて、新たな自分を見出したヨンドの成長物語でしたね。


なんだかんだ文句を言いながらも見続けたのは、やっぱり役者さんがきらきら輝いていたから、かな。
こっそりご贔屓のカン・ハヌルも堪能しました。
が、歌わないカン・ハヌルの使い方はどこかもったいない~!
カン・ハヌルは高校生の役が続きますが、「相続者たち」よりは「エンジェル・アイズ」、そして「モンスター」のソヌ役がピカイチですね053.gif






■ 身もだえポイント やっぱりウォン! ■
a0192209_06501070.jpg
「相続者たち」を通して、ずっとウォンのタンを見るときのあきれるような、理解不能な生き物を見るような、そんなまなざしに身もだえていました。
最終話でタンの成績問題のエピソードの伏線がきれいに拾い上げられていて、感動。
あの時の、ウォンの絶句した顔とまなざしが忘れられません(笑)


彼は政略結婚をするのだけれども、意外にワン・ジウォン(「ロマンスが必要3」にも出演してたよね!)演じるあのサバサバした財閥の娘に対してもあの「理解不能だこいつ」、といったまなざしを向けるのじゃないかと、勝手にときめいています。
ウォンはきっとこのドラマにおいて一番の苦労人だから、財閥の親族や嫁や部下に振り回されながら生きていくのでしょう(笑)
「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ」とはウォンのことを代言しているのじゃないかしらん。



★★★



web拍手 by FC2


[PR]
by moonlight-yuca | 2014-07-15 07:08 | 相続者たち | Comments(4)
Commented by choco at 2014-07-16 12:43 x
yucaさん こんにちは
ご完走、おめでとうございますw
気の重たい宿題 片付けた感ですかね~w

前にも書きましたが、私も同じく 主役二人が全然~でした。
でも、見ているうちに
其の周りが すごく輝いていて 面白く最後までみました。
言うまでもない キムウビン!
バカップル、あのラヘルすら後半味わいがありました。
モチロン カンハヌルもね~~~(彼のエピももっと見たかったです!)
大人たち、そして、ウォン!yucaさんも仰っていたけど 王冠の重さに一番耐えたのは彼ですよね!
主役以外が本当に 良い味出してました。

これが中国で 爆発的にヒットしたのは イミンホ人気でしょうかね
なかなかおもしろかったけど、特別では なかったように思いました。
やっぱり、主役にずっぽり溺れたい私です。ww

成り行きで 野王 見てます。
Commented by moonlight-yuca at 2014-07-16 18:51
♪ chocoさん、コメントありがとう~♪

>成り行きで 野王 見てます。
最後の一文で思いっきり吹き出しました(笑)
どうゆう成り行きなのか、気になります。そしてなぜに「野王」?(爆)

>気の重たい宿題 片付けた感ですかね~w
すっきりしました!と言いたいところですが、最近「奇皇后」が重い宿題になりつつある~(笑)

「相続者たち」も決して面白くない、と断言するほどではないけれども、微妙な感じでしたよね。
>其の周りが すごく輝いていて 面白く最後までみました。
そうそう!
周囲の方が面白いよね!
ラヘルとヨンドの兄妹関係とか、チャニョンとボナのバカップル具合とか、笑わせてもらいました。
タンの成績問題のウォンの反応も大好き!
彼らがいたから、20話視聴できたんですよね。

>なかなかおもしろかったけど、特別では なかったように思いました。
この一言につきますよね。


私は、これから「奇皇后」という宿題をとっとと片づけて、新たなドラマに出逢いたいです!(笑)
Commented by choco at 2014-07-18 10:26 x
yucaさん こんにちは

日々の中の 一瞬のガス抜きになれたようで よかったです。w
野王 たいした成り行きでもないんですが・・
友人が先に見ていて面白い~と、で、
私は TVで放送されたら見るわぁ~とか 言ってたら
たまたま、字幕つき動画を 見つけたので まぁみるか~
となっただけで・・・ドラマチックな成り行きでもなく、ごめんなさい。

男優陣には 正直魅力ないんですが スエさんがまるで、心がない上昇志向のみで生きていく女で・・・どうにも この女の破滅を見たい気にさせられ、まんまと製作意向にのせられてます。
スエさんって 男受けして 女受け悪そうな所も まさにハマり役ですね。
「秘密」の設定のように 尽くしてくれた人を捨て 登り詰めようとする女ですが、ペスピンのような心の葛藤は まるで描かれなく ただただ、上だけ見ていて、生きてるのに死んだような女です・・・
あと少しなので見てしまいますわ 笑

奇皇后 NHKで放送みたいだから それ待って見ます~~
yucaさんのブログ記事を また参考にさせていただきますね~
Commented by moonlight-yuca at 2014-07-19 23:55
♪chocoさん、コメントありがとう~♪

>スエさんって 男受けして 女受け悪そうな所
うふふ、私もスエの魅力がよくわかりません。
人気ありますよね、彼女。
ちょっと幸薄そうな(失礼ですね・笑)感じがいいのでしょうか?

>生きてるのに死んだような女
あ、すごく的確な表現ですね。
なんだか興味が湧いてきます、「野王」
一応録画はしていたのですが、そのままスルーしちゃったのですよね。
「千日の約束」もスルーしているし、スエは嫌いではないのですが彼女のセレクトするドラマはあまり得意じゃないなぁ。

「秘密」は良かったですよね~


>奇皇后 NHKで放送みたいだから
NHKなので週1話放送かもしれませんね。
タファン派だったのですが、最近あまりにもワン・ユが不憫しぎて、ワン・ユ派に流れそうになる私です。
タルタル(名前がカワユイ)を演じている、チン・イハンがいいですよ~

line

blogお引越ししました。


by yuca
line