nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

グリザベラ

a0192209_1702593.jpg


韓国ドラマ「ファントム」→「オペラ座の怪人」つながりで、アンドリュー・ロイド=ウェバーの「キャッツ」を観劇。

何度観ても、

♪お願い 私にさわって
私を抱いて 光とともに
わかるわ 幸せの姿が
ほら見て 明日が♪

では滂沱の涙。

いつも思うけれども、グリザベラという猫はドストエフスキイの描いたソーニャみたいな魂の持ち主なんじゃないかと。
世界の不条理を自分だけで背負って、どこまでも下降していく。

そして「俗」=娼婦な存在が、実は一番「聖」=選ばれる猫に近いのだという逆転が、泣かせるんだよな。
[PR]
by moonlight-yuca | 2013-02-02 20:22 | ■うたかたの日々■ | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line