nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

お前の目に俺が映っている。恋におちている・・・アイアンマン 3話まで

a0192209_21551446.jpg
韓国ドラマ「アイアンマン」3話まで視聴。




最近、韓国ドラマ視聴が絶不調なのはDVDレンタル手法にいらついてる(詳しくはこちら)と同時に、この「アイアンマン」のせいかもしれない。
視聴率が5~6%台と大苦戦しているこのドラマ、その理由が分かるような気がする。
面白いとか、面白くないという物語の展開以前の前に、暴力描写に視聴していて非常に苦痛だったから。
そのせいかもしれないけれども、あまり「アイアンマン」について感想を書かれている方も見かけないなぁ。
ハマっている人とリタイアした人とはっきり二分されている印象です。



ざっくりとあらすじ・概要を抜粋してみると。

「アイアンマン」は傷だらけの心のせいで体に刀が生える男と、彼の心の傷を癒してあげる温かい心の女性との恋愛を描く。
「ピアノ」「春の日」「シンデレラのお姉さん」を手がけたキム・ギュワン脚本家と「赤道の男」のキム・ヨンスプロデューサー、キム・ジョンヨンプロデューサーがタッグを組んだ。




a0192209_21551416.png
まずここで、体から刀が生えるってどういうことよ!と、納得がいかない方は「アイアンマン」視聴は無理です。
でもほら、「シザーハンズ」なんてものすごく素敵なファンタジーロマンスの映画があったじゃないですか。
そんな感じです。「アイアンマン」はファンタジーなので、リアルを求めてはいけない。
体から刀・・・というだけで、この物語はヤマアラシのジレンマの物語であるのだろうと象像はつきます。
ヤマアラシの場合、相手に自分の温もりを伝えたいと思っても身を寄せれば寄せるほど体中のとげでお互いを傷つけてしまうという切ないエピソード。


脚本が「ピアノ」(号泣!)「シンオンニ」のキム・ギュワンの新作ということで非常に、非常に楽しみにしていたんです。
その抒情的とも言えるセリフ回し、そこに「赤道の男」のキム・ヨンス監督が加わって映像美もそりゃあ、ロマンチック。
体から刀が生えるという突飛なエピソードも、気にならないように見せてしまう力技。




a0192209_21551467.jpg
主人公チュ・ホンビン(イ・ドンウク)が恋人キム・テヒ(ハン・ウンジョン)と語らうシーンなんて夢のよう。

「お前の目、まん丸だな」
「あなたの目も、まん丸」
「お前の目に、俺が映っている」
「あなたの目にも私が映っている」
「どう見える?」
「恋に落ちている」


いやあ、本当にリリカルで素敵です、この脚本。
他にも自分の中にある怒りの種を小さくする魔法の呪文とか、セリフは非常に練られているんだろうなぁ。



韓国特有のコントロールフリークなホンビンの父親を演じるのはキム・ガプス。
キム・ガプスは前作「恋愛じゃなくて結婚」では世間体を気にする自分勝手な気弱な父親を演じていたのに、「アイアンマン」では180度違う冷徹な父親を演じています。
そういえば他に、イ・ミスクがホンビンの家の家政婦を演じているのだけれども、キム・ガプス&イ・ミスクは「シンオンニ」でも共演していたわよね。




a0192209_21551308.jpg
何よりもいいのは、ホンビンの秘書を演じるハン・ジョンス。
3話までのところホンビンの秘密を唯一知っている人物で、文字通り満身創痍になりながらホンビンの秘密を守ろうとする。
主従愛にうっとりです。
悲劇的になりそうな展開を、コ秘書の存在が喰いとめてくれているよね。
コ秘書は必見です!





a0192209_21551474.png
しかしですよ、このドラマを見ていて何が苦痛かと言うと、ホンビンが怒りに我を忘れるとアイアンマンになってしまうという設定が苦痛。
とにかくファーストシーンから、ホンビンは訳の分らぬ怒りに突き動かされている。
他人を蹴ったり、殴ったり、言葉で傷つけたり。ありとあらゆる方法で自分の怒りを画面いっぱいにぶちまけていて。
これが観ていて、つらい。暗澹たる気持ちになってくる。
脚本が狙っているところはわかるんです。
前半、嫌なやつであればある程、おそらく愛を知ったホンビンの変化に視聴者は感動していくんだろう、という狙い。
人とのコミュニケーションを怒りという形でしか取れないホンビンの姿を見るのはつらいし、しんどい。
低視聴率の原因はここでしょう。
好き好んでドラマを視聴していて、ダークな感情になりたくないですから。


そして、去ってしまった恋人テヒとの間に残された子供チャンに対しても、怒鳴るという形でしかコミュニケーションが取れないホンビンを見ているのはきついんだよな。
ホンビンの心の中に大きな欠落があるのは分かります。
それはテヒが去ってしまったからなのか、あるいは父親との確執の中で生じたものなのか。
でもね、人間誰しも、大きな欠落を抱いて生きているんです。ホンビンだけではないのよね。
ホンビンが怒りという形でしか、世界と関われないということが、どうにも納得がいかないんです、私。



図体だけはでかい子供と言えばそうなのかもしれないけれども。



この「アイアンマン」はチャンいう子供とホンビンの親子関係の構築の物語でもあり、内面は子供のホンビンが愛によって成長する物語でもある。
要するに子供が二人いるんだよね、ドラマの中で。






a0192209_21551428.png
ヒロインのソン・セドンを演じるシン・セギョン。
私、どうもシン・セギョンには死神のイメージが強くって(笑)
「明日に向かってハイキック」以降、彼女の出演するドラマ・映画の相手役はほとんど死んでいるという(爆)
そんな彼女が、今作、心優しき女性となって、怒りでしか世界とつながれない男ホンドンを癒していく・・・らしいのですが、本当かなと疑ってしまっています。
ホンビンは死んじゃうのじゃないかしらと不安・・・
シン・セギョン自身、きりりとした雰囲気を持っていて、どこか愛に対して冷めた雰囲気があるんだもの。







a0192209_21551439.jpg
イ・ドンウクって役者さんも私の中では仕事にも、恋愛にも、さらに言うならば、まるで生きていることにすら興味が持てないただ時間とお金を持て余しているアンニュイな印象を抱いているんです。
だからそんな彼が怒りの演技をしているというところが、かなり無理無理感を感じちゃってしまっています。
イ・ドンウクとシン・セギョンのカップルとしてのケミストリーは今後生じるのかしら?







a0192209_21551423.png
セドンが率いるゲーム制作者たちの男の子たちも、カワユイけれども、まだまだ物語の中で活きてきていないというか、有象無象の扱いです。
誰がどれだが把握できないな~
なんとか3話まで視聴しましたが、今後視聴できるのか、リタイアしてしまうのか。
そもそも何故、タイトルが「アイアンマン」なのか。
まだまだ未知数なドラマです。



web拍手 by FC2



[PR]
by moonlight-yuca | 2014-09-29 23:21 | アイアンマン | Comments(6)
Commented by haeun at 2014-09-30 17:40
こんにちは、yucaさん。
このドラマシン・セギョンさんがダメで見てないんです。ファンタジーは別に大丈夫なのになぁ。

関係ないですけど、拍手ボタンを押したら、血塗られたピダム君が出てきてびっくりしました。なんだこのホラーな拍手は、と最初分らなくて(笑)
Commented by moonlight-yuca at 2014-10-01 06:56
♪はうんさん、おはようございます♪

>シン・セギョンさんがダメで見てないんです
わかります。彼女、今一つしっくりきていない感じがします。
う~ん、面白いのかどうなのかいまだにわからないドラマ。
イ・ドウンウクが怒鳴り散らかすたびに、なんとも言えない、いや~な気分になっています。


>なんだこのホラーな拍手
あははは、笑った~
確かにホラーだ!
そんなこと考えずに、拍手ページを作ったのですが、いきなりピダムが登場したらホラーですね(爆)
Commented by FANです。 at 2014-10-05 08:50 x
今日も、お邪魔いたします。
台風のせいで、雨の日曜日、そして、番組改編でTVが、全くつまらない日曜日。
恐らく、ユカさんは、本棚に籠られるのでしょう・・。

と、いうことで、まだ見ていないのこちらのドラマに失礼します。

このヒロインの、男が愛する時、だったかな?という、ドラマで。
この子に、そこまで投資、違う、尽くすのだろうか・・、魅力が解らないと、3、4回見て、リタイアしました。

が、つい先日、青い塩、という映画が配信されて見たのですが、

このヒロイン女優の、こ憎たらしさが、オジさん相手に開花してまして。
ま、相手役のオジさんが何とも言えない包容力を醸し出す人で(ハンサムではない)、だからなのかな?

ドラマでは今一つで、映画だと光る人って、居ますよね。

早く、ユカさんが視聴されてるドラマが放送されないかなあ・・、と指をくわえているのでした。
あ、王になった男、も見ました。ビョンホン様のご身辺がどうあれ、やはり演技は、頭ひとつ抜きでてますね。魅力的でした。
Commented by moonlight-yuca at 2014-10-05 19:01
♪FANさん、こんばんは~♪

台風大丈夫ですか?
こんな日曜日は本を読むに限りますね。おっしゃる通りです。

「青い塩」私も、観ました。映像がきれいですよね~
「塩」とは、人間にとって必要な物質であるけれども、過剰に摂取すると危険、という監督の意味が込められているらしいです。
劇中ではドゥホンとセビンは料理に塩を過剰にふりかけていく様子が描かれているのだけれども、(味覚障害?)それは彼らの未来が暗示されているのかしら。
過剰に塩を摂取していくドゥホンに塩の銃弾を撃ち込むってことは・・・「死」ってことじゃないのかしら。
助けたくって塩の銃弾にしたのに、却ってそれが致命傷になった・・・
ラストの南の島での、ユートピア描写は、きっと死にゆく2人が見た、希った、一瞬の幻想なのね。

と思ったのに、ラストがハッピーエンドだと思われる方が多くて、びっくりしました。
まあ、「愛にはいろいろな色がある」と、ドゥホンが語ったように、結末にもいろいろ解釈があるのでしょうが、私のように幻想だと思った視聴者は、少ないのかなぁ・・・
この映画で一番びっくりしたのは、自分の解釈と巷の解釈が、微妙にずれていることかなぁ(笑)
Commented by FANです。 at 2014-10-05 20:01 x
台風も、地熱の急変化も、全く関係ないことに感謝しつつ。
ユカさんも、つつがなく過ごされてますように。

いつも、ご返信、本当にホントにありがとうございます。
なかなかに、拾いものの映画でした。で、

いやいやいや、あれは紛れもなく、幻想の果ての桃源郷でしょう。
あちらのヤクザさん事情が、あんなにサラッと解決するなんてありえません、でしょう、多分。
と、実社会の辛酸を斜め読みしている私には、あのラストの甘さこそ、
ケツの青い、塩、と言いたいのかな、と、思っています。

勿論、あちらのお国は、ケツが青い≒青臭い、
というニュアンスを含む言葉は無い筈ですので、そういう解釈は求めてないと思うのですが。

意味を深追いしてね、と、仰りたい監督さんの意気込みには、エールを贈っとこうかな・・。(日本映画には、無駄な投資をしている負け惜しみです)

でも、ハッピーエンドで見直してみたいな、と思うくらい、
主役さんのヒロインを愛おしむ姿は、いじらしくて素敵でした。
私も、ナンたらフラペチーノを買ってみようかな・・。あ、間違いました、
御馳走して貰わないと、激アマは堪能できませんね。

無理だ・・・。




Commented by moonlight-yuca at 2014-10-06 07:17
♪FANさん、台風大丈夫ですか~♪

凄い風で目が覚めた朝です。

>あれは紛れもなく、幻想の果ての桃源郷でしょう。
ですよね。
どうしてあれがハッピーエンドと思われているのかが不思議です。
韓国映画は時として幻想で終わることが多いので、映像をうのみにしちゃいけませんよね。

シン・セギョンは、私の中では「死神」なんです。
共演する相手役は必ず死んでしまうという。
ちょっと冷めた感じが好きなんですけれどもね。
そんな彼女が、ファンタジーロマンスのヒロインということ自体、どうにも落ち着きません。
いつ相手役が死ぬのだろうかと、ドキドキしながら視聴している「アイアンマン」
すでにファンタジーロマンスではなく、スリラーになっています(笑)

line

blogお引越ししました。


by yuca
line