nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

このドラマと語り、この人生を想う・・・2014

a0192209_20490951.jpg

訪問して下さった皆様、拍手を下さった皆様、コメントを下さった皆様、本当にありがとうございます。



********************


ブログを始めて4年目が終わろうとしています。
毎年1年の総括を書く「このドラマと語り、この人生を想う」の記事は私にとってとても大好きなシリーズです。
この1年でどんなドラマに出会い、どんな愛のカタチに心惹かれたのかを確かめるために。
1年が終わったなぁという感慨と、このブログを何とか書き続けてこれた充足感と、来年出逢えるドラマたちへの期待に満ちた記事だと思うから。
2014年は正直あまりドラマの視聴が進まなかった年でもあります。
視聴したドラマのほとんどが評価が高いのは、逆を言えば面白くないと感じたらすぐリタイアするようになったからでしょうね。


やっぱり私はドラマの中で、自分の存在する意味を世界に問いかけている登場人物が好きです。
ドラマの感想を読み返すと、馬鹿の一つ覚えみたいに「愛によって生きている意味を知る」ということばかり繰り返し書いています。
そういうドラマを求めているし、視聴するドラマからはそういうテーマばかりを見出そうとします。
そして、来年もきっと愛を求めてさまようのでしょう、ドラマの中を。
こんな偏った開店休業中のようなブログですが、ご縁がありましたらお立ち寄りくださいませ。
あなたと色々な愛のカタチについてお話しできることは、私の喜びです。


皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。


yuca拝


web拍手 by FC2



■ 2014年度下期視聴ドラマ ■

a0192209_21484428.png

 ハートレスシティ 無情都市 ★★★★★

自由の代償にやすらぎや憩いを捨て、自分の足元に絶望と孤独の深淵が口を開けているのを十分に知っている男たちの物語。どこまでも闇に堕ちていきそうになりながらも、踏みとどまっている男たちの物語。
時折シヒョンのその顔に、光がさす映像は、果てしなく闇に沈みながら、それでもその心は光を求めている彼の心情を表しているのか。「この街を手に入れよう」と甘く優しく囁きながら、そのことに何の意味も見出していない男。優しさと残酷さが紙一重のところで重なり合っている、そんな男。
そんな男に出逢ってしまったら、恋に堕ちるしかないのかもしれません。






a0192209_21484435.png

 相続者たち ★★★

「お前のことが好きなのか?」とか「どうしたらいいんだろう?」と常に問いかけでしか自分の気持ちをあらわすことが許されなかったタンが、自分の欲しいもの、手に入れたいもののために自己主張をはっきりとできるようになった成長物語でもあります。ハイティーンとは常に古い自分を脱ぎ捨てて、新たな自分へと走っていく世代でもあります。
地面に描かれる人型は、古い自分への決別の意味でしょう。
視聴していて面白いわけでもないし、面白くないわけでもない。リアルで追っかけるほどはまったわけでもないし、リタイアするほどでもない。
なんともまあ、私にとって不思議なドラマです。






a0192209_21484405.png

 MOZU Season2  ~幻の翼~ ★★★★

ものすごい映像美、重厚な音楽、キャストの熱演、細部まで神経が行きとどいたクオリティの高さ、TVサイズで視聴するのがもったいのような、贅沢ないぶし銀のようなドラマです。
S1から引き続いた謎が解決されたかというと、そうでもなく真実は曖昧糢糊な闇の中に沈んでいきました。しかし、最初からこのドラマのキャッチコピーが「真実が最初の犠牲者だ」と言っていましたものね。ドラマタイトルの「MOZU」とは、殺人衝動のことを表しているのかもしれないし、いけにえになった数々の真実のことを表しているのかもしれない。東の凄いチャオは必見。







a0192209_21484423.png

 奇皇后 ★★★

後宮で成り上がるためには「愛」という武器を持って成り上がるのですが、スンニャンは「知恵や策略」を使って成り上がっていきました。
決して「愛」を切り売りしない女でした。
あの時代後宮にいて「愛」を切り売りしない女は異色だったでしょうね。
愛にのめり込む男と愛を信じない女の恋愛は、どれだけ時を重ねても愛はすれ違うしかないと思います。
相性が悪いのに惹かれてあってしまう、ってところが愛の不思議さなんですけれども。







a0192209_21484476.png

 恋愛じゃなくて結婚 ★★★★★

「恋愛じゃなくて結婚」、サイコー!
恋愛するためには、誰かによりかからずに、自分の足でしっかり立たなくてはいけないと思う。恋愛にすがるだけでは、幸せにならないのです。自己を確立しないと恋愛は出来ないんです。
このドラマにおいて実はこっそり「女性の自立」というテーマもあって、深いなぁ。ライトなラブコメの物語を深く掘れば掘るほど、深遠なテーマも見えてきて、こういうところが「恋愛じゃなくて結婚」が大好きな理由の一つです。
上辺だけの恋愛を描いているんじゃないところが、好き。コン・ギテを演じたヨン・ウジン、サイコー!です。






a0192209_21484462.png

 ゴハン行こうよ ★★★★

食べることと恋をすることは、人間の基本的な欲望です。ク・デヨン(ユン・ドゥジュン)が優しすぎて罪作りな男すぎる~!!物腰が柔らかく、誰の懐にでもするっと入ってしまうような屈託のなさと、それでいてべたべたせずにいる距離感がものすごく上手。困っているときは必ず助けてくれるくせに、決して恩着せがましくなく、人は自分ひとりの力で立ち直るしかないというどこか冷めた諦観も持っていて。何よりも、無意識のスキンシップがうまい!
相手のガードをくぐって、ふっと優しくなるク・デヨンにメロメロになる女子の気持ちがわかる!







a0192209_21484452.png

 帝王の娘スベクヒャン ★★★★★

本当によくできたウェルメイドなドラマ。親子の情愛とは何かを考えさせてくれる。本当の名前が自分を表すのではなく、偽りの名前でもその名前で生きてきた軌跡がその人の存在の意味なんだ、みたいなことをつらつらと考えていました。
その人がその人らしく生きていけるような、そんな世の中がスベクヒャンの開花と共にやってくる。
過去を否定し自分の立場を取り戻すのではなく、自分が生きてきた道のりをしっかりと肯定し受け入れていく方がはるかに幸せなんだということを教えてくれる。孤独な人たちが寄りそい織りなす物語に、私は果てしなく魅了されました。






a0192209_21484451.png

 悪貨 ★★

原作が悪いのか、脚本家が悪いのか、それとも主演の二人の相性が悪いのか、なんともいわく言い難い視聴感だけが残りました。豪華キャストを持ってきて、このドラマの出来はもったいないなぁ。キャストと映像に力を入れ過ぎて脚本が追いつかない感じがします。
しかしドラマ視聴が絶不調な私にとってリハビリ的な意味で視聴。ミッチーの演じる野々宮は、冷徹ににっこり笑って見せる笑顔の端々から、今にもこぼれおちそうな、誰かに助けを求めているような、そんな痛々しさがあふれ出ていました。









■ ゲンザイ視聴中 ■

a0192209_21465883.png

 ミセン 17話まで


「たがが仕事、されど仕事」登場人物のせりふなのですが、仕事を通して自分の存在を見つめなおすことができる。自分はどう世界と関わって行きたいのか、それによりどう夢をかなえていくのか、達成感を味わうのか。そんな直球なテーマが、なんともじんわりやんわり心に響いてきて、心地いいんです。胸が熱くなるんです。何度私は泣いたことでしょうか。
シワン、カン・ハヌル、カン・ソラ、ピョン・ヨハン、イ・ソンミンほか全ての出演者が愛おしい。声を大にして言いましょう、下期視聴最高の一作です。








a0192209_21470540.png

 ピノキオ 14話まで

私に胸のトキメキが戻ってきました!イ・ジョンソクがキラキラして眩しいし、毎話キュン死寸前。許されない恋、好きあっているのに「好き」と言えないもどかしさがたまらなく胸がきゅんきゅんして、オトメゴコロのバロメーターが限界突破しそうな勢いです。
もどかしい、じれったい、切ない、そして狂おしい。そんな気持ちをゆっくり味わいながら、噛みしめながら、「ピノキオ」を視聴。胸キュンシチュエーション満載の奥底に、言葉とは何か、嘘とは何か、真実とは何か骨太なテーマが隠されていて鳥肌が立ちます。














[PR]
by moonlight-yuca | 2014-12-29 18:34 | ■ドラマ■ | Comments(10)
Commented by はる at 2014-12-29 20:59 x
yucaさん、こんばんは

2014も、まもなく終わろうとしてますね
今年も、心震える作品を
見つけるためにコツコツ視聴いたしました。
滅多にリタイヤは、しないんです
これも、仕事として乗り越えて
無駄な達成感を感じつつ 励みました 苦笑

星5のハートレスシティ
私もハマりましたよー
今年ベスト3かな〜
このドラマ、好み別れますね
私の周りでは、そこまでのようでした

MOZUも、良かったです
西島さんメインで見てましたが
池松壮亮くんの怪演ぶりが
全て持っていった感じ
若いながら、共演者泣かせね

それと、『楽俊凱』
字幕なしなんちゃって解釈での視聴でしたが
ヒリヒリ感がたまりませんでした
ツンデレドSな役柄は、山ほど見ましたが
正真正銘ドSは、初めて見ました
ピーターホー、生々しくて良かったですわ
相手役のチャン・チュンニンもハマり役でした。

ミセン、ピノキオ
また楽しみが増えました



Commented by どんぐりσ at 2015-01-01 01:47 x
yucaさん あけましておめでとうございます。
コメントがまとまらず、つい断念しちゃうのですが、今年はもう少し攻めていきたいなと、思っているところです(笑)。
今年もよろしくお願いします。
Commented by moonlight-yuca at 2015-01-01 18:12
♪はるさん、あけましておめでとうございます♪

昨年も1年はるささんにお世話になりました。ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

>仕事として乗り越えて
無駄な達成感を感じつつ 励みました
うわ、新年から心強いお言葉を(笑)
そうなんですよね~
「ピノキオ」も「ヒーラー」も3話くらいの時点ではリタイアしようと思って視聴していましたが、それを過ぎると加速度的に面白くなるので我慢も必要ですよね。
韓国ドラマはかなり話数がいったところから面白くなるドラマも多いですものね。

「無情都市」はノワールが好きかどうかで評価が分れるでしょうね。
私の周囲でもそうです。

衝撃度でいったら「楽俊凱」はかなり心に残ります。
このピーターは良かったですよね。
こういう役の方が似合うのではないかと思っているのですけれど。

>心震える作品を
見つけるためにコツコツ視聴いたしました。
私も同じモットーで、2015年もがんばりたいなぁ。
心を震える作品を見つけましょうね。

Commented by moonlight-yuca at 2015-01-01 18:22
♪どんぐりσさん、あけましておめでとうございます♪

>今年はもう少し攻めていきたいな
いえいえ私の方こそ、攻めていきます(笑)

心を震わせるドラマに今年も出逢いたいですよね。
最近まったり視聴なのであまりブログも更新しておりませんが、今年1年よろしくお願いします。

Commented by choco at 2015-01-01 19:27 x
yucaさん あけましておめでとうございます。
今年もまた、素敵なドラマに 会えますよう~

お久でございます。何だか、字幕なしで見るほどの元気がなく、ずいぶん遅れながら視聴していて yucaさんに なかなか追いつけませ~ん。
今は やっと見たかった「密会」を視聴中。
ユアイン、キムヒエ良いです~~~ww
いつもの子供時代からスタート!もなく 色々想像しながら進むストーリーも良いし 安っぽい愛の歌詞ばかりの歌もなく、また 柱なんかを映りこませて覗き見しているような後ろめたい撮り方も~ とっても素敵!
あの暗さから~破滅のお話かなとも思いますが 見終わってyucaさんのレビューを拝見しようと楽しみにしています。

2014年は 私にとっては やっぱ「ピョルクデ」でした。
早くTVで見たいと思いつつ、値段が上がりすぎたという記事も見たので まだ先でしょうかね・・・

今年も秘かにずっと 応援しつつブログを楽しみにしております。
Commented by jiyong-xg at 2015-01-02 00:12
yucaさん あけましておめでとうございます♪
yucaさんの紡ぎだす言葉は 魅力的で 魅惑的で
いつもドキドキします。
好みが比較的似ているので 共感も多いですが 
違う視点で考える面白さも与えてくれるので 本当に感謝しています。

私はリタイアできない病で、極小地雷を踏まないかぎりは 最後まで観てしまいます。
特に華ドラ時代劇は 何とか完走したドラマが後でひょんな所で大いに役立つことが多いので、辛くても最後まで観てしまいます。 
韓ドラと華ドラ 視聴目的(求めるものが違う)から 結局両方観たくて 睡眠をけずってしまいます(>_<)
睡眠を確保しないと 色々影響するお年頃なのにね(笑)

今年もどうぞよろしくお願いします





Commented by moonlight-yuca at 2015-01-02 22:35
♪ chocoさん、あけましておめでとうございます♪

わ~いコメントありがうございます!
「密会」面白いですよね。
>安っぽい愛の歌詞ばかりの歌もなく、また 柱なんかを映りこませて覗き見しているような後ろめたい撮り方も~ とって
本当におっしゃる通りで、そこらへんも非常に大きな魅力になっているドラマですよね。

キム・ヒエが本当にアンニュイで素敵でね、若い男の子が恋焦がれる気持ちが分かります。
「密会」は韓国ドラマらしかなぬドラマで非常に奥が深いドラマですよね。
あまり語りすぎるとネタバレになっちゃうので・・・
また感想を教えてくださいませ。

「ピョルクデ」は私も大好き!
昨年一番記事数が多かったドラマです。それだけハマったってことかな。
ファッションも眼福でした。

今年はどんなドラマに出逢えるのかしら?
わくわくしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

Commented by moonlight-yuca at 2015-01-02 22:48
♪ジヨンさん、あけましておめでとうございます♪

わ~い、新年早々コメントありがとうございます。感激。

>睡眠を確保しないと 色々影響するお年頃なのにね(笑)
ジヨンさん、私なんかね、そんなお年頃は過ぎて、つまらないと思うとうとうとしてしまうお年頃になりました(爆)
だからきっとリタイア作品が多くなっているのだと分析しています。

>違う視点で考える面白さも与えてくれるので
いえいえ、私もジヨンさんのブログでそうかぁとか、このセリフがいいのかぁと気づかせてもらっています。
何よりも本当にキャラ堕ちするタイプが似ているので、うれしい。

ブログを書いていると、こんな考え違うのかな~とか不安になることもあるのですがジヨンさんがそのキャラを好きだと言ってくださると安心します。
あ、いいんだって(笑)

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by まきろん at 2015-01-03 18:35 x
yucaさん、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
私も韓国ドラマ歴も今年で7年目になります。
年々「バリで出来事」や「ごめん、愛してる」「茶母」のように廃人になることも、「パリ恋」や「宮」のようにキュン死寸前になることも減ってきてますが、それでも熱は冷めずボチボチ楽しんでいます。
あまりコメントもできなくて申し訳ない気持ちですが、yucaさんのブログを知ってから、限られた時間を無駄にせずに良いドラマに巡り会えている気がします。
去年は「ゴハン行こうよ」「密会」などがそうでした。私自身は見れてませんが、母に「帝王の娘スベクヒャン」を見せてとっても喜んでもらいました。
そして2015年のスタートは「未生(ミセン)」です。
10話まで見ましたが、もう今の時点で2015年のBEST3入りは間違いない!と思うほどです。笑
全ての働く人に見てもらいたいドラマですね。
今年も素敵な文章と感性でドラマを語ってくださいね。楽しみにしています。
Commented by moonlight-yuca at 2015-01-03 21:03
♪まきろんさん、あけましておめでとうございます♪

わ~い、新年そうそうコメントをありがとうございます。ウレシイ!!

>それでも熱は冷めずボチボチ楽しんでいます。
私も昨年末はこのままフェードアウトかと思いきや、なんとなく最近盛り上がっています。
やっぱりゆる~くまったりとが長続きの秘訣なのでしょうね。

>良いドラマに巡り会えている気がします。
えええ!うれしいお言葉ですがかなり趣向が偏っておりますので・・・(汗)
「スベクヒャン」お母様が喜んでくださってよかったですね。あのドラマはどの世代が視聴してもそれなりに面白く感じるドラマだと思います。地味だけれどもね。
「ゴハン行こうよ」もダークホース的に面白かったし、「密会」もよいですよね。
そして「ミセン」!!!
もうこのドラマ絶対多くの方に視聴してほしいですよね。
私、最終話が怖くてまだ視聴できていないのです。
もう、どの登場人物も身近に感じて愛おしくって切なくって。
恋愛劇はなくてもドラマはこんなにも面白いのだということを教えてくれます。

ゆっくりまったりのブログですがまたお時間のあるときに、遊びに来てくださいね。

今年もよろしくお願いします。
line

blogお引越ししました。


by yuca
line