人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

巡り合うその日まで

a0192209_13105914.jpg

このブログを書き始めたのは、韓国ドラマ「雪の女王」を観てから。
それまで日記にドラマや、映画、読書の感想を書きなぐっていたけれども
ブログだったら、画像も音楽も貼れると思い、ブログに感想を書くようにした。

しかーし、それ以降、ぱたっと感想を書くことはなく(笑)、1か月に1記事だったり、
たった6行の感想だったり、自然消滅しそうな気配を漂わせたブログだった。
ところが、22年9月「シンデレラのお姉さん」を視聴後、きちんと感想を書かなくっちゃ!と決意。
決意した途端、アメリカドラマがメインで年に数本しか韓国ドラマを観ていなかった私が
浴びるように韓国ドラマを観だしたのよね。
「感想を書かなくっちゃ」という強迫観念(笑)と、韓ドラの見かたがやっとわかってきたのかも。
年に2~3本しか韓国ドラマを観なかった私なのに、すごい変身です。
人間やればできるというか、秘めた潜在能力を実感(笑)したというか。

そして、23年度上期ではなーんと15本も観ていました!(爆)
視聴順に以下羅列。

1月
ケ・セラ・セラ 
バリでの出来事
シティホール
パートナー
2月
君には絶対恋してない!(台湾)
ロングバケーション(日本)
シークレット・ガーデン
3月
幻の王女チャミョンゴ
お嬢さまをお願い!
ブラック&ホワイト(台湾)
4月
P.S.男(台湾)
君にささげる花火(中国)
5月
成均館スキャンダル
あなた、笑って
6月
グロリア

ゴシックがご贔屓作品。他にも「君恋」や「チャミョンゴ」「P.S.男」なども好き。
ちなみにご贔屓や好きの基準は以下をすべてクリアすることなのだ。

1・切なくて胸がきゅーっと痛くなる
2・涙が出る あるいは 笑いすぎておなかが痛くなったことがある
3・次の日仕事なのに、深夜1:00を超えてもドラマの続きを見続けてしまう(笑)

夢中になったドラマって、肉体的精神的に苦痛(?)を伴うのです。
本当に切なすぎて、胸を押さえたり、笑いすぎて手足をバタバタしたりするもなのだ。
ご贔屓作品は、キャスト、監督、脚本、映像、音楽すべてヨシ!なのです。
キャラ堕ち(役者堕ち)作品とはまた別。
ピダム@善徳女王、ゴヌク@赤と黒、ガンソク@グロリア、ホドン@チャミョンゴ、
彼らにも涙しました。

閑話休題。


6月に入ってから、どーしても観たいというドラマがなくなったのよね~
ちとさびしい・・・


a0192209_20471434.jpg

23年下期はどんなドラマに会えるんだろう。

新しいドラマを視聴するときの気持ちは、なんだか恋と同じだわ(爆)
次に巡り合う人が私の人生で最愛の人になりますように、という祈りと同じで
次に視聴するドラマが私の人生で思い出深いものとなりますように、と願う。
by moonlight-yuca | 2011-06-30 22:38 | ■ドラマ■ | Comments(4)

i can't drink



ペク・チヨンつながりで「最高の愛」OSTにも入っている「I can't drink」
彼女の声が好きだし、歌詞もいい。
こういう経験があって身につまされます。
これはOSTに入っているのよりも、しっとりヴァージョン。

ああ、ペク・チヨンのCDもぽちっとしそう。

More
by moonlight-yuca | 2011-06-28 21:28 | 最高の愛 | Comments(0)

銃で撃たれたように




ペク・チヨンが気になって、you tubeを観ていたらこの曲を発見!
台湾ドラマ「泡沫の夏」の主題歌
ピーター・ホーの「I Remember Being in Love (記得我愛過)」じゃないですか!
びっくり。
いい曲だもんね。

More
by moonlight-yuca | 2011-06-28 19:10 | 泡沫の夏 | Comments(0)

Pit-A-Pat

「最高の愛」OSTが届きました。
なぜか特大ポスターも同梱されていてビックリ!・・・どうしよう(笑)

あとはジャガイモを用意して、8月の放送を待つばかりか。

さすが「国宝少女」!!キャッチャーなメロディー!!



More
by moonlight-yuca | 2011-06-23 22:06 | 最高の愛 | Comments(0)

復讐は甘い香り・・・グロリア追記

a0192209_2182364.jpg

「復讐は甘い香り」ってどこぞの、ロマンス系タイトルみたいなのですが(笑)・・・
そして画像は内容と全く関係のない、50話でのガンソク(ソ・ジソク)の見せ場のシーンから(笑)

韓国ドラマ「グロリア」を観ていた6月、ずーっと「復讐」について考えていた。
いや、考え出すとシツコイんです、私(爆)
「グロリア」のまとめ記事を書いたはずなのに、まだ書き足りないという・・・
文句を言いながらも、かーなーり気に入っているみたいですこのドラマ(笑)

私のドラマの視聴傾向として、ラブコメ、メロドラマが主流、そしてちょっとだけ史劇かな。
イルイルは苦手、家族モノもちょっと苦手、あえて韓ドラではサスペンスは求めず、
ましてやドロドロ系は一切観ない!そう、韓ドラブームのメインストリームのドロドロ系は苦手。
はっと気づく!
ドロドロ系って、復讐のお話よね~ 「天使の誘惑」とか「妻の誘惑」とか・・・
「復讐」というのは韓国では、視聴率がとれる題材だってことに、今、やっと気付いた。
ジンジン(ペ・ドゥナ)も言ってた「父の讐はともに天を戴かず」という考えは
あたりまえなんだわ。ジンジンが孝行娘であるためには「復讐」は必要。
そういう思想が根底に流れているんだろうな。そして視聴率も見込める。

ガンソク(ソ・ジソク)のアダルトチルドレンからの成長ドラマ(爆)という
うがった見方をしていた私には、そこらへんが納得いかなかったんだわ。
いや、もちろん、いけすかない男だったガンソクが最後には
愛のために全てを犠牲にしてもジンジンを守るという、大変身を遂げるのですが
「復讐」は脇においておいてそこら辺をじっくり見せていただきたかったという、愚痴です(笑)

「復讐」とは自分の世界を壊したものに対してするもの、そのためにゼロから這い上がる、
というのが私の中の「復讐」の定義。
自分を拒絶した世界に対して、それでも命をかけて対峙していくための手段が「復讐」
「悪い男」のゴヌク(ナムギル♪)とか「検プリ」のソ・イヌ(パク・シフ)、とかが思い出される。
「復讐」だけのために。彼らは泥沼から必死で這い上がってくるのよ。

視聴者はゼロから這い上がってくる彼らに感情移入をして、勧善懲悪を望み、
でも「復讐」の行きつく先は、むなしさだけなのを知っているから、
復讐を果たすことを望みながら、彼らが「復讐」を忘れて幸せに生きてくれという
相反する望みを抱き、涙するんだよ~


「グロリア」で言うと、まさに「復讐の女神」になるのは
殺されかけ全てを失ったジュンジュ@ジンジン姉のはずなのに、
ジンジンが途中からジュンジュを差し置いてしゃしゃり出てくることに違和感を感じるの。
最初っから「復讐」のために、ジンジンがスターを目指し、ガンソクと恋に落ち・・・だったら
それはそれで面白く観たような気がする。



な~んて、コムズカシイことを考えずに
序盤はいけすかないガンソク(ソ・ジソク)を楽しみ、
中盤は愛に戸惑うガンソク、愛と野心のはざまで揺れ動くガンソクを楽しみ、
終盤は恋人のことで心を痛めるガンソクを楽しむ、のが正しいこのドラマの視聴かも(笑)

って、どこまでガンソクのことが気にいったんでしょうね、ワタシって(爆)
by moonlight-yuca | 2011-06-23 20:58 | グロリア | Comments(2)

グロリア

a0192209_14205844.jpgグロリア (2010年 韓国MBC) 全50話

■演出:キム・ミンシク/キム・ギョンヒ
■脚本:チョン・ジウ 
■キャスト:
ペ・ドゥナ(ナ・ジンジン)
イ・チョニ(ハ・ドンア)
ソ・ジソク(イ・ガンソク:財閥家の妾の子)
ソ・イヒョン(チョン・ユンソ)
オ・ヒョンギョン(ナ・ジンジュ:ジンジンの姉)
イ・ジョンウォン(イ・ジソク:ガンソクの異母兄)





a0192209_16403866.jpg


「グロリア」視聴しました。1話~10話まではなんとなく視聴、
10話~30話までは、なぜかテンションが急上昇、40話以降急降下という
私の中では毀誉褒貶が激しいドラマ。
ここまでのめり込み時とそうでない時の落差が激しいドラマはそうそうない、と思う。
「グロリア」の評判はあまり聞かないのだけれども、なるほどなぁ~とうなずく。
視聴していて、どこに共感していいのかがわからないドラマかも。
「家門の栄光」のようにがっつり「家族」というものを描いていないこのドラマでは50話は長すぎる。

私の苦手な脚本家チョン・ジウを克服しようと思って、観始めたのだけれども
はてさて克服できたのやら(笑)、今でもよくわかりません。
でも、うまいな~と、脚本の妙で唸る場面はかなりありました。
おすすめできるドラマか、と聞かれたら、
「ものすごくお時間があるか、ご贔屓の役者さんが出演しているなら、観てね」かな。
私は「グロリア」でソ・ジソクという役者さんを知ることができて、ヨカッタです。
正面から観るとそうでもないんですけれど、ナナメ45度の角度の顔が好き(笑)だし
声としゃべり方も好きです。これからチェックの俳優さんです。

全く、イ・チョニとソ・イヒョンのカップルについて語ってないのですが、
(ブログ読み返しても、ガンソクばっかり!)人気のあるカップルでしょうね。
ソ・イヒョンのしゃべり方も優しくて好きだなぁ。

続きはネタバレ!





a0192209_15484877.jpg


今までにも何度も書いたのだけれども、終盤「復讐」がメインテーマになってしまって
興がそがれました。ジンジン(ペ・ドゥナ)は40話以降、笑顔がないのよね。
くったくのない笑顔が彼女の魅力だったのに。
ガンソク(ソ・ジソク)については、今まで散々語ったので大満足!!(笑)

最後の最後に持っていったのが、ジュンジュ(オ・ヒョンギョン)とジソク(イ・ジョンウォン)。
このカップルにはやられたな~
かつて、ジソクはジュンジュを殺そうとして、そのためにジュンジュは障害を負ったのだけど、
ジソクが最後に逢いたかったのは、ジュンジュなのよね~
そして彼がユンソにこだわった理由が、ユンソの出会いとジュンジュの出会いが似ていたから。
謝ってばかりのユンソを見て、かつての恋人ジュンジュと重ねていたことが
最後の最後にわかる。ジュンジュとの果たせなかった恋をユンソに見ていたのよね。
このシーン、泣けた。純愛です。

ジュンジュがジソクに対して「復讐」しようというなら、わかるけれどジンジンが「復讐」に
こだわる理由が、私にはわからなかった。
また「復讐」を成し遂げる上で、ジソクより資産家の登場人物を40話で登場させる。
なんだかな~、結局、お金の力で「復讐」してるんじゃん。
挙句の果てに、「復讐はむなしい」なんて、誰でもわかっていることで
50話のドラマの幕を引かないでよ。
「復讐」は自らの身を滅ぼす覚悟がないと、できませんし、後味は悪いもの。
例えば「悪い男」の結末のように、不条理なものなのです。
ジソクが死んで、あとはメデタシメデタシ、なんておとぎ話じゃないんだから、
その結末のつけ方はど~よ、と制作者に文句が言いたい!

ジュンジュが忘れられない恋と復讐に引き裂かれて悩む、というのならわかるけれど
スターという地位も、ガンソクという全てを犠牲にしても自分を支えてくれる恋人という存在も
投げ出して、ジンジンが「復讐」にひた走るの心情が全く理解できなかった。
なんか、もっと切なくストーリー展開できたはずなのに、中途半端感が満載のドラマ。
恋愛ドラマというわけでもなく、歌手という仕事ドラマでもなく、家族のドラマでもない。

突出した狂気のキラメキは見えるのよ、そこまで。
例えば、ガンソクの父と母の恋愛模様だって、ジュンジュとジソクの恋愛だって
ものすごくドロドロした抑えきれない恋情を感じて、ゾクッとするのに、
上っ面だけをなぞって、ストーリーでは流してしまうのがもったいなかったなぁ。


でも、ガンソク(ソ・ジソク)に出会えただけでも、意味のあるドラマです、私にとって。
by moonlight-yuca | 2011-06-22 14:44 | グロリア | Comments(4)

キウイに罪はないけれど・・・ハッピーメーカー14話まで

a0192209_1674933.jpg
台湾ドラマ「ハッピーメーカー」14話まで視聴。

フォン(ラン・ジェンロン)のことを「悪魔のような」とか「冷酷」とか、
サイトでも紹介されいているけれどもあんまりそんなこと感じないなぁ~
ツンデレというほどでもなく、ただの、駄々っ子ちゃんに感じてしまいます。
子供って、目先のことしか考えられなくて、それしか見ていないから
他のことに対して、「えっ」と思うくらい残酷な時があるけれども
フォンがまさにそんな感じ。

自分だけを見てほしくって、自分はいろいろなものに目移りしちゃったりする子供。
800億のためにアンを手に入れる、と豪語する割にはツメが甘いというか、
本当にコイツ、仕事できるんだろうか、と不安になります(笑)
そして、しまいにはキウイフルーツの着ぐるみを着て、乱闘!!

このドラマ、やたらキウイがでてくるのはタイアップがあるんだろうなぁ~と
思っていたのですが、まさか着ぐるみまで登場とは!!
脱力しながら、爆笑です。

個人的な好みでいえば、アン(ジョー・チェン)は山娘の格好が
ものすごくキュートでかわゆかったのに、都会娘になってからは魅力が半減。
「ハートに命中」の時もダサイ時の方がカワユク感じる女優さんです。


想像していたのとは微妙にずれているドラマですが、折り返し地点の14話。
この後、アンとフォンの関係はどう変化するのかしら?ということより
謎がいっぱいのヤン(シュウ・ジエカイ)がどうなるか、
ジェイ(ロイ・チウ)や私のお気に入りのアントニーの出番をもっと増やして!
なんてことの方が、気になります。
by moonlight-yuca | 2011-06-21 16:22 | ハッピーメーカー | Comments(0)

more drama 3

視聴したいドラマのオボエガキ。
半年もたったら、何が観たかったか忘れてしまうザル頭の私のために。

a0192209_21344236.jpg
韓国ドラマ「シティハンター」 ✔視聴済
漫画のドラマ化だったら、興味ないけれども、設定だけを借りた
新しいストーリーだと聞いて、視聴意欲がわく。
なんたってパク・ミニョンちゃんを観るだけで、眼福。

a0192209_2137886.jpg
台湾ドラマ「醉後決定愛上你」
「ハートに命中」三部作(!)の第2弾らしい。レイニーちゃんを観るだけで眼福(笑)

a0192209_21454597.jpg
韓国ドラマ「姫の男」
パク・シフだしね!ロミオとジュリエットらしいけれどしっとりした悲恋ものも観たい気分。

a0192209_21503793.jpg
韓国ドラマ「武士ペク・ドンス」
面白いかなぁ~? チュンチュ(ユ・スンホ)@善徳女王の大人になった姿が観たくって(笑)
by moonlight-yuca | 2011-06-20 21:54 | ■ドラマ■ | Comments(0)

守護天使!?・・・ハッピーメーカー12話まで

a0192209_1185934.jpg
台湾ドラマ「ハッピーメーカー」12話まで視聴。
アン(ジョー・チェン)曰く、ジェイ(ロイ・チウ)は「私の守護天使なのね」だそうです。ムゴイ(笑)
まあ、最初にジェイがアンにむかって「俺に惚れるなよ」と宣言しちゃったくせに
アンが気になるジェイ。アンに脈をとってもらうだけで、心拍数があがるヤツ!カワユイ!!
ポーカーフェースのようで、自分の気持ちがダダモレなジェイです。
上の寝起きの姿に、胸キュン!!とちょっとなりました。どんだけすごい髪型なんだか!
a0192209_1113524.jpg
どれだけ遅刻しても、きちんと髪はセットするジェイですわ。


さて、ストーリーの方は・・・う~ん。面白いと言えばそうだけれども、
なんだかよくわからない、ハテナの部分が続出。
台湾ドラマ独特のユルイ作りで、BGMのぶつ切り、つじつまのあわない?ストーリー展開。
フォン(ラン・ジェンロン)が、ちーっとも仕事のできる男に見えないのは、どうしましょう(笑)
「shit!」ばかり言っていて、困ったら愛人の家に逃げ込みリスを愛でる(笑)
どう見ても、アンをフォローし続けるジェイの方がかっこいいよ~

ネタバレです!
by moonlight-yuca | 2011-06-20 11:56 | ハッピーメーカー | Comments(0)

恋の悩みを解決しよう・・・ハッピーメーカー6話まで

a0192209_20345888.jpg
台湾ドラマ「ハッピーメーカー」6話まで視聴。

ジェイ(ロイ・チウ)が登場しました。これで主要登場人物は全部かな。

「ハッピーメーカー」は山娘の純朴さで、都会に住む傲慢で冷酷な人々の心を改心させるという
ベタなストーリー展開だと思われます。少女マンガに始まって、いろいろ見てきたパターン。
「アルプスの少女ハイジ」のラブストーリー版だと思っています。
ベタなストーリー展開だけれど、いかに胸きゅんっ、とさせるかが製作者のキモですな。
ヒーローをツンデレにするとか、2番手ヒーローをいかに切なく描写するか、
ヒロインをいかに健気に、涙をそそるように、描写するかが、このパターンの作品の
成功を決めるけれども、さて、「ハッピーメーカー」はどうなのかしらん。

ジェイが登場して、やっと面白くなってきました。
助けてもらった恩を返さなくてはいけないと、アン(ジョー・チェン)のフォン(ラン・ジェンロン)に
対するまだ恋愛未満の気持ちを勝手に恋だと早合点して、
「あらゆる方法で二人をくっつける。恋の悩みを解決しよう」と断言するジェイ。

あらあら、断言しちゃったよ、絶対後で、叶わぬ恋に苦しむことになるのに、ジェイ。
「恋」は自分で自覚する時もあるけれど、周囲に強くに言われたりして
「恋じゃないよ…恋なのかなぁ?・・・恋だ!」なんて気持ちが流されちゃうこともある訳で
ジェイが断言しちゃうもんだから、アンもフォンに対する気持ちについて
感謝の気持ちから、恋になっちゃうかもしれないじゃないの。
もう、バカバカ、ジェイったら!後で苦しむのに・・・

な~んて、思いながら視聴しています(笑)
さてさて、私はどんなシーンで、胸きゅんっ、となるんだろうか。


今は、フォンにも、ジェイにも、堕ちてはおらず、だ~いすきなのは、アントニー!!
彼が出てくるだけで、頬がゆるみ、目じりはさがり、一挙手一動に注目している。
「ハッピーメーカー」の中でも1番、演技がうまい。
もう、その存在自体が、泣ける!!
アントニーがいるだけで、このドラマの評価は高い、と思う。

アントニーってこんな顔★
by moonlight-yuca | 2011-06-15 20:57 | ハッピーメーカー | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line