人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

目で見る言葉は心に刻まれる・・・私の心が聞こえる?14話まで

a0192209_20344461.jpg

韓国ドラマ「私の心が聞こえる?」14話まで視聴。
あああ、もう折り返し地点なのね。先は視聴したいけれども、残り話数が少なくなるのもさびしい。

主人公3人のもどかしい気持ちをゆっくり味わいながら視聴しています。
もどかしい気持ちが高じると、切なくなるのね。胸がきゅんとする。

記憶がないふり、聞こえるふりをしているドンジュ(キム・ジェウォン)。
他人のふりをしているジュナ(ナムグン・ミン)。
ドンジュの秘密に気付かないふりをしているウリ(ファン・ジョンウム)。
互いに互いを思いやって、秘密を知らないふりをして、それでも知らないふりをするのもしんどくて、
自分の本心を語れたらどんなに楽だろうか。

「知らないくせに・・・」とか「なぜかウソに聞こえる・・・」という主人公たちの独白が切ない。
本心を語れない3人の、もどかしくて切ない気持が丹念につづられていく14話まで。
いいなぁ、このドラマ。好きだなぁ、としみじみ思う。
a0192209_20454073.jpg

「私はパパにそっくりなんです」とウリが語ったときの、ジュナ先生の顔。
彼女の言葉は、ジュナの心の奥深い部分に刺さったよね、確実に。
ジュナがあんなに忌み嫌っていた父親の血を、1滴も受け継いでいない彼女が、屈託もなく
「自分はパパに似ているから、パパは天使なんです」と笑顔で言うウリ。
ジュナは自分に持ちえない尊い資質を、ウリに見出し、そして彼女にどうしようもなく惹かれていく。
その瞬間。このシーン、絶品だわぁ。

14話でドンジュは叫ぶ。
「耳で聞く言葉は聞き流せても
目で見る言葉は・・・心に刻まれる。
だから守れない約束は言うな」
ドンジュはいつでも真剣に相手の言葉を読み取ろうと、まっすぐ視線を向けている。
その視線は・・・痛々しくて・・・でも、言葉の一つ一つの重大さを感じさせてくれる。
そんなドンジュとジュナの立場がだんだんすれ違っていくのが、こりゃまた切ないよ。
お手玉の手術依頼(笑)の時のように、2人はじゃれ合ってほしいのになぁ。
a0192209_20561247.jpg





こっそり応援中(笑)★今日のスンチョル♪
a0192209_2173957.jpg

チキン大学に入学(笑)して、熱弁をふるうスンチョル。
カッコイイよ! 私は認めるよ、スンチョル、あんたは立派なアジテーターだ。
でもウリの心はアジテート出来ないのね・・・不憫なヤツ(泣)

しーかーし、どこまでもこっそり応援してるからね!!
by moonlight-yuca | 2011-10-31 21:01 | 私の心が聞こえる? | Comments(2)

ラムネちゃん

a0192209_18313293.jpg
あみぐるみ界の綺羅星、タカモリ・トモコさんの「ラムネ」ちゃんが我が家にやってくることになりました。

ほぼ日のタカモリ・トモコ全集に毎回応募し続けて、初当選!
やったぁ!!なのだ。
タカモリさんのテディベア、どうしても欲しかったのよねぇ。

ちょっと灰色がかったブルーの身体に、
手足は、ピンクに少しのブルーが混じった毛糸。
淡い色合いのイメージが
まさに「ラムネ」という名前に、ピッタリ。

お値段は、家人には絶対内緒にします(笑)
by moonlight-yuca | 2011-10-31 18:37 | ■うたかたの日々■ | Comments(4)

御曹司ゴヌは豹変した!・・・ロマンスタウン 4話まで

a0192209_2232998.jpg
あれれ~? あんなにグダグダ言っていたのが嘘みたいに、するすると
韓国ドラマ「ロマンスタウン」4話まで視聴。
ラブコメを期待しちゃいけなんですよね?このドラマ。
でも私には十分、ドキドキ要素満載なのですけれども??
こってりしたロマンスではないかもしれないけれども、微ラブでも十分ときめくのだけれども。

多分、主役が気に入れば、微ラブでも十分楽しめるのかな。
ゴヌ(チョン・ギョウン)はおデブだった時は、純真で優しかったのに、
贅肉と共に優しさも捨て去ったのか?
痩せて見栄えは良くなったのですが、意地悪さんに豹変してます。
ただ意地悪さんの中にも、スングム(ソン・ユリ)に対するもどかしい気持ちが見え隠れするような。
a0192209_22145451.jpg

そして、ヨンヒ(キム・ミンジュン)がなかなかいいのよね~
イカレポンチな飄々とした遊び人を装っているけれども、誰よりも周りのことをよく観察しているし、
洞察力も鋭い。言いたいことははっきり言って、何人にも媚びない。ちょっとシニカル。
ゴーイングマイウェイなのだけれども、多分心の中には譲れない矜持があるのかなぁ。
女の子には優しいけれども、かといって酷薄なところもあったりして。ユーモア感覚も満載。
今のふらふらした生活を送る自分を嘲笑する、俯瞰的なまなざしも持っている。
相当屈折してるんじゃないかしらん。もうこれだけで、かなりお気に入りのキャラです。

でも、このドラマ主題はロマンスではなくて「お金」をめぐる人々の狂想曲なのだろうな。
「お金」がいかに人を変えるか、それでも変わらず残るものはあるのだろうか。そんな感じ。
舞台となる新興住宅は、まるで箱庭のようで、その中で登場人物がくるくる動いている。
箱庭の世界は、身分はまるでカリカチュアのように各人にはっきり振られていて
その役割通りに登場人物は動いていく。
主人は金持ちで、奥さまは高慢ちきで、家政婦は卑屈で・・・
これからその役割が変化していくのだろうなぁ。どう役割が変化していくのか。

・・・ってな感じで、かなり興味深く視聴しています。
スングムが宝くじが当たり、これからストーリーは動いていくのね。
週1回、楽しみながら視聴できそうです♪


***チャン家の人々***

a0192209_22321397.jpg
チャン・チグク(イ・ジョンギル)
好色家。あっちにふらふら、こっちにふらふら。







a0192209_22342551.jpg
妻(シン・シネ)左
愛人(クォン・ギソン)右
ある意味、1番街の最大の謎。仲良く住んでいる。しかし「愛人は愛人を許さない」ということで、主人の浮気心におかんむりなふたり。



a0192209_22373940.jpg
オ・ヒョンジュ(パク・チヨン)
家政婦。・・・しかし色っぽい。
by moonlight-yuca | 2011-10-28 22:47 | ロマンスタウン | Comments(0)

家政婦スングムは見た!・・・ロマンスタウン 2話まで

a0192209_2082823.jpg

韓国ドラマ「ロマンスタウン」2話まで視聴。
いやあ、この「ロマンスタウン」1話に何度チャレンジしたことか・・・
視聴してはいつの間にか寝てしまうことが何度か続き、1話の20分あたりで挫折の危機でした。
ちょっと気分を変えて、昨日放送の4話をちら見したら、面白そう。俄然視聴意欲がわきました。

「マイダス」よりは私にとって、面白いと思います。この「ロマンスタウン」
「マイダス」もねえ、8話から全然先が進まず、寝てしまっていますもん(笑)
もうリタイアしようかと思うけれども、なんだかリタイアしたらこっちの負けの気分になってしまい
せめて、ドヒョン(チャン・ヒョク)が落ちぶれるまでは観ようという・・・変な意地でがんばっています。

さて、「ロマンスタウン」。基礎知識としては、
1・ロマンスは期待できない
2・宝くじをめぐる騒動のお話である

ソン・ユリちゃんはカワユイ♪ 目の保養になります。
新興住宅でのお金持ちと家政婦たちのお話で、素敵なおうちのインテリアも楽しめたりします。
この2つを原動力として、2話までやっとこさ視聴してきました。
1話で何度も挫折しかけたのは、スングム(ソン・ユリ)の貧乏話が20分くらい続いていて・・・
家政婦の祖母、家政婦の母から「家政婦だけにはなるな」と言われ続けたスングム。
スングムの高校時代のエピソードってそんなに必要だったのかなぁ? 伏線?
そこが退屈だったのですが、彼女がひょんなことから家政婦になってしまって、ここからが面白い。
a0192209_20225337.jpg
この子がかわいいのよねぇ。むちむちして、ぷくぷくして、健気、ひたむき。
この年頃の子どもがドラマで登場したら、もうワタクシ、メロメロです。
a0192209_20244882.jpg

そして、いい感じにやさぐれているキム・ヨンヒ(キム・ミンジュン)。
お金には不自由せず、調子よく、いいかげんで、厭世的で、蓮っ葉な感じ。
こんなキャラが、突然誰かを好きになってしまって戸惑う。な~んて、好きなパターンなのですが
ラブラインは期待できないの? ちょっともったいないなぁ。


しかーし、家政婦と言ったら市原悦子のイメージなのだけれども、
最近のハウスキーパーさんは若い美人が多い。
「ロマンスタウン」でしょ、韓国映画「下女」でしょ、「家政婦のミタ」でしょ。
なんだかご主人と間違いをおかしそうで、私変な意味でドキドキしているんですけれども。
あー、こんなこと心配する時点で、もう私ってば穢れているわぁ(笑) サイテー!!

***カン家の人々***(いろいろ追記していく予定)

a0192209_20321352.jpg
カン・テウォン(イ・ジェヨン)
事業家。女好き。








a0192209_20323447.jpg
トロフィー(ヤン・ジョンア)
後妻。見栄張り。贅沢大好き。







a0192209_20324883.jpg
カン・ゴヌ(チョン・ギョウン)
贅肉と共に、優しさも捨て去ったのか。なんだか、今はうるさいだけのヒーローだなぁ。
ハルモニLOVE。





a0192209_2033369.jpg
サン
かわゆい、かわゆい(笑)







a0192209_20331116.jpg
ノ・スングム(ソン・ユリ)
宝くじを買う。家政婦としては優秀みたい。
by moonlight-yuca | 2011-10-27 20:54 | ロマンスタウン | Comments(2)

私は女である前にデザイナーよ・・・デザイナー

a0192209_21144298.jpg
デザイナー 一条ゆかり (1974年)
あらすじ:
トップモデルの亜美には、実の親を知らないという秘密があった。ある時、母親が誰であるかを知った亜美は、そのショックで車の衝突事故をおこし、モデルの道を閉ざされてしまう。母親を見返すため、結城コンツェルンの朱鷺の手を借りてデザイナーになる事を選ぶ亜美だったが……。

以下、ネタバレがあるかも・・・

いわずとしれた少女マンガの大御所一条ゆかり先生の「デザイナー」。
再読しても相当面白い。強烈。
事故、孤児、 母親への復讐、近親相姦、世界的コンツェルン、自殺、記憶喪失、男色、主従、プライド。
先日まで夢中になって視聴していた「泡沫の夏」が、かーなーりこのマンガとかぶっている気がする。
孤児で成りあがろうとするヒロイン亜美が夏沫、
全てを持っているが愛は手に入らない冷酷な御曹司朱鷺が歐辰、
情熱的に亜美を愛する明が洛熙、ちょいと怪しい匂いがする柾が西蒙(笑)。
「デザイナー」はものすごく濃い愛と仕事の話なのだ。

一条ゆかりセンセイの「有閑倶楽部」「こいきな奴ら」「正しい恋愛のススメ」もいいけれども
暗くてジメーっとしたシリアス物の方が、再読した時に大好きだったりするのよね~
「人生なんて砂の城のようなものかもしれないわ。
つくっても、つくっても、いつの間にか波 がさらってしまう。いつも同じ事のくりかえし・・・」
なんて強烈なセリフを吐くナタリーが主役の「砂の城」や狂気もの「果樹園」、
「恋のめまい愛の傷」「それすらも日々の果て」など非常にビターでシリアスな作品が好きなのよ。

作品の根底に流れている近親相姦や男色。
恋をつきつめていくと気が狂ってしまう主人公たち。いやあ、当時の小学生が読むには強烈。
「キャンディ・キャンディ」などで「きゃあ、ドキドキ♪」なんて付録をあつめていた少女には
非常に難しい世界だったのよね。
(蛇足だけれども「キャンディ・キャンディ」も今思えば非常にシリアスだったりする。
その後の版権争いもおどろおどろしいしね!)


そして「デザイナー」
今読むと、いいのよね~。意外と仕事の話として、再読している自分がいたりする。
「愛」をとるか「仕事」をとるか。
「仕事」は自分の存在理由だから「私はデザイナーよ」とひとり旅立つ母。
デザイナーとして生きようとすればするほど孤独になるのを知っていながら
あの人は最後まで自分と闘いながらデザイナーとして歩いていく
自分の腕だけを信じて
気が遠くなるほどの時間をたったひとりで生きていく・・・


そしてひとりでは生きられないと「愛」を選ぶ娘。
その結末は、非常にドラマティックで。
現代だったら「罪に濡れたふたり」のようにあっけらかんと、こちらが驚くくらい(笑)、
タブーの一線を踏み越えるマンガが続出なのにね。
あの頃は倫理観があった(爆)

あの当時は柾の朱鷺への執着がよくわかりませんでしたが・・・今は分かります(笑)
まあ、なんというか、建物はロココ調、眩いフリフリのレース、長髪の美少年、
18歳でレミー・マルタン、ヘビースモーカー、スーパーカー・クラッシックカーを乗り回す。
登場人物は全て年齢不詳。
「泡沫」のように突っ込みどころ満載で「あれれ~」と言いながら読み進めるのだけれども
歳月が過ぎても色あせない、不思議な魅力を持つ作品だわぁ。
「デザイナー」が面白いのは、通常の少女マンガでは主人公になるはずの純真なアリサを脇役にし、
嫌味で高慢ちき、負けず嫌いでプライドが高い亜美を主役に持ってきたことだろうなぁ。
機会があれば、ぜひ「デザイナー」一読を。スペクタクルな作品でございます。
by moonlight-yuca | 2011-10-26 22:14 | 恋愛は少女マンガで教わった | Comments(6)

聞こえる、君の声が・・・私の心が聞こえる10話まで

a0192209_21405242.jpg

よく2つも同時にできたよね
僕は1つで限界だ
運転中に・・・電話できないし
しゃべれるけど・・・聞けない
空を見ながらだと、会話も無理
ウリに冷たくしたのに・・・謝れない(10話)

慈しむように、大切に大切に、韓国ドラマ「私の心が聞こえる?」10話まで視聴。

9話冒頭のウリ(ファン・ジョンウム)とジュナ(ナムグン・ミン)のシーンも号泣。
そして、ふともらすドンジュ(キム・ジェウォン)の上のセリフにも涙。
ドンジュにとっては、ウリの存在が「聞こえる」存在。
目をつむっていても、そこにいるのがわかるほど・・・大切な存在なのだろうなぁ。
そんなことを感じる10話。

ドンジュとジュナの仲良しシーンは、どれも心がほっこりします。
いやぁ、彼らは昨年の「成ス」のコロ&ヨリムが受賞した男男ベストカップルを今年受賞するんじゃ?(笑)
もう、この2人のやり取りがツボにはまって、もだえています。
a0192209_21313521.jpg

わずかな時間でも眠っているウリに肩を貸したいジュナ。
失ったもの、失ったものと過ごせていたはずの時間、それでも捨ててしまったこと。
何度同じ局面に直面しても、ジュナの選択は1つだったんだろうなぁ。
選択が間違っていたとはいえないけれども、どうしてこんなに心が痛むのか。
ジュナを見ていると・・・



こっそり応援中★今日のスンチョル♪
a0192209_21465363.jpg

もうスンチョル一家が大好きで、大好きで、大好きで仕方がありません(笑)
このドラマのお笑い担当で、オチははっきり見えているのですが、
やることなすことオカシイ。彼らが真面目であればある程、笑えてきます。

このドラマ緩急のつけ方が上手なのよね~
泣かせる所は泣かせるし、笑う所は笑わせる。それがくどい演出ではなくってサラっとしてるもの。
あまりに笑いすぎて、シュールでシュールでキャプチャーをあえてしなかったのですが、
ハルモニのボケ始めた時の、ワンカットの映像なんて、神カット。
思いっきり笑った後、ハルモニのボケを映像で表現してるんだと思い至り、今度は切なくなったもの。


あ~、このドラマ好きだなぁ。
by moonlight-yuca | 2011-10-25 21:52 | 私の心が聞こえる? | Comments(4)

100パーセントの女の子に出会うことについて ・・・私の心が聞こえる?8話まで

a0192209_2012213.jpg

韓国ドラマ「私の心が聞こえる」8話まで視聴。

いや~ん、ゆっくり楽しみたい欲望と、先が視聴したいと欲望の狭間で葛藤しています。
もう、我慢せずに、ちゃっと視聴した方がどれだけ気分的に楽なんだろうと、考える(笑)

子ども時代の5話が終わって、大人時代に突入したけれども7話で泣き、8話で泣き。
どれだけ自分が涙もろいのか、体感してます。
やばいほど、自分の心の柔らかい部分に突き刺さるドラマ。
まだ全然ストーリーは進んでないんですよ(多分)、全30話なので。
それなのにこんなに胸が苦しくなるなんて。

簡単な言葉の一つ一つに涙する。
7話では「이렇게(イロッケ)」
家出した息子マルを思い、父が息子の目は「이렇게」鼻は「이렇게」口は「이렇게」と言う。
父は障害者なのでうまく言葉にできず「이렇게」(こうだった)としか言えないのだが、
息子を失い15年、ずっと息子のことだけを待ちわびていた時の流れ、情愛の強さが
この簡単な一言に表されていて、滂沱の涙だ。
父親役のボン・ヨンギュ(チョン・ボソク)がもう、チェゴ(涙)
15年たっても、息子を見たら一目で分かる、という、親の情愛。あ~、切ない。

知的障害者をドラマに登場させるということは、非常にデリケートな部分を含む。
光と闇というか、聖と狂気というか。ありのままを描写したドラマってそうそうないよなぁ。
「私の心が聞こえる」もある意味、ステレオタイプな描写ではある。
誰よりも劣っている者が、実は誰よりも純粋で無垢で高潔であるという。
ドストエフスキーの「白痴」ムイシュキンを彷彿とさせる。
ただ、このドラマがそれだけで終わらないのは、名もない少女だったウリ(ファン・ジョンウム)の存在。
a0192209_2025469.jpg

ウリは血もつながらないヨンギュと、家族として、生活を共にしていく。
想像を絶する苦労があったが、決して涙を流さず、明るく振る舞い、ヨンギュを敬愛しながら。
時として、彼女のオーバーアクション気味のふるまいは、わざとらしい時があるのだけれども、
それは哀しみを糊塗するため。道化めいた彼女のふるまいから、哀しみの年月が透けて見える。
でも、その哀しみをはるかに超える、家族として共に過ごす喜びが体現されるのよね~
ウリを見ていると、自然とこちらも笑顔になり、素直に応援できるのよね。

この子、ウリはすごいわ。この子がいるから、ヨンギュの存在も輝く。
男子が、皆、ウリに出逢い、そして心惹かれていくのはわかる。
モノクロの世界を極彩色に染め上げる女の子だと思うよ、彼らにとって。



a0192209_20401712.jpg
チャ・ドンジュ(キム・ジェウォン)。
色が白い!うらやましい・・・この色の白さが、病的な雰囲気を醸し出している。
幼少期のまま、ひねくれずに、おおらかに育っているような気がします。努力の人だよね。
a0192209_2043817.jpg
チャン・ジュナ(ナムグン・ミン)。
皆さま、大絶賛のジュナ。これからですよね、活躍は。
彼も、複雑怪奇に屈折しているのですが、今のところ、ある人に、よく躾けられた感じです。
a0192209_2046068.jpg
こっそり応援中(笑)のスンチョル(イ・ギュハン)
幼馴染の割には、出遅れていますが、彼の成長も観れるかな?
by moonlight-yuca | 2011-10-20 21:10 | 私の心が聞こえる? | Comments(2)

I Can Only Hear You

>

그대만이 들려요 あなただけが聞こえる


More
by moonlight-yuca | 2011-10-19 21:07 | 私の心が聞こえる? | Comments(0)

君の心を僕は聞くことができないよ・・・私の心が聞こえる?6話まで

目をつむると全部見えるの
耳をふさぐと全部聞こえるの
考えるだけでおじさんを見たり
ママの声を聞くことができるのよ
ドックン ドックン ドックン
不思議でしょ
a0192209_14163677.jpg
韓国ドラマ「私の心が聞こえる?」6話まで視聴。
いや~ん、すごくいい、このドラマ。3~4話でもうすでに号泣です、私。
こんなドラマを待っていたのよーっ!

<あらすじ>
知的障害者のヨンギュは聴覚障害者のミスクに片思いしていた。
ヨンギュの息子のマルは、幼稚な父が疎ましくて仕方がないが、名前もなく学校にも通えないミスクの娘はヨンギュやマルと家族になるのを楽しみにしていた。
ある日、ウギョン財閥の孫ドンジュが両親に連れられて奨学金授与式のためにマルの学校にやってくる。マルはドンジュの母、ヒョンスクから奨学金を受け取り、ヒョンスクの優しさに惹かれていた。
その頃、式を抜け出したドンジュはミスクの娘と出会って仲良しになる。
数日後、ヨンギュとミスクは結婚。だが、ウギョンの向上に勤めていたミスクは火事で命を落としてしまい、これを機にマルは家出をしてしまう。
同じころ、ドンジュは大けがを負い、聴覚を失っていた・・・(KNTV)
a0192209_14203376.jpg

すでに子供時代の5話までで盛りだくさん。
a boy meets a girl
不倫、火事、血のつながらない家族、乗っ取り、愛憎、反発。
こうやって書きあげると、ドロドロした感じを受けるかもしれないけれども、
サラっとした切ない雰囲気がドラマを占める。

a0192209_19415189.jpg

「같이(カッチ)」と繰り返し使われる手話、テーマの一つなのかなぁ。
「いつもあなたと一緒にいるよ」という、血のつながりよりも強い、心と心のつながり。
もうこの手話を見るだけで、号泣なのよ~、本当に。
このシーンだけで見て良かった・・・と思う。
子供時代が5話まであるのだけれども、もう、この子供時代が秀逸。
すべての因縁の元を非情に描きながら、制作者のそれでもどこか暖かいまなざしを感じる。

5話の「奇跡の人」ばりのドンジュと母ヒョンスクのシーンも壮絶で圧倒される。
このシーンも号泣。
序盤からこんなに号泣して大丈夫なのかしら、私。

心の琴線に触れるドラマだと思います。いや、まだたった6話ですけれどもね。
思いっきり泣いて、自分の心を綺麗にしてもらえるドラマのような気がします。
その「泣かせる」仕掛けも、泣かせるぞーというベタな感じじゃなくって、
人間の心の切ない部分や、奥底に秘めた綺麗な部分を、丁寧に取り出して見せてくれる。

あ~ん、これからの視聴が楽しみ。
大切に視聴していきます。
何しろヒロインが「名前がない」ってところが、また泣けるのよ。
聴覚障害者の母は、娘の名前を呼べないから、名前が必要なかった・・・という設定がね(涙)

名前のない女の子、手話、守れなかった約束、言えなかった「ありがとう」・・・
胸にぐっときます。


追記:
今年視聴予定ドラマで事前の期待大のドラマの一つが「私の心が聞こえる?」
もともとはイ・ギュハン、「ケセラセラ」からの気になる俳優さん。
「ケセラセラ」のシン・ジュニョク役があまりに切なかったので、なんとか彼の幸せな姿が見たいという
マイナーな願望(笑)の元、「あなた、笑って」、そして今作を見ようと思ったのでした。
今作でも幸せな姿は見れそうにない気がしますが(笑)
彼の出るドラマって、いつもかなり心にズバッとくるような、感じだわ。
by moonlight-yuca | 2011-10-17 15:08 | 私の心が聞こえる? | Comments(4)

尹夏沫・・・泡沫の夏

a0192209_19132346.jpg
徐熙媛 as Yin Xia Mo 尹夏沫
■■■■■

When Old Bubble Bursts, New One Will Fly
That's How Life Continues


15歳までは歐辰の綺麗なお人形だった。
家族のため、澄のため、歐辰のそばにいれば、守られていた自分。
歐辰を好きだったのかもしれない。
傲慢で、すぐ束縛する、それでいて哀しい瞳を持つ大人びた少年のそばにいれば
家族も自分も守ってくれる、それが「幸せ」だった。

でも人から与えられる「幸せ」はまるでシャボン玉のよう。
唐突に、一番、美しい瞬間にはじけてしまう。
綺麗なお人形でいても、家族は守れなかった。
「愛」や「恋」など自分をコントロールできなくなる感情は、切り捨てる。母親のようになりたくないから。
15歳までのお人形の記憶は、すべて忘れる。
自分で家族を守らなければいけないから。
だから歐辰に抱いていた自分の気持ちも切り捨てる。「好きだったことはなかった・・・」と。

「愛」に何も期待していないのに、男に抱かれるときは
顔だけは花がほころぶように微笑っていて、だけど目だけは決して微笑っていない・・・
そんな甘い毒薬のような夏沫。
優しさと残酷さが、紙一重のところで重なりあっている、そんな匂いを持つ女の人。

「愛」を忘れた人魚姫が、「他人の愛しかた」を思い出すまでのお話。
彼女が何よりも大切だと思う「家族」は、
他人を愛するという、一瞬一瞬のシャボン玉のような「幸せ」のきらめきからしか
作り出せないから。そうやって人生は続いていくのだから。

そしていつの日にか、愛から涙を知るだろう。

a0192209_19135573.jpg

夏沫、再見。


More
by moonlight-yuca | 2011-10-15 19:18 | 泡沫の夏 | Comments(10)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line