nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ブレイン

a0192209_2017898.jpg

ブレイン Brain 全20話 (2011年 韓国 KBS)
■演出:ユ・ヒョンギ/ソン・ヒョノク
■脚本:ユン・ギョンア
■キャスト:
シン・ハギュン(イ・ガンフン)
チョン・ジニョン(キム・サンチョル)
チェ・ジョンウォン(ユン・ジヘ)
チョ・ドンヒョク(ソ・ジュンソク)
イ・ソンミン(コ・ジェハク)

(あらすじ)
チョナ大学病院神経外科専任医イ・ガンフン(シン・ハギュン)はすぐれた実力でコ・ジェハク課長(イ・ソンミン)から信頼をを受けている。しかし実力者キム・サンチョル教授(チョン・ジニョン)は患者のことより名誉と権力を追求するイ・ガンフンが気にくわない。
手術を要する救急患者が運ばれてきたが、手術をするべきだというユン・ジへ(チェ・ジョンウォン)の意見を無視しVIPルームに入院するチャン会長の病室を尋ねるイ・ガンフン。
しかしその間に救急患者の状態が急激に悪化し、キム・サンチョル教授が手術を引き受けることになり・・・。
a0192209_2020212.gif

イ・ガンフン先生の片意地なつむじ曲がり、拒絶されることを恐れて素直に愛情を表すことができない、彼の強情な自尊心を、私は限りなく、愛したなぁ。
イ・ガンフンに始まり、イ・ガンフンに終わる。
この一言で、ドラマの感想は終わりだわ(爆)
とにかく、イ・ガンフン(シン・ハギュン)を堪能するドラマです。

イ・ガンフン。
傲慢に
横柄に
偉そうに生きろ。
絶対悪びれるな。
欲望に向かって突き進め。
立ち止まらずに。
それが・・・君への罰だ。

ある人が、ガンフンに手向けた言葉。まさに、何よりもガンフンの真髄を表しています。

孤高で、偽善的で、優しくてナイーブで、ひたむきで感傷的で、傲慢で、率直で、冷酷で、独善的、自己中心的、押しつけがましく、情愛深く、憎々しくて、いくら言葉を重ねても表現することは出来ない人。
手に掴めない物を求め、自分でも自分を何が駆り立てているのかわからず、とにかく上へ上へと目指して、走り続け、走り続け、倒れそうになりながらも、決して屈せず、世界の極限を追い求め、さまざまな何かを引きずりながら、静かな孤独の中で自分だけを信じる男。

ガンフン先生の口癖「チェガ(私が)」と言うのが、ものすごく印象に残る。
自分しか信じない彼の、その強烈なまでの自負心。その才能。
天才とは、他の人と時の流れが違って、凡人は誰もが彼をリスペクトはするが、同じ時の流れの中では生きることができないのだ。
本当に彼を理解出来るのは、敵であり、師であり、父であったサンチョル先生だけなんだろうな。

続きはネタバレ。

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-30 21:04 | ブレイン | Comments(5)

イケメンラーメン店

a0192209_2025540.jpg

イケメンラーメン店 Flower Boy Ramyun Shop 全16話 ( 2011年 韓国tvN)  
■演出:チョン・ジョンファ
■脚本:ユン・ナンジュン 
■キャスト:
チョン・イル(チャ・チス)
イ・チョンア(ヤン・ウンビ)
イ・ギウ(チェ・ガンヒョク)
パク・ミヌ(キム・バウル)
チョ・ユヌ(ウ・ヒョヌ)
ホス(ユン・ソイ)

(あらすじ)
何をやっても上手くいかない不器用な就職浪人生ウンビ(イ・チョンア)。しかし、とある偶然により超イケメン・チス(チョン・イル)と出会い、運命を感じたウンビはクールに告白。
しかし、チスは教育実習先の高校生だった! そんな中、不思議なイケメン・ガンヒョク(イ・ギウ)がウンビの前に現れる。ガンヒョクはなぜかウンビを自分の嫁だと言いだし・・・?!
ひょんなことからラーメン店を始めることになったウンビとイケメンたちが繰り広げる胸キュンてんこ盛りラブコメディ!
a0192209_20313845.gif


Auuuuugh!I LOVE this show!
ラブコメの王道ですが、作品のクオリティも半端ないです。

お話はよくある、高校生の御曹司と貧乏な年上の女の子の恋愛模様と見せかけて、まず、ここでチャ・チス(チョン・イル)が高校生に見えない(笑)
男性の色気むんむんですが、有り余るお金と権力を持っていて、なんでも持っているように見えて、一番大切な他人の感情の機微を読む力がないの。
そして、誰よりもさびしがり屋でね。
「花より男子」の道明寺が姉ちゃんに似ているつくしの拳に惚れたように、チスもウンビの「洋銀鍋」のスパイクで(どんなスパイクだ・笑)、ウンビが気になって仕方がない。
その後のアプローチの、おバカさ加減も似ているんじゃないかしら?
チスがおバカで、おバカで、おバカで愛おしくなる前半。

そうして、視聴者を大爆笑させながら、実は何気に「心を熱くして、生きているか?」と問いかけてくる。

「一口でも食べれば、心が満ち足りて、一口スープを飲めば、体中が熱くなる…ラーメンがある」

ラーメンとは、すなわち、「恋愛」であり、「人生」であり。
そんな骨太なテーマを、コメディに包んで、展開するこのドラマ、とにかく絶品です!
「イケメンラーメン店」を視聴せずに、ラブコメは語れない!

ラブコメの王道は、シチュエーションギャップで笑って、後半胸が痛くなるほど切なくなる、ことであると思っています。
この2つの緩急の付け方が、激しいほど心に残る。まさにこのドラマが、そうです。
まるで少女マンガのように展開するこの「イケメンラーメン屋」。
ストーリー展開が幼稚だって、意見もあるかもしれないけれども。

チャ・チス(チョン・イル)や、ウンビ(イ・チョンア)を始めとする登場人物たちを、観ていて思う。

幼稚だっていいじゃない。誰かに向き合おうと、走っていくその姿は愛おしい。
幼稚だっていいじゃない。自分が何者かを考える、その姿は愛おしい。
幼稚だっていいじゃない。自分の気持ちを表す言葉を探す、その姿は愛おしい。

とにかく、笑って、笑って、そして切なくなって、全ての登場人物が愛おしくなる、自分の心も癒されるドラマだわ。
16話観終わった後は、きっと、胸がアツアツになってます。
文句なしのOMG★★★★★です!
さあ、熱いラーメンを作って、食べようっと!

■■■

今更ながら、こっそり「イケメンラーメン店」の評価。 ←まだ書いていなかった(汗)
だって、「ブレイン」の感想を書く前に、書いとかなくっちゃね!
私のこのドラマに対する評価は大アマの最高評価にしていますが、実は不満がない訳ではないの。

1・ラブコメの構成的には、後半の視聴者に切なさを訴えかける部分が、非常に弱いように思う。そのために12話以降、展開に失速感が否めず・・・

2・チスの成長物語ではあるけれど、結局彼は、愛を通して世の中を知るけれども、「仕事」を通してはまだまだお子ちゃま。絶対味覚の持ち主として、自分だけの存在意義を持って、世の中と関わっていくかと、一瞬思ったのですが。スキルを持っていれば、父親の支配下から逃げることができるからね。
これは、チスのこれからの課題かな。
結局キャビアとして生きるか、ラーメンとして生きるか。
彼はやっとスタートラインに立ったばっかりだから。
ドラマの「the end」の後だってチス父の横やりは入るだろうし、チスがいかに自立するかは、このドラマでは描かれなかったから。

なんてことを考えます。だから、時々思うの。
「チスや~、元気にしてるかい?」って。
そういう風に、時々、ふと、思い出すドラマなんだろうな、私にとって。


しかし、自分のことながら、このドラマに関しては、本当にたくさん考察してるなぁ。
28個も記事があるよ~(爆)
読み返してみて、すっかり忘れていることも多くて、新鮮でした(爆)

もしも、お時間がある方は、こちらからどうぞ!
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-29 21:00 | イケメンラーメン店 | Comments(16)

憂鬱な手紙・・・ブレイン 19話まで



韓国ドラマ「ブレイン」19話まで視聴。
イ・ガンフン先生、滑舌もいいけれど、歌も上手いのね!言うことなし。
傍若無人、自信満々な態度に、その歌声。私のハートは撃沈
ガンフン先生が歌われた「憂鬱な手紙」は、映画「殺人の追憶」でも、使われていたよね。

わざとそうしたのか 忘れてしまったのか
カバンの中で奥深くしまっておいて 
別れようとする時になって ようやく 
僕に渡そうと書いた手紙を取り出したよ
家に戻ってゆっくり開いてみると 
きれいな紙の上に書きつけた文字 
一行一行、また一行と刻みつけて 
僕の正直な気持ちが浮かぶよ
僕を見つめると涙が出るのなら 
合ったふたつの目に涙が溜まるのなら 
それなら一言も必要なく 互いを信じるよ

僕を見つめると涙が出るのなら 
合ったふたつの目に涙が溜まるのなら 
それなら一言も必要なく 互いを信じるよ
愚かだと言っても 弱々しいと言っても 
強引だと言っても 賢いと言っても 
君は知っているのか 僕には何も関係ないことを
憂鬱な手紙は もう・・・



あああ、いよいよ残すところ後1話。切ないなぁ~
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-27 23:56 | ブレイン | Comments(0)

それでも世界は美しい・・・パダムパダム11話まで視聴

a0192209_20382523.jpg

韓国ドラマ「パダムパダム」11話まで視聴。

美しいなぁ、このドラマ。映像もそうだけれども、主人公の気持ちのあり方が美しい。
ガンチル(チョン・ウソン)は16年間服役していたので、精神年齢が(情緒面が)、少年のままで止まっているような男の人。出所してからは、見るものすべてが美しく思え、楽しく思える。彼のそんな視線を通して、こちらも世界が美しく思え、愛しく思えてくる。
視聴していて、愛おしさで胸がいっぱいになってくる、そんなドラマ。

「白痴」のムイシュキン公爵を、ガンチルを見ていると思いだして仕方がない。
懐が広く、愛に満ち溢れている。
(辛口ですが・・・チョン・ウソンのダイコン、とも思える演技が、時としてガンチルの世間知らずな振る舞いに非常にマッチしているという、終わりよければすべてよし、みたいな配役だわね。しかし切なさが伝わってこないのが、惜しい。愛おしさは伝わってくるのですが)

a0192209_2048533.jpg

奇蹟は3回、このドラマで起こる。まさに現代の寓話的な物語ね。
ガンチルを取り巻く悪意が勝つか、それともガンチルが持つ情愛が勝つのか。
やっぱり韓ドラにお馴染みの、復讐、親子の相克、運命の愛が描かれていくのだけれども、ヘビーではなく、なんとも不思議な柔らかい世界観なのよね。

a0192209_20575449.jpg

割と語りすぎる韓ドラですが、「パダムパダム」は言葉にしないでも、愛おしさや哀しみが伝わってくる。このドラマも好きだなぁ~と思います。
世界が美しいと実感させてくれるドラマ。この後の展開はどうなるんでしょうか。気になるぅ~

a0192209_20572469.jpg

蛇足ですが、ガンチルが制作する木彫りの人形たちって、舟越桂の趣があるような気がします。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-27 21:10 | パダムパダム | Comments(0)

PALM

計り知れぬほど深く、おののくほど強く、信じがたいほど永く
貫かれた、愛があった
1981年にわたしは彼と出会い、
1988年に彼は死んだ

彼の名はジェームス・ブライアン
「どこにもいない人間」
または「存在するはずのない者」
a0192209_1949799.jpg

PALM 獸木野生(伸たまき) (1983年~連載中)

(あらすじ)
1981年、元心臓外科医の私立探偵カーター・オーガスは、シンジケートの家系に生まれ、11歳で誘拐され、数奇な運命をたどったかつての天才児、ジェームス・ブライアンを助手として雇うことになる。
28歳でこの世を去ったジェームスの伝説を中心に、3人の人種の異なる主役とその周りの人々、20世紀後半の世界を描いた壮大な人間ドラマ。
シリーズは2010年代完結の予定。

a0192209_19502256.gif

私が未だに新刊を絶対購入する漫画家さんがいる。
岩舘真理子、くらもちふさこ、そして獸木野生。
獸木を知ったのは、83年だから、かれこれ29年。あっという間の29年。
知らない方も多いのかな。この「PALM」シリーズ。現在35巻まで出版されていて、先日やっと9話が終了。物語はいよいよ佳境に入り、最終話「TASK」を残すのみになった。

ちょっと独特のアメコミ風で、白と黒の陰影が印象的なその絵柄は、およそ少女マンガというジャンルでくくるには無理がある気がする。その壮大なストーリー性も。
少年マンガのように勝ち進む物語ではないし、少女マンガのように、「あなたと私」という恋愛の土壌で展開する物語でもない。
不思議な風合いを醸し出しているマンガで、とっつきにくい、と思われている方も多いと聞く。

でもね、でもね、一度この世界に足を踏み入れると、圧倒される。
登場人物が織りなす運命の紋様は、壮大なタペストリーで、クロニクルなのだ。
この物語が稀有なのは、最初から主人公の死ぬ日が明示されていること。年表があるのだ。
永野護の「ファイブスター物語」のように。(しかしFSSはファンタジーなので、なんでもありな荒唐無稽の年表だけれどもね・笑)
死に向かっていく物語なのだ。まさに、我々の人生と同じ。

脚本があり、コマに絵を落としていくその作者の技法のおかげで、まるで映画のよう。毎話のラストシーンは、本当にそのまま映画のエンドロール。
絵が流れていき、どこからともなくBGMが聞こえてくる。そんな斬新なマンガ。
獸木は、独学でマンガを描いてきた、と述べるように、マンガ家育成エリートコースから外れた彼女の、その技法は独特であり、特異であり、ストーリーと相まって、奇跡のような物語を綴っていく。
(彼女の半生は「青また青」で描かれている。まさに事実は小説より・・・みたいな人生なのよ)

a0192209_204840.gif

何よりもその物語。
まるでサリンジャーのような、アーヴィングのような、カート・ヴォネガットのようなアメリカ文学を彷彿とさせる、奇想天外なストーリー。
描かれるのは、生きることと、死ぬこと。
死は突然飛来する、何の前触れもなく、テロリストのように。
そんな作者の達観した冷徹な眼差しが、この物語の根底を流れているのだ。
どんなに、爆笑するシーンでも、愛おしくなるシーンでも、嬉しくなるシーンでも、死の影は常にそこにある。



淋しさと、愛おしさと、切なさと、恐怖が入り混じって。この物語を読むたびに狂おしくなる。
アメリカという国に流れ着いた椰子の実(パーム)のような人々が、疑似家族を作り、そして別離の予兆に満ちた最終話「TASK」。とうとう最終話まで29年かけてきたんだわ、と感慨深い。

主人公のキャラ設定も秀逸。
しかし主人公3人は、皆、アダルトチルドレンだわね。
母親に「void」と名付けられた「存在しない人間」ジェームス、黄色人種の血ゆえに母親に虐待されるカーター、ライオンに育てられたアンディ。
彼らのそれまでの人生を思うと、どうか少しでも長く、疑似家族としての安らぎの時が続くようにと、願わずにはいられない。
設定だけ見ると、「はみだしっ子」の後継者のような作品だわね。

笑いと(80%は笑える話です!)と愛と涙と感動を味わえる、大河ロマン。
人生って哀しくって、残酷で、でも果てしなく美しいものなんだわ、と感じさせてくれる物語です。
機会があればぜひ。

パーム0・お豆の半分
パーム1・ナッシング・ハート
パーム2・胸の太鼓
パーム3・あるはずのない海
パーム4・スタンダード・デイタイム side1、スタンダード・デイタイム side2
パーム5・星の歴史-殺人衝動
パーム6・オールスター・プロジェクト
パーム7・愛でなく
パーム8・午前の光
パーム9・蜘蛛の紋様
パーム10・TASK
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-27 20:20 | 恋愛は少女マンガで教わった | Comments(4)

肩甲骨は翼の名残り・・・パダムパダム 3話まで

a0192209_2027212.jpg

韓国ドラマ「パダムパダム・・・彼と彼女の心拍音」3話まで視聴。

(あらすじ)
無実の罪をきせられ16年間服役しているガンチル(チョン・ウソン)は、仮出所を目前に控え複雑な気持ちだった。自分を陥れたチャンゴルに復讐したい、自分を捨てた母親を問い詰めたい、昔好きだったスミという女の安否も気になっていた。そんな気持ちのまま迎えた仮出所当日。ガンチルは仲間のグクス(キム・ボム)と一緒にすっかり変わってしまった街並みに圧倒され、まるで夢を見ているようだった。たくさんの人、車、混み合った地下鉄。地下鉄の中で獣医のジナ(ハン・ジミン)に痴漢と間違われ、運命的な出会いをすることに。これが奇跡の始まりだった…。


「愛の群像」、「嘘」、「グッバイソロ」、「彼らが住む世界」の脚本家ノ・ヒギョンの新作。
1話だけは2月に視聴していたのですが、本格的に視聴しようと思って3話まで視聴。
1話での感想が、そのまま継続している感じです。
ザル頭の私は、自分が何を書いていたのかを忘れていて、自分の感想を読み返して、ものすごい上手いこと書いているなぁ、と感心しました。馬鹿だわぁ(爆)

「パダムパダム」は、むしろ引き算でみせているドラマ、かな。
セリフは、極力削っていて、最小限で、説明はほとんどない。

映像は絶品で、セリフで登場人物の心情を語らせてはいない。カットバックで過去の映像や、あるいは未来の映像、ファンタジーなどを瞬間入れてくるので、ぼうっとしているとすっかりストーリーに置いていかれる。
一言で言えばわかりにくいドラマ。

ここ最近視聴していた「イケメンラーメン屋」「ヴァンパイア検事」「オジャッキョ」「ブレイン」などは、わかりやすいドラマであるので、ちょっと面喰う。
「パダムパダム」は、毛色が変わったドラマだなぁ。

しかし、それが面白くないのかと、問われると、妙に気になるドラマなのよ。
視聴していて、イライラしない。ドラマで流れる空気感に、身をゆだねて、視聴者も共にたゆたう。
主人公たちの心拍音に、自分の心拍音をそっと重ねて、視聴していくドラマかな。

う~ん、この微妙な空気感、違和感、なんて表現したらいいのかしら。
不思議なドラマです。今は、ストーリー展開よりも、OSTに心が揺さぶられて、引っ張られて視聴している感じ。Noelの ♪ 生きるために ♪を聞いていると、無性に切なくなって、愛おしくなって、心が苦しくなります。
言葉にできない、このニュアンスを味わいながら、今は視聴しているの。
果たして、完走できるか、フェードアウトするかは未知数ですが、このドラマの何かが、私の心をそっとノックしているの。それが、何かを見極めたいな、とぼんやり思う。

a0192209_20453135.jpg

イ・グクス役のキム・ボム。この役のために、ものすごく体を絞って。
彼の肩甲骨を見ていると、本当に天使の翼が生えてきそうです。
彼の正体はいったい何なのか。

主役のチョン・ウソンは私は、ドラマでじっくり視聴するのは初めて。
どうしてもイ・ジア絡みの、出来事を思い出してしまうのだけれども。

ガンチルは粗野で、単純で、乱暴で、そして、純粋なさえない中年男。
半生を牢獄で過ごし、そして果てしなく「死」に近い男・・・のように見える。
「あの世」と「この世」の境目を、危なかしくふらふらしている人生。
奇跡のような、素晴らしく幸せなこともなく、ただただ、ゆるやかな絶望の中に生きている。
ハンサムすぎて、かえって、何かが欠けている人物に思えるの。
ハン・ジミンが女優さんにしては小さいので、彼女と並んで立つと、「大男、総身に知恵が・・・」みたいに見えてしまう。無駄に美男なのが却って、あだとなっている感じ。
語彙力がなく、自分の感情は全て、拳で語ってしまい、激情を抑制出来ず・・・みたいな感じのガンチルにチョン・ウソンぴったりじゃないかしら。

そんなガンチルとグクスがつるんでいるのを見ると、「傷だらけの天使」のショーケンと水谷豊を彷彿とするの。「兄貴ぃー!」とショーケンを呼んでまとわりついた、水谷豊(役名は忘れちゃったのですが)と、同じ構図なのよね。


a0192209_21192614.jpg

映像は絶品。「ラブレイン」とは違った趣き。
「ラブレイン」はある意味、ユン・ソクホ監督が色彩にこだわり、計算して撮った、あざとい感じがあるのだけれども、「パダムパダム」は自然の美しさ、光線の美しさ、光と影、生きているってことを撮っているような気がする。
上手く、キャプチャーで色が出ないのだけれども、本当に、本当に、息をのむくらい美しい映像。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-23 21:06 | パダムパダム | Comments(6)

生きるために




살기 위해서 - Noel(노을)
生きるために



ネガ イロケド カスミ ットゥィヌン ゴン
내가 이렇게도 가슴이 뛰는 건
僕がこんなにもときめくのは

クデガ ネ マウメ タニョ ガッソンナ ブヮ
그대가 내 마음에 다녀 갔었나 봐
君が僕の心に立ち寄ったみたいだから

ウリサラヌン ット スチョガジマン
우리 사랑은 또 스쳐가지만
僕らの愛はまたすれちがうけれど

セサゲソ カジャン クリウン サラム
세상에서 가장 그리운 사람
世界で一番恋しい人

ネガ オヌセ クデ イルムル プルロ
내가 어느새 그대 이름을 불러
いつの間にか君の名前を呼ぶ

ウォンハムニダ ネガ サルギ ウィヘソ
원합니다 내가 살기 위해서
願うよ 僕が生きるために

ク サラギ アパド キダリルッケ ヨギソ
그 사랑이 아파도 기다릴께 여기서
愛が苦しくっても待っているよ ここで

サラギラン モルリ イッソド オンジェンガン マンナル テニッカ
사랑이란 멀리 있어도 언젠간 만날 테니까
愛というのは遠くにあってもいつかは出会うはずだから

ニガ オプスミョン チュグル コッ カタソ サルギ ウィヘソ
니가 없으면 죽을 것 같아서 살기 위해서
君がいないと死んでしまいそうだから 生きるために

ウェ イユ オプシ ヌンムリ ナンヌンジ
왜 이유 없이 눈물이 났는지
どうして理由も無く涙が出たのか

クロケ ガスム アパヤ ヘンヌンジ
그렇게 가슴 아파야 했는지
あんなに胸を痛めなければいけなかったのか

チグム タルリョガ ッコク マレジュゴ シポ
지금 달려가 꼭 말해주고 싶어
今駆けよって 絶対、言ってあげたい

ウォンハムニダ ネガ サルギ ウィヘソ
원합니다 내가 살기 위해서
願うよ 僕が生きるために

ク サラギ アパド キダリルッケ ヨギソ
그 사랑이 아파도 기다릴께 여기서
愛が苦しくっても 待ってるよ ここで

サラギラン モルリ イッソド オンジェンガン マンナル テニッカ
사랑이란 멀리 있어도 언젠간 만날 테니까
愛というのは遠くにあってもいつかは出会うはずだから

ニガ オプスミョン チュグル コッ カタソ ノル サランヘソ
니가 없으면 죽을 것 같아서 널 사랑해서
君がいないと死んでしまいそうだから 君を愛してるから

トゥ ボン タシン モッ ポゲ トェル ッカブヮ
두 번 다신 못 보게 될 까봐
もう二度と会えなくなりそうで

ヨンギチョロム ニガ サラジルッカブヮ
연기처럼 니가 사라질까봐
煙のように君が消えてしまいそうで

ナン トゥリョウォ
난 두려워
僕は怖いんだ

ウォンハムニダ ネガ サルギ ウィヘソ
원합니다 내가 살기 위해서
願うよ 僕が生きるために

ナル サルケ ヘジュン サラム パロ クデイムニダ
날 살게 해준 사람 바로 그대입니다
僕を生きさせてくれる人 君なんだよ

ヌンムルマジョ コマプスムニダ クデガ ジュン ゴシニッカ
눈물마저 고맙습니다 그대가 준 것이니까
涙でさえありがとう 君がくれたものだから

クリウム ジョチャ ナヌン ヘンボケソ
그리움 조차 나는 행복해서
恋しささえ僕は幸せだから

サルギ ウィヘソ ノル サランヘ
살기 위해서 널 사랑해
生きるために 君を愛してる


ヘビロテ中♪
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-23 19:10 | パダムパダム | Comments(0)

Shot through the heart, and you're to blame・・・ブレイン 17話まで

a0192209_2047343.jpg

韓国ドラマ「ブレイン」17話まで視聴。

連日連夜の、イ・ガンフン ソンセンニム大好き宣言に、ネットの最果ての当blogを訪ねてくださる、ありがたい皆様もいささか、too muchであろうかと思われますが、生温かい目でスルーしていただければ、と思います(笑)

純粋さと狂気を持つ男、イ・ガンフン。
完璧な神経外科知識、鍛え抜かれた筋肉、訓練の積み重ねの手術テクニック。
手術室は誰よりも、イ・ガンフンを必要として、手術室に入るソンセンニムは、戦場のワルキューレのよう。
視聴している私の魂をヴァルハラまで導いてしまう。
(いや、しかし、患者の魂をヴァルハラに導いてはいけないけれど・笑)
陰湿で姑息で、計算高くて、傲慢で、高慢で、鼻持ちならない。
でもこのくらい堂々として生きていたら、立派だと思う。
言いたいことをばしばし言って、自信過剰で、自分中心に地球が回っていると思っている。
最低のようで、最高の人なの。本当にゴーカイ。

コ科長ににっこり笑って囁くさまは、まるでメフィストフェレスのよう。
自分の果てしない野心のためには、プライドが高く高慢なくせに、頭を下げることや、にっこり笑うことなんか、お茶の子サイサイ。彼の野心はどこに向かって、そして満たされることがあるのかしら。
彼の野心は、イ・ガンフンの強迫観念のように見えてきて、私の心を痛める。
野心がなければ、貧乏な自分は生きていけないんだ、というかのように。

でも、そんな彼の中から、ほんのひとかけら、ぴかぴかと光る純粋さが、表面に現れた時に、私はノックアウトされる。


常々、「萌えは細部に宿る」というモットーのもと、萌えを探し、彷徨う私ですが、スマホの使い方といい、自動扉を前にいらだって手を振るしぐさといい、ハギュンの演技の真骨頂を味わえます。
ガンフン先生にメロメロ、ヨロヨロ、フラフラの腑抜け状態、ハートを撃ち抜かれた私ですが、ふと冷静になってみると・・・


続きはネタバレです~

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-21 21:53 | ブレイン | Comments(4)

BASARA

己の望むことを!己の望むように!己で考え!己で選び!己で決めろ!
己を信じ 己を頼め 己で荷を背負い 己で責めを負い
己の意思で 判断で 誇りを持って 己のために生きよ
それがそれこそが 新しい...

a0192209_20375512.jpg
BASARA 田村由美 (1990-1998年)

(あらすじ)
高度な文明が20世紀末に滅び、日本は王の一族によって支配され
国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。 
そして300年の時が過ぎ
 山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれる。


兄はタタラ、妹は更紗(さらさ)と名付けられた。
兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていたが
、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺される。


妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラを名乗り
、赤の王への復讐のため、立ち上がる…。



a0192209_2044476.gif

今更、ワタクシごときが、取り上げるのもおこがましい「BASARA」。

泣いたよね、皆、泣いたよね?
胸が痛かったよね、皆、痛かったよね?
生きるって何かを考えたよね、皆、考えたよね?

読了後、何年経とうとも、血が湧き、肉が躍る読後感を味わせてくれる名作です。

それまで絵は綺麗だけれども・・・という認識だったのが、「巴がゆく!」で、田村由美ってすごいかも、と感じ入り、「BSARA」において、もう、心が鷲掴みにされました。
「とりかえばや物語」「ロミオとジュリエット」や、ジュブナイル小説の要素を取り入れながら、この物語のテーマは恋愛ではない。
闘いながら更紗が問い続けるのは「戦争とは何か、権力とは何か、国家とは、理想的な政治体制とはどういうものか」

この稀有なマンガの登場が、衝撃的だった。
それまでの少女マンガのテーマは2つだった。
恋愛を通じて自分の居場所を追い求めていた、ドジで人並な容貌の女の子が、学園のヒーローに「君はそのままでいいんだ。そのままの君が好きなんだ」と言ってもらうことで、世界に認めてもらい、アイデンティティを確立していく。
あるいは、家族再生の物語。この2つのテーマが大きな主流だった。
そのマンガ界に、田村由美は新たなテーマを持ち込んだのだ。「闘う少女」という。
そのことで、男性に認められなければ、自分の居場所はないという、無意識の刷り込みを少女マンガから受けていた、私たちは、熱狂したのだ。
私たちだって、世界と闘えるんだ、と。
90年代の男女雇用機会均等法における、女性の総合職への進出が謳われる時代を背景に、少女マンガにおいても「闘う少女たち」というジャンルが、浸透してきたのだ。


そんな、コムズカシイこと考えなくても、私たちは熱狂したよね。この物語を読むと、血がたぎって、たぎって、仕方がない。今すぐにでも、何かを成し遂げなければ、走っていかなければいけない、気分になる。

「BASARA」はまた、名言が多いのよね~

命を賭けるということは、死んでもいいと思うこととは絶対に違う。

傷つけた人に認めてもらえるくらい、美しく、堂々と生きてゆきなさい。

がんばりなさい。
いつも鏡に自分を映して真っすぐに自分を見つめられるよう、
恥ずかしくて目をそらす、そんな不正直な自分でないように。

国の未来を築くのは、救世主でも、王でも、英雄でもない。
母親という人たちです。

憎しみはね、続かないんですよ。
生きて歩いて人に会い、誰かを愛せば消えてしまうんですよ。

『心を受け取る』と書いて『愛』と読むのだす。

燃えさかる炎のようで 清らかな水の流れのようで
暖かい大地のようで 決して支配されない 風のような人。

もう、このセリフを読むだけで、条件反射的に号泣。

a0192209_21225099.jpg
キャラクターが皆、愛おしい。主役の更紗、朱里はもちろんのこと、捨てキャラが一人もいない。
私のお気に入りは、浅葱ですわ~、やっぱり、陰険な人が好きですもの。
何が好きかって、浅葱と更紗が背中合わせになって、この人とならば背中合わせで闘える・・・というシーンが泣けて、泣けて、仕方がない。

「BASARA」読後感が、ものすごくビターな感じで、何年経っても、私の心の中でかさぶたになって、時々それが剥がれて、生きている哀しみと、前に進んでいかないといけない勇気を、思い出させてくれる。
そんなマンガです。
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-20 21:24 | 恋愛は少女マンガで教わった | Comments(10)

イ・ガンフン先生に萌えすぎて心臓が止まりそうです!・・・ブレイン

a0192209_8212065.jpg

韓国ドラマ「ブレイン」のイ・ガンフン(シン・ハギュン)。

えっと、この前まではチャ・チス君@イケメンーラーメン屋、ちょっと前はミン・テヨン検事@ヴァンパイア検事、つい最近ファン・テヒ刑事@オジャッキョと密かに、萌え萌えの日々を送っていましたが、ここにきて彗星のごとく私の前に現れたイ・ガンフン先生に萌え萌えメロメロ、首ったけの状態になっています。
(最近トキメキの収穫期だったのね、私・笑)

私と同じような症状を発症する方が、いらっしゃって爆笑。以下抜粋。


■シン・ハギュンのリップサービス■

スマートフォンは口に当てる
スマートフォンが小さいわけでもなく、顔が大きいわけでもないのに、電話をするときは決まって口に当てる。この不思議なクセはスマートフォンのどこに耳を当てればいいのか分からないところに気づかれたくないというプライドの高さを物語っているように見える。噂によると、会員登録の方法が分からず、自分のファンサイトに書き込みが出来なかったこともあるという。

注射器の蓋は口でくわえる
息子が自分の母を助けるために未認証薬を投与するという胸がジーンとする場面。しかし注射器の蓋を口にくわえた彼の唇だけに目が行ってしまう。蓋を手で開けてもよかったのに、あえて口で開けて口にくわえたまま薬を投与する15秒間、見ているこちらも心臓バクバク。

お肉は口で噛み締める
睨みつけている相手の前でもステーキを夢中で食べる。シャープな顎のライン、引き締まったボディーラインをキープしているから、これくらいは大目に見てあげよう。ドンドン食べて!

ドキュメンタリーは口で完成させる
2年前、彼はSBSスペシャルドラマ「最悪のシナリオ」のナレーションとして登場し、未来の世界を予測する研究員として出演したことがある。台本のセリフを練習する時は、句読点一つ疎かにしないように心がけていたという。皆を虜にするオーラと魅力な声は、このときに完成されたのかもしれない。


ガンフン先生、スマホの使い方が独特で、彼が電話をするシーンを見るだけで、私は胸が爆発しそうなのですが(ははは、もう、末期症状ね)、よ~く見ると時々スマホが上下逆になって通話されていたりするのよね~。
胸はドキドキ爆発しそうだったけれども、思いっきり大爆笑させていただきました!
ガンフン先生ったら、果てしなくお茶目♪
ガンフン先生のスマホの使い方には、要チェック(笑)


続きはネタバレ~

More
[PR]
by moonlight-yuca | 2012-05-20 08:36 | ブレイン | Comments(4)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line