人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

nakayama kaho

a0192209_1702666.jpg


「猫背の王子」中山可穂 (1993年)

創作上でのロマンスに関してのタブーは、あまりにないと思う。(リアルは別だけれども)
何しろ敬愛するBL作家木原音瀬が、もちろんBLを始めとしてあらゆる手法でロマンスにおける萌えの領域を広げてくれたから、私の。

そして私の中でロマンスの双璧の一人、中山可穂 は、ビアンというロマンスの領域を見せてくれた作家である。
時として、ビアンの世界の赤裸々さを描く作家、とセクシャルな部分のみしか語られない作家であるが、私の中では「ものすごく心が痛む作家」としてカテゴライズされる。
私にとって、セクシャルな描写は、それほど重要なことではない。
ロマンス小説(映画やドラマでも)胸が痛くなるかどうか、が評価の基準であり、中山の作品は、狂おしく胸が痛くなるのだから。


自分とセックスしている夢を見て、目が覚めた―。女から女へと渡り歩く淫蕩なレズビアンにして、芝居に全生命を賭ける演出家・王寺ミチル。彼女が主宰する小劇団は熱狂的なファンに支えられていた。だが、信頼していた仲間の裏切りがミチルからすべてを奪っていく。そして、最後の公演の幕が上がった…。スキャンダラスで切ない青春恋愛小説の傑作。俊英の幻のデビュー作。



王寺ミチルにどれほど焦がれたことか。
彼女の舞台をどれほど観たいと、焦がれたことか。
セクシャルな場面もあるけれども、この作品はむしろ、真摯に一人の人間が舞台に向き合うとはどういうことか。
それに巻き込まれた人はどれだけ傷つくのか。そのことによってミチルもどれだけ傷ついてしまうのか。
それすらも超越する演劇の魅力。
そんな物語に見えて、仕方がなかった。

何よりもビアンの世界を舞台にしながら、愛しようのない女を愛したトオルという男の恋の物語であり、それが次作でより鮮明になったことに、深く感銘を受けた。

王寺ミチルの物語は三部作だそうだが、三作目は、未だ世に出版されない。
最近の作者の本のあとがきで、現在の出版業界との決別ともとれる文章が掲載されていて、おののいている。
曰く、中山のような寡作の作家に対して、商業主義の出版社は発表の機会を与えない、とのこと。

ミチルに逢いたいから。
私の胸を狂おしく焦がしたミチルのその後が、見たいから。
強く願う。
どうか、ミチルのその後を読めますように、と。
by moonlight-yuca | 2013-02-24 20:08 | ■本■ | Comments(0)

いつでもお前のそばにいるよ・・・その冬、風が吹く5話まで

a0192209_18274073.jpg

韓国ドラマ「その冬、風が吹く」5話まで視聴。





「その冬、風が吹く」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=71

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-24 19:21 | その冬、風が吹く | Comments(0)

生きたがる男と死にたがる女・・・その冬、風が吹く3話

a0192209_13174313.jpg

韓国ドラマ「その冬、風が吹く」3話視聴。
映像が綺麗だわ。チョ・インソンもソン・ヘギョも綺麗で、綺麗で。彼らを鑑賞するだけでも、楽しいかもしれない。





「その冬、風が吹く」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=71

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-16 13:59 | その冬、風が吹く | Comments(2)

その冬、風が吹く vs 愛なんていらねえよ、夏・・・part1

韓国ドラマ「その冬、風が吹く」と日本ドラマ「愛なんていらねえよ、夏」の比較覚書き。





「その冬、風が吹く」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=71

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-15 21:59 | その冬、風が吹く | Comments(8)

あんたがくれる愛はいらない・・・その冬、風が吹く2話まで

a0192209_23115981.jpg

韓国ドラマ「その冬、風が吹く」2話まで視聴。





「その冬、風が吹く」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=71

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝



a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-15 00:04 | その冬、風が吹く | Comments(0)

Autumn has come・・・愛なんていらねえよ1

a0192209_213643.jpg

「愛なんていらねえよ、夏」THE LAST1再視聴。




「愛なんていらねえよ、夏」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=15

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-12 22:27 | 愛なんていらねえよ、夏 | Comments(16)

I want to die in your arms・・・愛なんていらねえよ2

a0192209_20443334.jpg

「愛なんていらねえよ、夏」LAST2再視聴。




「愛なんていらねえよ、夏」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=15

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-12 21:19 | 愛なんていらねえよ、夏 | Comments(0)

イタズラな恋愛白書・・・我可能不會愛你

a0192209_19423050.jpg

イタズラな恋愛白書(我可能不會愛你) In Time With You (2011年台湾)







「イタズラな恋愛白書」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=105

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝





a0192209_22100025.jpg


by moonlight-yuca | 2013-02-05 20:47 | イタズラな恋愛白書 | Comments(18)

官能的でダークでダークでダーク・・・

a0192209_1702623.jpg

念ずれば通じる…
時々、自分の念の強さに我ながら敬服することがあります、こと本に関しては。
絶版本が入手できたり、初版本をいただいたり、そしてずっと読みたかった本がとうとう、翻訳されたり、と。
この念の強さは、書物限定なのが、ちょっと残念ですが。
ちなみに、宝くじにこの念が通じたことはありません。やれやれ。

が、とうとう、コニー・ブロックウェイの「All Through the Night」が翻訳されることに!!
最近はロマンス系小説はとんと読まなくなりましたが、2005年はロマンス小説を乱読してました。
その中でも、ブロックウェイはお気に入りで、ローズハンターシリーズが立て続けに翻訳されたので、「All Through the Night」も近いうちに読めるな、と思っていたのに、はや8年…
この小説が日本に紹介されるのにこんなに時間がかかったのは、何故なのだろうか。
ゴミのような(←失礼)ロマンス小説が山のように出版されるのに、なぜ「All Through the Night」は翻訳されないのか、悔し涙に泣きぬれました(笑)
いやあ、本当に念ずれば通じますね。本館でも2011年に書いていました。→ココ
とうとう3月に出版ということで、過ぎ去りし日々を思い出し感慨にふけっちゃいました。

ブロックウェイというとコメディタッチの明るいロマンスシリーズがが日本では人気みたいですが、私としてはNONですよ。
エモーショナルで暗い系のブロックウェイの代表作、官能的でダークでダーク。
「All Through the Night」楽しみだわ~


【あらすじ】
「悪魔のジャック」と恐れられ、どんな時も冷静さを失わないジャック・セワード大佐は世間を騒がせている大盗賊を逮捕し、ある屋敷から盗まれた手紙を取り戻す任務を与えられた。ところが、罠を張って待つ大佐の前に現れた盗賊の正体は、なんと妖艶な女で……!?



って感じで、切なくて、ダークでダークで官能的な「キャッツ・アイ」のようなお話です。
他人を愛することができない女と、他人を信じることができない男の物語。きゃああ!
やっぱり胸やけしそうなロマンス小説より、ダークでダークで官能的なロマンス小説の方が好きだわ。

原書はね、チャレンジしたのだけれども、エイゴに言い回しが難しいのですよね(私的に)、ブロックウェイ。
by moonlight-yuca | 2013-02-04 20:05 | ■本■ | Comments(0)

Farewell to illusions of happiness・・・愛なんていらねえよ3

a0192209_21283185.jpg
「愛なんていらねえよ、夏」LAST3再視聴。






「愛なんていらねえよ、夏」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=15

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2013-02-03 21:55 | 愛なんていらねえよ、夏 | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line