人気ブログランキング |

nothing hurt

yuca88.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

優雅な奴隷・・・密会 10話まで

a0192209_19430179.png
韓国ドラマ「密会」10話まで視聴。





More
by moonlight-yuca | 2014-04-27 20:41 | 密会 | Comments(0)

百年の花嫁

a0192209_19352778.jpg
百年の花嫁 Bride of the century 全16話 (2014年 韓国TV朝鮮)





「百年の花嫁」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=82

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝


a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2014-04-25 20:34 | 百年の花嫁 | Comments(6)

貪愛・・・宮廷の泪・山河の恋 10話まで

a0192209_17534437.png
中国ドラマ「宮廷の泪・山河の恋」10話まで視聴。



お花見旅行に行っている間に、あっという間に15話まで進んでいますよね。青息吐息でたまったドラマを消化しております。
「ブーブー」の時も、先日までの「蘭陵王」の時も、突っ込まなくちゃと思っているうちにあれよあれよという展開です。
5話までは、まったりとした展開だったのね。6話以降は怒涛の展開で目をまわしています。
このまま15話の放送分まで視聴してしまったら、きっと感想をどこから書いたらいいのか分からなくなりそうで(笑)



はかなげに見える海蘭珠。よくわからないコスプレ(笑)で、ホンタイジを誘惑。ハンはあっさり陥落、と。
このコスプレ、最初、卓林恋しさのあまりにとうとう海蘭珠も熊の衣装を着たのかと思っちゃいましたが、違いました(爆)


まあ、あれだけ海蘭珠LOVEをアピールされたら、福晋たちもたまったものじゃありませんね~





a0192209_17532029.png
ホンタイジも色々と福晋たちを使いわけていますね。
ビジネスパートナーもとい参謀には哲哲、ラッキースターと後金の母に玉児、そして愛するのは海蘭珠と。
使い分けられている女たちはたまったものじゃありませんことよ。

上手く女たちを愛していると思っているのはホンタイジだけで、今にも爆発しそうな彼女たちのストレスが怖いっす。






a0192209_17540215.png
海蘭珠も腹が決まったのか、とうとうホンタイジのバックアップを元に、玉児の母に復讐を始めるのでしょうか?






a0192209_17535264.png
不憫だった卓林。村一番の勇者役でと登場しながら、あっという間に転落。最後はクマ人間になっているなんて・・・
中国ドラマの展開の早さと突拍子のなさに、度肝を抜かれました。





a0192209_17533850.png
10話をかけて三人のヒロインたちをあっという間にお手つきにしたホンタイジ。
あれも欲しい、これも欲しい、とダダをこねている子供にしか見えません。
決して好色家というわけではないのに、覇業をなしとげるためには女たちが必要なのでしょうね。

唯一愛した海蘭珠もはかなげな仮面の下にはしたたかな一面もあり。
初めての共寝のシーンで、日本放映時にはカットされていますがオリジナル版では海蘭珠は先に目覚めていました。
彼女のその冷徹にホンタイジを見つめるまなざしにゾクゾクしたのだけれどもなぁ。
なんでカットするのか、このシーン。
海蘭珠の隠された一面を伺うことができるのに。





a0192209_17531340.png
とにかく「山河の恋」では登場人物たちが全員、愛する相手を間違ってしまったことが悲劇の原因でしょうと思ってしまいます。
誰一人幸せな人物がいないのよね。



女として愛してほしいのにビジネスパートナーとしてしか関われない女、哲哲。
愛する女のために愛してもない女と結婚する男、ドルゴン。
英雄を崇拝するあまりにその感情が愛だと勘違いしてしまった女、玉児。
復讐のために愛してもない男に抱かれる女、海蘭珠。
たとえ体を抱くことができても愛している女の心は手に入れられない男、ホンタイジ。



ほら、誰もが報われない愛を、間違っている相手に捧げて苦しんでいるように思えます。
相手に執着するあまりに、幸せを逃してしまう人たちの物語のような気がします。
「山河の恋」は愛がすれ違ってしまう物語なのでしょうか。




web拍手 by FC2 





(2014.5.5追記)
「山河の恋」13話まで視聴したのですが、どうしてもこのドラマについていけませんでした。
後宮の諍いって、苦手なのかもしれない。
一夫多妻制も苦手なのかもしれない。
もしかしたらこの後、私を感動させるような愛の形が見れるかもしれませんが・・・
毎日録画がたまっていく「山河の恋」がかなりストレスになっていたので、ここで潔くリタイアです。



by moonlight-yuca | 2014-04-20 19:07 | ■挫折しました(^_^;)■ | Comments(0)

楽俊凱3話・4話

a0192209_20132460.png
中国ドラマ「楽俊凱( 乐俊凯 )」3話と4話のあらすじ。


「楽俊凱」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=104

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2014-04-20 18:59 | 楽俊凱 | Comments(4)

太陽がいっぱい

a0192209_20265950.jpg
太陽がいっぱい Full Sun 全16話 (韓国KBS)

■監督:ペ・ギョンス
■脚本:ホ・ソンへ
■キャスト:
ユン・ゲサン(チョン・セロ / イ・ウンス)
ハン・ジヘ(ハン・ヨンウォン)
チョ・ジヌン(パク・ガンジェ)
キム・ユリ(ジェイン)


【あらすじ】
タイで起こったダイヤモンド盗難事件により、父と人生全てを失った男チョン・セロ(ユン・ゲサン)と、愛する婚約者を失った女ハン・ヨンウォン(ハン・ジヘ)の致命的なロマンス。

a0192209_21070282.jpg
視聴する前からものすごく楽しみにしていた「太陽がいっぱい」でしたが、あまりにも期待値が高すぎるとがっかりすることが多い、という法則に当てはまってしまったドラマでもありました。


視聴率がすべてではないと思いますが、2~3%という視聴率しか取れなかったという理由もあるわけです。
マニアックすぎる訳でもないし、悲しすぎるドラマでもない。なんとなく何もかも中途半端な感じがずっと漂っていました。


愛し合うはずのない男女が愛し合う・・・というKBSお得意のメロドラマのはずなのにね、映像やらシチュエーションばかりを大切にしすぎて、中身が伴わなかったのかしら。
雰囲気ドラマ、と名付けましたが。
前回書いた感想がこのドラマのすべてで、16話までなんとか頑張って視聴したものの、私の心を震わせるようなことはなかったなぁ。

俳優さんたちの熱演はあるものの、どうにも空回りしている感じが、ドラマのあちらこちらから漂って、視聴するのが途中から非常に辛かったです。






a0192209_21280670.jpg
愛してはいけない人を愛してしまう・・・そこにこのドラマの真髄があると思うのですが、その瞬間の衝撃が「太陽がいっぱい」では見ることができなかったと思います。
自分の復讐や、世間体や、しがらみなどに縛られたりする人生において、コントロールできない自分の恋心って、かなり衝撃だと思うのです。
恋に墜ちてしまった自分に呆然としてしまう瞬間、恋に墜ちてしまう瞬間、その瞬間を視聴したくてドラマを見ているのです。
ところが「太陽がいっぱい」におていはその瞬間が、あまり感じられなかったのよね。

ユン・ゲサンとハン・ジヘの間にそういう電撃的な雰囲気が醸し出されなかったような気がします。
終盤この二人の熱演が、空回りしてドラマから浮いてしまっている感じもして、イタイタしかったです。






a0192209_21281595.jpg
「太陽がいっぱい」・・・このタイトルの意味もよくわからない。
まずタイトル付けからして失敗だったでしょう。
ピカレスク・サスペンスというわけでもなく、「大人の童話」を標榜していましたが、童話というものはその裏側にシニカルな人生観が秘められていますが。
なんだかそれもなかったかなぁ。

決して嫌いな雰囲気のドラマではないのですけれども、むしろ好きなのですけれども。
悲しみに心が揺さぶられるということもなく、淡々と終わっちゃいました。

このドラマで心に残るのは。チョ・ジヌン演じるガンジェのチョン・セロに対する複雑な愛憎でした。
キラキラと輝く全てを手に入れたいと思いながら、手に入れられなかったガンジェのことを思うと、ほんの少し胸が痛む。




web拍手 by FC2



by moonlight-yuca | 2014-04-19 21:48 | 太陽がいっぱい | Comments(0)

楽俊凱1話・2話

a0192209_18524352.png
中国ドラマ「楽俊凱( 乐俊凯 )」1話と2話のあらすじ。



「楽俊凱」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=104

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝




a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2014-04-14 20:05 | 楽俊凱 | Comments(0)

シリウス

a0192209_20122325.jpg
a0192209_20123294.jpg
シリウス Sirius 全4話 (2013年 韓国KBS)


■監督:モ・ワンイル
■脚本:ワン・リオ
■キャスト:
ソ・ジュニョン(ト・ウンチャン / ト・シヌ)
リュ・スンス(コ・ソクミン)
ヒョンシク(ZE:A) (ト・ウンチャン / ト・シヌ)
オム・ヒョンギョン(キム・アンナ)
チョ・ウリ(ソリ)
シン・ジョングン(イ・ヒョング)
ペク・ウォンギル(パク・ジンテ)
キム・サンギュ(ファン室長)
ヨン・ジェウク (ソン・トンイル)





More
by moonlight-yuca | 2014-04-09 21:14 | シリウス | Comments(2)

長い間待っていたわ・・・百年の花嫁 14話まで

a0192209_20375207.jpg
韓国ドラマ「百年の花嫁」14話まで視聴。





「百年の花嫁」の記事は新nothing hurtに移行しています。
こちら  →   http://nothing-hurt.com/?cat=82

2010年の秋に日記の延長のようなドラマ感想ブログがスタートして、
狂ったようにモリモリ更新したり、突然パタっと書かなくなったり。
思うところあって春をめざして心機一転、お引っ越し中です!
引き続き遊びに来ていただけたら、望外の幸せ♪


yuca 拝


a0192209_22100025.jpg

by moonlight-yuca | 2014-04-07 21:00 | 百年の花嫁 | Comments(0)

無泪・・・宮廷の泪・山河の恋 5話まで

a0192209_19180254.png
a0192209_19181069.png
a0192209_19181862.png
中国ドラマ「宮廷の泪・山河の恋」5話まで視聴。



冒頭からすっかり引き込まれました。
仲の良い異母姉妹がどうして敵対するようになったのか、これから語られるのでしょうね。
英題が「In Love With Power」ってことで、なんとなく展開は想像できますけれども。
とにかく舞台が華やかでいいなぁ。

そして辮髪にすっかりなじんでいる私。「蘭陵王」のドレッド、ワサワサヘアーに疲れていたのでしょうね(笑)
登場人物たちが全員美形なのも華やかでいいです(笑)




a0192209_19173211.png
ホンタイジ役がハウィック・ラウ!!!
前知識なく視聴していたので、びっくりしすぎて胸がときめいてしまいました。
「千山暮雪」のシャオチェンだよ~(感涙)


「千山暮雪」はいつか視聴してみたいと熱望しているドラマの一つなんです。
没落した御曹司シャオチェンが会社を救うために政略結婚をしますが、彼の心はいつか嫁の会社を乗っ取ってやろうという復讐だけが生きていく意味でした。
娘婿としての鬱憤を晴らすかのように、ある女の子を見染め、愛人で囲います。
そして彼女に対して、これでもか、という非道を尽くすのです。
傷つけて、傷つけて、傷つけて。
自分を愛する人間などどこにもいない、という嗜虐的な気持ちで愛人を傷つけるのですが、実は誰よりも彼女に愛してほしいと熱望していて。
金で買われた愛人も、シャオチェンのことを憎んでいながら、いつしか彼なしでは生きていけないようになり・・・。


といった、昼メロ顔負けのドロドロの愛憎劇。
もう、私の好きそうな設定なのです。
「千山暮雪」とピーター・ホーの「楽俊凱」が視聴したいと熱望しているドラマの双璧なんですよね。
私の大好きな「泡沫之夏」をもっと濃くしたようなドラマたちです。
愛しているくせに、愛を素直に表せれない、むしろ愛しさあまって憎さ100倍でしか自分の愛情を表せないような、ひねくれた不器用な男たちが好きなんです。


話がそれちゃいましたが、「山河の恋」のホンタイジにも勝手にそんなイメージを抱いて、勝手に胸をときめかせています(笑)
「千山暮雪」と同じく、陰険、むっつり、非道を貫いて欲しいものです。
ってことで、私は四爺(またもや四爺だわ!)オシってことでよろしく(笑)

酔っぱらって海蘭珠の部屋に押し入って呆然自失のホンタイジに胸キュン。
ポーカーフェイスで自分の心を押し殺しても、隠しきれない恋心がふとした瞬間に噴き出して、そんな自分に戸惑う。
結婚を勧められて、相手が海蘭珠かと一瞬思ってしまうホンタイジとかね。
そんな彼のちょっとした表情の変化にトキメキまくりです。





a0192209_19173885.png
権力があったって、全てを手に入れていながら、ただ一つ自分が本当に欲する愛だけは手に入れられない、そんな物語かも、なんて想像していますが。
玉児と海蘭珠がカワユイ~
「幸運な星」「不幸の星」、それぞれの星の下に生まれた姉妹がヒロインになるのですね。
海蘭珠を見ていると「歩歩驚心」のルオシーの姉を思い出します。
初恋の相手に心は殉じており、彼女に恋する男は、抜け殻のような彼女しか手に入らない。
それに対して天真爛漫、無邪気な玉児はルオシーのようでもあり。
しかし無邪気な玉児で、誰からも愛されるヒロインなのに、彼女が望む「鷹の英雄」の愛は手に入らないのかしら。





a0192209_19183256.png
一番身近にある愛にどうして人は気づかないのでしょうね。
愛憎の行きつく先、涙も涸れ果ててしまうのでしょうか?


なんてことをつらつら思いながら、5話まで楽しく視聴。これからが楽しみだわ~


web拍手 by FC2





by moonlight-yuca | 2014-04-06 20:01 | ■挫折しました(^_^;)■ | Comments(8)

復讐したいのか、愛したいのか・・・太陽がいっぱい14話まで

a0192209_20553055.jpg
韓国ドラマ「太陽がいっぱい」14話まで視聴。



視聴率は実に惨憺たるありさまで、とうとうケーブル系ドラマ「密会」よりも低いらしいです。
毎回書きますけれども、私は好きです。
好きなんだけれども、どうも、そもそものこのドラマのストーリー展開が分からなくなってきている。


復讐したいのか、愛したいのか。
騙したいのか、騙されたいのか。


いえ、ストーリー展開は簡単なのですが、主人公たちがいったい何をどうしたいのか理解できないので、若干イラッと(笑)する。
ずっともやもやしたものを抱えながら視聴してきたのですが、14話にして開眼しました。


雰囲気ドラマ、だと。


ユン・ゲサンやハン・ジヘの悲しみの演技をただただ堪能すればいいのだと。
雰囲気に酔いしれるべきドラマなのです。
残り2話、どこまでこの雰囲気を堪能させてくれるのでしょうか。


かの名作「太陽がいっぱい」と同じタイトルのこのドラマ。
ストーリーは全く別物ですし、テーマだって違います。どうしてこのタイトルを選んだのかいまだに理解できない私です。
富裕層へのルサンチマンも、羨望も憧れもこれっぽちも描かれていない・・・ですよね?

序盤に伏線のように「Every cloud has a silver lining」なんて出ていたのだけれども、これも意味不明。
数々の嘘という重く厚い雲に覆われたこの世界のはざまで、一瞬きらめく「真実の愛」がsilver lingingなのでしょうか。
あ、嘘で塗り固められた世界というのが、「太陽がいっぱい」と重なる設定なの・・・かな。


web拍手 by FC2






>>>続きを読む
by moonlight-yuca | 2014-04-05 21:28 | 太陽がいっぱい | Comments(0)
line

blogお引越ししました。


by yuca
line